30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルから遂に「かけ放題」が4月24日からスタート!

楽天モバイルから遂に「かけ放題」が4月24日からスタート!

2017年4月24日より、時間を一切気にしないで定額でかけられる「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」がリリースされました。

「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」は自分で選ぶ追加オプションなので、これから新規で申込む方は、オプションで追加することで利用可能となります。

当サイトへのお問合せでも「普段仕事で通話を使う時間が長いので、やはり2台持ちになってしまうでしょうか・・・」といったご質問が多いです。

普段であればLINEの無料通話やトークで事足りる人もいますが、仕事絡みだとどうしても通話時間が長くなってしまうので、キャリアの「かけ放題」を手放せませんが、今回の「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」はそんな長時間通話の人に吉報ですね!

今回は、新しく追加オプションになった「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」の料金と総額について

まず、「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」は月額2,380円のオプションです。キャリアのかけ放題サービスは2,700円なので、320円お得です。

楽天モバイル側でも大手キャリアの場合と比較した図が分かりやすく解説されています。

 

やっぱりデータ通信料が安いから、結果安くなるっスよね。


以下が、通常プラン(音声通話SIM)と「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」を組み合わせた料金表になります。

 

利用者が高い5GBプランでもキャリアの約半額に収まるのは嬉しいっスね。


楽天モバイルのかけ放題サービスは電話回線を使用してるから高品質

ここが注目する部分ですが、楽天でんわは大手キャリアと同じように電話回線を利用しているので、高品質の通話が可能。

LINEの無料通話やIP電話などはインターネット回線を使った通話なので、電波状況によっては不安定になることもあります。今ではLINEの通話もかなり高品質になったので、一般生活には支障ありませんが、やはり仕事となると気になってしまいますよね。

安定と安心を取るなら、やはり電話回線のかけ放題に軍配が上がります。

かけ放題の適応は専用のアプリからの発信orプレフィックス番号追加での通話が対象

楽天でんわは専用の電話回線を利用するので、かけ放題を適応させるには発信番号の前に「003768」のプレフィックス番号を追加しなければなりません。

ですが、毎回番号を追加するのは面倒なので、自動的に追加してくれる「楽天でんわアプリ」を提供しています。

楽天でんわアプリは電話帳と自動的に同期してくれるので、特になにもしなくても大丈夫ですが、一部の電話番号(緊急番号やフリーダイヤル)は対象外となっているので注意してください。

「楽天でんわアプリ」でこれらの「かけ放題」が適応されない電話番号へ発信する際には自動的に通常の通話アプリから発信されるので、通話料金が発生することを覚えておきましょう

時間を気にしないで使える「かけ放題」の威力はデカい!

格安SIMはデータ料金の安さが最大の魅力です。ですが、普段から通話が多い人は「5分以内のかけ放題」しかなく、中にはどうしても2台持ちになってしまう。という方もいたでしょう。

今回の「時間無制限のかけ放題サービス」は正に革命的で、通話サービスが今までネックで踏ん切りが付かなかった人もコレをキッカケに乗り換えるは増えると僕は思います。

また、先日楽天モバイルは「3日間のデータ通信利用制限の撤廃」も行っており、ますます使いやすい格安SIMになるでしょう。

その他、端末とのセット購入に力を入れているので、格安SIMとセット申込みなら家電量販店よりも圧倒的に安く手に入りますので、キャンペーンは必ずチェックしましょう。

「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」まとめ

「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」をまとめると、

・キャリアと同じ通話品質で、トータル金額でも約半額で収まる。
・110番や119番といった特殊な番号は通常料金が発生する。

「楽天でんわかけ放題 by楽天モバイル」のオプション料金を最初聞くと、「なんだ月320円しか変わらないのか。」って思ってしまいがちですが、キャリアと比べると結局格安SIMの方が半額になって安いんですよね。

これは僕の個人的な予想ですが、他にもかけ放題を提供するMVNOが増えてきそうですよね。まだまだこの先も格安SIMは楽しみですね^^

楽天モバイル公式へ