30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 【11/4〜】楽天モバイルのサービス内容が大幅に進化!

【11/4〜】楽天モバイルのサービス内容が大幅に進化!内容まとめ

 

こんにちは、スマホ部長です。

2016年11月4日から楽天モバイルに新たな新サービスが加わります。今回はそんな新サービスの追加内容を詳しく見ていきましょう。


新しく追加されるサービスは以下の通りになります。

●20GB/30GBの通信制限がないプラン
●テザリングにも対応
●家族間でもデータシェアができる
●銀行口座振替に対応
●楽天まんが、楽天マガジン

それでは見ていきましょう!

楽天モバイル公式へ

楽天モバイルに20GB、30GBの大容量プランが追加!

11月4日から従来のプランに加え、20GB・30GBの大容量プランへの申込みが可能となります。これまで楽天モバイルは最大が10GBプランまででしたが今回のプランの追加により物足りなかった人にも対応可能となります。

今では動画サービスの需要が増え、数年後にはテレビもインターネットで同時放映されるように企画が進んでいるため、大容量プランは必須となってきます。

20GB/30GBの料金は以下の通りになります。全て税別。

通話SIM
20GB:4,750円
30GB:6,150円

050データSIM(SMSあり)
20GB:4,170円
30GB:5,520円

データSIM(SMSなし)
20GB:4,050円
30GB:5,450円

SMS付きデータSIMは050データSIM(SMSあり)に統合されています。

大容量プランは通信制限がない

楽天モバイルの新大容量プラン「20GB」「30GB」には3日間の通信制限がありません。従来の3.1GB、5GB、10GBプランは今まで通りの3日間の通信制限はありますが、20GB/30GBに対しては制限を設けておらず、自由に通信量を使うことができます。

3日間の通信制限があると大容量プランの場合は月内に通信容量を使い切ることができないケースが多いので、大容量というメリットを最大限に活用できません。データ容量がいくら大きくてもそれをフルに活かせるかどーかは、3日間の通信制限の有無が関わってくるでしょう。楽天モバイルはその通信制限を排除しているので、合理的だと僕は思います。

大手キャリアとの比較

docomo、au、SoftBankも既に大容量プランは初めていますが、楽天モバイルと同じ条件の時の料金差を比較してみましょう。

docomoでは9月14日から「ウルトラパック」という大容量プランが始まりました。auやSoftBankも「スーパーデジラ」、「ギガモンスター」といった20GB、30GBというプランもあります。

キャリア3社ともに20GBは月額6,000円、30GBは8,000円となっています。これに「カケホーダイライト(1,700円/月)」と加えた時と、楽天モバイルに「5分かけ放題」のオプションを加えれば条件は同じになります。

その時の料金表が以下の通りになります。

20GBの場合、月額2,400円、30GBの場合、月額3,000円の節約になります。

2年間だと20GBで57,600円、30GBで72,000円の節約になりますね

 

やっぱり長い目で見ると大きな金額差になるっスね。


公式ページで直接料金表を見てみる

テザリングも対応

楽天モバイルは大容量プランの追加と同時にテザリングも正式にサポートするようになりました。

docomo系の格安SIMを扱うMVNOはテザリングが可能でしたが、何故か楽天モバイルだけはテザリングの動作を公式サポートしていませんでした。(元々、SIMフリーのiPhoneはテザリング可能です。)

実際にネット上では「楽天モバイルでテザリングできたよ!」という利用者のレビューはありましたが、確実にテザリングが使えるかどうかは実際に使ってみるまで分からないという不安がありました。

今では楽天モバイルの公式ページからテザリングの動作確認が一覧で確認することが可能です。大容量プランと合わせて使えば、もうポケットWi-Fiも必要無くなりますね!

データシェアが可能

楽天モバイルに追加されたサービスに「データシェア」があります。既にマイネオはマイネオユーザー同時であればデータを分け合える「パケットギフト」、DMMモバイルであればSIMカードの複数発行といった1つのデータを共有できるサービスがありますが、今回で楽天モバイルもデータシェアが可能になります。

条件として、データを分け合う場合1回線につき100円の追加料金が必要になりますが、使う人にとっては重宝できるオプションになるでしょう。

毎月の支払が銀行口座振替に対応

一般的に格安SIMの料金支払はクレジットカードが原則となっている所がほとんどです。一部有名処でBIGLOBESIMやOCNモバイルONEも口座支払に対応していますが、BIGLOBEモバイルはデータSIMのみだったり、OCNモバイルは端末が一括購入しかできないといった条件がありますので、万人向けではありませんでした。

これからは、楽天モバイルで口座振替が使えるようになりましたので、クレジットカードを持っていない人でも格安SIMへの乗り換えが可能になります。

銀行口座を選択する場合は100円の手数料がかかります。サービス提供は11月下旬〜。、また、楽天モバイルで購入したスマホの端末料金は銀行引き落としは使えませんのでご注意ください。

サービス開始は11月下旬から
100円の手数料がかかる
端末代金の分割は銀行口座不可
SIMカードの利用料金のみ対応

新コンテンツ、楽天マンガ・楽天マガジン

楽天にあるサービスの1つ「楽天マンガ」を毎月500円で楽天モバイルでも提供が開始されます。楽天マンガの月額料金は楽天モバイルの支払にまとめることも可能。楽天モバイルで楽天マンガを利用すると毎月550ポイントが貰えマンガの購入に充てることができます。

まとめ

以上で11月4日から開始される楽天モバイルの新サービスの紹介を終わります。

特に20GB,30GBの大容量プランと、銀行口座の取扱は待っていた方も多いのではないでしょうか?3日間の通信制限もありませんので、他デバイスとのテザリングを使っても良いですね!

僕もWiMAXを使っていますが、毎月30GBがテザリング出来るならもう必要ないかも・・・苦笑

楽天モバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら