30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイル×iPhone(設定方法)徹底解説!| 格安スマホ解体新書

楽天モバイル×iPhone(設定方法)徹底解説!

【追記:2016年9月24日】
「iPhoneSE」対応の格安SIM会社が続々出てきました。楽天モバイルも対応済み!

iPhoneSEが使える格安SIM会社確認ページはコチラ

また、iPhone7も対応可能になってます!

楽天モバイルでiPhoneを使う

このページでは楽天モバイルの格安SIMをiPhoneに挿して「格安スマホとして使いたい!」という人向けのページになります。

iPhoneを格安スマホとして使う場合、MVNOごとによって使えるバージョン(iOS)やiPhoneシリーズ(iPhone5やiPhone6など)も異なりますので、楽天モバイルでは一体どうなんでしょうか?

主な内容は、

楽天モバイルで使えるiPhoneの種類
SIMカードの挿し方設定方法
キャリアから格安SIMへ乗り換えた時の料金

などについて解説しています。

とりあえず公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

楽天モバイル公式へ

楽天モバイルで使えるiPhoneの種類

どのMVNO会社にも「この端末はMVNO会社に対応しているかな?」という「動作確認一覧」のページがあり、その「動作確認一覧」に掲載されていない端末は正常に動かない場合があります。

もう少し掘り下げると、正確には「使えるかどうか分からない」といったMVNO側の解答になってしまいます。僕も調べるのに数社に同じ質問をしましたが、あくまでそのMVNO会社が確認している端末以外は分からないとのこと。

なので、「もしかしたら、記載されていない端末も使えるかもしれないけど、責任は取りませんよ。」になり自己責任になってしまいます。

なので、「動作確認済みの端末」をちゃんと選んだ方が無難ですね。

上記は、楽天モバイルSIMで使えるiPhoneの端末になります。スマホからの表示だと少し見づらいので、書き出しますと、

 

●iPhone 7 SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone SE SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone6s SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone6s Plus SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone6 SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone6 Plus SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone5s SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone5s SIMフリー版/ドコモ版
●iPhone5 SIMフリー版

 

現状、最新のiPhone7〜iPhone5までが利用可能ですね。これなら親御さんが機種変で使わなくなったiPhoneを子供に持たせることも出来ます。

楽天モバイルの公式ページでiPhoneをチェックしてみる

SIMフリー版とドコモ版について

気になった方もいるかと思いますが、楽天モバイルはドコモの回線を使っています。

これは楽天モバイルに限らず、MVNOの9割がドコモ回線を使っているので、auブランドのiPhoneは楽天モバイルでは使えません。

仮に、au版のiPhoneを使いたい場合は、マイネオかUQモバイルの格安SIMを使うことになります。個人的にはiPhoneシリーズを全カバー&常に最新iOSに対応している「マイネオ」がおすすめです。

マイネオ公式ページへ

一方、SIMフリー版のiPhoneは全MVNO会社で利用可能で、元々SIMフリースマホなので大きなトラブルなく事が進みます。

ちょうどキャリアの2年縛りが解ける人は、SIMフリー版のiPhoneを購入してしまった方が自由度が高いですね。

構成プロファイルのダウンロード

SIMフリー版でもドコモ版でも楽天モバイルのSIMカードが届いたら「構成プロファイル」をインストールしなければなりません。

Android版では「APN設定」という簡単な初期設定をしますが、iPhoneはこの「構成プロファイル」をインストールするだけで完了します。

楽天モバイルではその説明が専用ページがあるので、見ながら行えば完了です。アプリを1つインストールするだけなので簡単です(笑)

構成ファイルのインストール方法は公式サイトの「はじめての方へ」から飛べます。

ドコモ版のiPhoneを楽天モバイルで使う場合の流れ

現在使われているiPhoneを楽天モバイルに乗り換えて使いたい時の手順を説明します。

ザッと一連の流れを図にしますと、

楽天モバイルでiPhoneが使えるまでの流れ

になります。

まずは、申込時にMNP予約番号が必須となりますので、事前にドコモでMNP予約番号を発行してもらいます。予約番号の発行は電話でも可能なので、店舗に行く時間がなかったら電話しましょう。

【MNP予約番号発行の注意】
予約番号が使える期間は発行日から15日間になります。この間に申込みを済ませないといけませんが、余裕を持って申込みした方が安心できます。

