30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルの「かけ放題」について

楽天モバイルの「かけ放題」プランについて詳しく解説

楽天モバイルのかけ放題

 

格安スマホって通話料金が30秒20円かかってしまうけど、よく電話をかけるから楽天モバイルには「かけ放題」ってあるのかな?という疑問について解説しています。


とりあえず先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

楽天モバイル公式へ

格安スマホって「かけ放題」プランってそもそもあるの?

格安スマホに乗り換えているユーザーが増加している一方で、「格安スマホには『かけ放題』プランがないの!?」という疑問を持っている事から格安スマホに乗り換えることをためらっている方も少なくありません。

確かに格安スマホの通話料については、30秒20円と時間に応じて通話料が加算される従量制の料金設定が決まっています。そのため、月額料金が安い格安スマホでも長電話をすると通話料金が増えてしまい、結果毎月の総支払額が増えてしまいます。

楽天モバイルにも「かけ放題」プランはあります!

最近では格安SIM会社でも「かけ放題」プランというオプションを打ち出している所も多く、楽天モバイルも「かけ放題」プランは存在します。それでは見て行きましょう!

楽天モバイル公式へ

楽天モバイルの「かけ放題」ってどんなプラン?

楽天モバイルには「5分かけ放題オプション」という月額850円(税別)のプランがあります。内容としては、このオプションに加入して楽天モバイル専用の「楽天でんわアプリ」経由で通話をかけた時は、5分以内の国内通話が何度かけてもかけ放題になるといったプランになります。

ドコモで言えば「カケホーダイライト(月額1700円)」と同じプランになりますね。

楽天モバイルでも同様のサービスを提供しており、また5分以降でも30秒10円と従来の通話料金よりもお得になります。

キャリアとの「かけホーダイ」プランとの違いは?

楽天モバイルに限らず、一部の格安SIM会社が提供している「かけ放題」プランは定額料金内で通話ができる時間が限られていることも少なくありません。要は、「5分以内なら何度でも」というシステムですね。

これに対してキャリアの「かけ放題」は通話時間の上限が決まっていません。1時間でも2時間でも連続で話しても一定の料金を支払えば何時間の連続通話でも定められた料金になります。ここがキャリアとの大きな違いになります。

また、格安SIMが提供している「かけ放題」プランの対象になるのは専用の電話アプリから発信した場合のみになります。その多くの専用通話アプリはインターネット経由のIP電話となっています。

楽天でんわアプリ

楽天モバイルでは「楽天でんわ」と言ったIP電話アプリを使っています。「5分以内のかけ放題」プランを使わないで、このアプリからかけた場合でも30秒10円と従来の半額になるので、毎月の通話時間によってはこの「楽天でんわ」アプリのみといった使い方もあります。

楽天モバイルの「かけ放題」を使うのに向いている人は?

楽天モバイルの「5分かけ放題」はオプションに向いている人は、例えばドコモで言えば「かけホーダイライト」のプランを使っている人になります。ドコモの場合は月額1,700円に対し、楽天モバイルでは月額850円で同等のサービスを受けられます。

また、それだけでなくトータル金額も下表のようにドコモの場合、

かけホーダイライト

1,700円

iモード利用料

300円

データ量5GB

5,000円

合計

7,000円

に対して、楽天モバイルの「5分かけ放題」のオプションを入れた金額は、

通話SIM 5GB

2,150円

5分かけ放題

850円

合計

3,000円

このように、同じ条件でも月額4,000円の節約が可能になります。キャリアのAndroidでもiPhoneでも同じプランになるので、現在「月額料金が高い」と考えている方は一度見直しをおすすめします。

楽天モバイルの「5分かけ放題」とプランごとの料金金額はコチラ

月10GBでも4,000円以下で収まるのはヘビーユーザーにとっても嬉しですね!

楽天モバイル公式ページを見てみる

楽天モバイルの「かけ放題」を選ぶメリットは?

「かけ放題」を選ぶことによって得られるメッリットはどんな感じかをまとめてみました。

通話料込みでの総支払額を節約できる

上記でも解説した通り、楽天モバイルで「5分かけ放題」を選択すると通話料込みでも支払額を大きく節約できる可能性があります。しかし、楽天モバイルに限ったことではありませんが、この格安SIMの「かけ放題」は通話時間の上限が決まっています。

けれど、通常想定している使い方であれば上限となる通話時間を大きく経過してしまう可能性は低いと思われます。そのため通話を一定時間利用するという人にとっては、「5分かけ放題」のオプションがある楽天モバイルに乗り換えた方がお得というケースが多いはずです。

キャリアのサービスよりもトータルコスパが安い

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアは「かけ放題」のプランが基本に組み込まれています。そのせいもあってキャリアでは毎月6,000円〜8,000円程度の月額料金設定になっています。アナタも大体この辺りではないでしょうか?

一方、格安SIMでは楽天モバイルの「5分かけ放題」のオプションを追加しても最高で月額4,000円までとなります。仮に、毎月のデータ量が3GBでも足りるという方であれば2,450円と「かけ放題」付きで3,000円を大幅に下回ります。

キャリアでは基本の「かけ放題」の他に、データ料金も高額なので特にサラリーマンの方で動画もゲームもやらないが仕事で電話は使うと言った人は威力を発揮しますね。

楽天モバイル公式へ

「かけ放題」を選ぶ時の注意点

最後にかけ放題の注意点について2つ紹介したいと思います。

かけ放題は専用のアプリからの発信のみ

今回は楽天モバイルの「かけ放題」プランの説明になりましたが、一部かけ放題を扱っている格安SIM会社でも対象になるのは「専用のでんわアプリからの発信」をした時のみかけ放題が適応になるパターンがほとんどです。

専用のアプリはどれも050番号を使ったインターネット経由のIP電話になります。

IP電話アプリは、データ通信量を消費する

IP電話アプリは090/080の通信回線ではなく、インターネット回線を使った通話になりますので、ネット閲覧と同じ様にデータ量を消費します。それなので、5分で切ってまたかけてを何十回も繰り返すといくら通話ではデータ量を使わなくても、少ないデータプランだと無くなってしまう可能性が出てきます。

楽天モバイルの「かけ放題」のまとめ

以上で楽天モバイルのかけ放題についての説明を終わりにします。

現在ほとんどの方が簡単な用事であればLINEを使ったりしています。またLINEの無料通話を使えばムリに通常通話やIP電話を使わなければ通話料もかかりません。通話品質は通常通話>IP電話>無料通話アプリの順になりますが、昔と違って無料通話の品質もだいぶ改善されています。

しかし、大切な仕事の用事だと無料通話では電波状況で条件が異なるので、必要に応じてはIP電話以上を使いたいところですね。毎月の通話が34分以上であれば「5分かけ放題プラン」への加入をした方がトータルコスパ的にはお得な計算になるので、ぜひ検討してみて下さいね。

楽天モバイル公式へ