30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルのプラン変更やタイミングについて

楽天モバイルのプラン変更やタイミングについて

楽天モバイルのプラン変更について

楽天モバイルは途中でプランの変更が可能です。

実際に使ってみて初めてそのプランが自分に合っているのかが気付くもんですよね。

このページでは、楽天モバイルのプラン変更とそのタイミングについて詳しく解説しています。

とりあえず先に公式サイトで確認したい方はコチラからどうぞ。

楽天モバイル公式ページを見てみる

楽天モバイルのプラン変更とタイミングについて

楽天モバイルなどの格安SIMには毎月のデータ量別に複数のプランが提供されています。楽天モバイルでは1番申込みが多い(申込みの約6〜7割)のが3.1GBプランになります。

中には「実際に使ってみたけど、もう少しデータ量が必要」や「5GBプランを選んだけどそんなに使わなかったから1つ下のプランにしたいけど、プランの変更って途中でもできるの?」

という人もいるでしょう。

楽天モバイルではそういった人のために、途中でプラン変更が可能です。

プラン変更の手順について

楽天モバイルのプラン変更はオンラインですぐに完結します。わざわざ直営店に出向いたり、サポートセンターに電話する必要はありません。

まずは、「メンバーステーション」にログインします。

楽天メンバースステーション

ログイン画面に飛んだら、IDとパスワードを入力します。申込時に「楽天」のアカウントで処理を行った人は、既存の楽天IDでログインできます。

楽天ログイン

ログインが完了すると、ページの右下に「楽天モバイルプラン変更」がありますので、そちらをクリック。

後は、希望のプランにチェックを入れて申込みをすれば完了です。簡単ですね。

プラン変更のタイミングはいつ行えばいいの?

毎月1日〜25日までにプラン変更を行いますと、翌月1日に新プランが適応となります。また、26日〜月末の間はプラン変更ができません。

もし、間違って申込みを完了してしまっても、「予約取り消しボタン」が表示されている間であればキャンセル可能です。

プラン変更は月に1回しかできません。

「音声通話SIM」と「データSIM」の変更には注意

仮に「音声通話SIM」を使ってて、「あんまり通話使わないな」「LINEの無料通話や楽天でんわアプリで十分だからデータSIMにしよう!」と思っても、音声通話SIM⇒データSIMへの変更はできません。

万が一、通話SIM⇒データSIMに変更希望の場合は、一度解約をして、新規でデータSIMを申し込む形になります。その場合「通話SIM」が12ヶ月以内の解約になってしまうと、違約金の9,800円(税抜き)がかかります。

通話SIM⇒データSIMの変更ですと、更に3,000円(税抜き)の事務手数料もかかりますので、SIMの変更には気をつけましょう。

 

プランの変更は簡単だけど、通話SIM⇔データSIMの変更には注意が必要ってことっスね。


楽天モバイル公式ページを見てみる

【楽天モバイル関連記事】

格安スマホランキング

いま、特に人気のMVNOの格安スマホについて詳しく掲載しています。純粋に当サイト経由での販売数を元に毎月集計していますのでランキングをチェックしたい方はこちらからどうぞ。

格安スマホのセットを見てみる