また、月をまたいでしまうと、キャリアに余分な月額料金を支払ってしまうので、月初め〜中旬の間に申し込むのが良いでしょう。

その他、必要書類は「身分証明書(免許証)」と引き落としの「クレジットカード」です。「デビットカード」でのお支払い希望の方はコチラで詳しく書いていますので、ご確認ください。また、楽天モバイルのみ「銀行口座からの引き落とし」も対応になりました。

既に端末は手元にあるので、申込みは「SIMカードのみ」を選択します。

次に希望するSIMカードのタイプを選択で完了です。後は、個人情報の入力へ進みます。

手続きが完了し、SIMカードが自宅に届いたら上記でも紹介した「構成プロファイル」をインストールし、全て完了となります。

こちらはauのSIMカードをiPhone6sで使った時の写真ですが、SIMカードの取り出しは、専用の用具がなくても、クリップを伸ばして「グッ!」を差し込めば出てきます(笑)向きを間違えないように指し込みましょう。

楽天モバイルとiPhoneのiOSについて

iPhoneを格安SIMで使う場合MVNOごとによって「使えるiOS」が異なりますし、このiOSは毎年新しいバージョンにアップデートされています。

現在楽天モバイルは最新の「iOS10」まで利用可能ですが、もし「iOS10以上」のバージョンが出た際、楽天モバイルで「対応完了しました!」と通知が来るまではバージョンアップしてはいけないので注意が必要です。

追記:2016年9月現在では、記載されている全てのiPhoneが「iOS10」が使えます。

楽天モバイルの公式ページでiPhoneをチェックしてみる

iPhoneのテザリングはできるのか?

現状、公式サイトでは、

  • SIMフリー版はテザリングOK
  • ドコモ版はテザリングNG

と記載されています。

ネット上では「テザリングできた」「バージョンアップしたらテザリングできた」という声もありますが、こういった声を信じてしまうと自己責任になってしまうので、どうしてもテザリングを使いたい人は、SIMフリー版のiPhoneを用意した方が無難ですね。

iPhoneを楽天モバイルで使うと、メールアドレスはどうなるのか?

キャリアから格安SIMへ乗り換えた際は、楽天モバイルも他MVNO会社もキャリアメールは使えません。xxx@docomo.ne.jpのヤツですね。

楽天モバイルでは、「@xxxxx.gol.com」というメールアドレスもありますが、僕はオススメしません。理由としてはまた他社に乗り換えた際、使えなくなるからです。そうなると面倒ですよね・・・

推奨としては、「Gメール」の利用になります。Appleストアーでの利用もgmailが必要になりますので、機種、MVNOに囚われない「Gメール」の利用を強く推奨します。

ドコモから楽天モバイルへiPhoneを乗り換えた時どのくらいお得になるのか?

格安SIMは本当に必要なサービスしか提供していないので、月額料金を大幅に下げることができるのが格安スマホの醍醐味です。

仮に、5GBプランで楽天モバイルとキャリアを比較した時の料金は、

 

●楽天モバイル ⇒ 5GBプラン(音声通話SIM)2,150円
●キャリア ⇒ 5GBプラン 8,000円

 

と、月5,850円の節約になります。

最大の違いはデータ料金と通話料

■データプランの違い
格安SIMは、キャリアと違ってデータ通信料が安いのが醍醐味でその辺りがよくメディアで取り上げられています。

■通話料
格安SIMは、キャリアのような「カケホーダイ」のようなプランがありません。普段LINEトークや無料通話で事が済んでしまう人にとっては「カケホーダイ」はとても邪魔になってしまいます。

それでも、キャリアではその「カケホーダイ」が固定の基本使用料に組み込まれているので、月額料金が高くなってしまうんですね。

■通話料の補足
上記でも説明していますが、格安SIMには「カケホーダイ」がありませんので、通常料金の20秒30円という通話料(電話回線通話)がかかります。

楽天モバイルでは、「楽天でんわ」という通話アプリを使うことで30秒10円で通話が可能になりますので、もし電話をかける際は必須アプリになります。

こういった普段あまり通話をしない人にとっては同じiPhoneを使っていても楽天モバイルに乗り換えるだけで月額料金を節約することができるでしょう。

楽天モバイル×iPhoneのまとめ

以上で、楽天モバイル×iPhoneの説明を終わりにします。

格安SIMをiPhoneで使うには少し「クセ」が多かったりしますが、楽天モバイルは比較的他社よりもiOSの対応が早いのと、使えるシリーズが安定していますね。

唯一、ドコモ版のiPhoneはテザリング機能が現状使えないので、「テザリングがどうしても必要!」という人はSIMフリー版になってしまいますが、テザリングを重視しなければ破格でiPhoneを運用することが可能です。

楽天モバイル公式へ