30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > Huawei P9 vs Huawei P9 lite スペックを比較

Huawei製P9 vs P9 liteのスペックを比較してみよう!

発売と同時に人気端末の仲間入りを果たした「Huawei P9」 と 「Huawei P9 lite」のスペック性能を比較してみました。

「Huawei P9」 は「Huawei P9 lite」の上位版になりますが、どちらも画素数が1,300万画素と格安スマホとしては最高位モデルになります。もちろん性能も若干異なり、価格も違いますが、今回はこの2つを比較しながら見ていきましょう。

HUAWEI P9 VS HUAWEI P9 Liteのスペック比較

まずは、2つのスペックを比較してみましょう。

  P9 P9 lite
OS Android 6.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.2インチ FHD 2.5D 5.2インチ FHD
CPU HUAWEI Kirin 955 HUAWEI Kirin 650
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
背面カメラ 1200万画素×2 1300万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
microSDカードスロット
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac with Wi-Fi Direct 802.11b/g/n, Wi-Fi direct
キャリアアグリケーション ○(B1+B19、B3+B19、 B1+B3、B1+B8、B3+B8) -
SIMカード nano SIM nano SIM×2
サイズ 145mm×70.9mm×6.95 mm (H x W x D) 146.8mm×72 .6mm×7.5 mm (H x W x D)
重量 144g 147g
カラー (32GB版)プリスティージゴールド/チタニウムグレー/ミスティックシルバー ブラック/ホワイト/ゴールド

対応バンド(周波数)

P9

LTE:1/2/3/4/5/
6/7/8/12/17/19
/20/26/28/38/39/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM

P9 lite

LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM

両方ともAndroid 6.0 Marshmallowを搭載しており、ディスプレイサイズは5.2インチ、解像度は1920*1080のフルHDとなっていますが、全体的なスペックはP9 liteよりP9の方が上になっていることがわかります。

この全体的にと言うのが金額差で現れていますね。

それでは、主な部分をちょっと見てみましょう。

プロセッサー(CPU)

2機種とも自社製のKirinシリーズ8コアプロセッサーを採用していますが、廉価モデルのP9 liteが「Kirin 650(2.0GHz)」、P9が「Kirin 955 (2.5GHz)」となっており、大きな違いがあります。

参考までに海外でベンチマークのトップ10の表があったので引用しておきます。

今回のP9に搭載されているKirin 955は上記表のKirin 950を少しパワーアップしたチップとなっていますので、特に無印P9に関しては他社の2016年発売のフラグシップ機種と同様、もしくはそれ以上の処理速度性能を持っているといって良いでしょう。

RAM(メモリ)とROM(容量)

P9:RAM3GB/ROM32GB
P9 lite:RAM2GB/ROM16GB

上記のように端末ごとに容量が異なっているのでこの辺りでも若干の差が付きそうです。(また海外版では容量の多いモデルが存在しますが、6月9日に発表されたのはP9はRAM3GB/ROM32GBモデル、P9 liteがRAM2GB/ROM16GBとなっています。)

カメラの性能

P9はライカ+デュアルカメラの高性能となっており、1200万画素のデュアルカメラとデュアルセンサーを備えています。4K動画も撮影可能。

対するP9 liteは1300万画素。SONY製のイメージセンサーを搭載しておりこちらも高性能となっています。

バッテリー

どちらも3000mAhバッテリーを搭載。ディスプレイも5.2インチと5.5インチよりも小さいので片手でスッポリ持てるサイズ感になります。解像度もフルHDなので電池持ちは特に問題なさそうですね。

ただし、搭載しているチップの性能が異なるので、駆動時間に若干の違いが出てくるかもしれません。

その他の違いについて

P9とP9liteを比較していくとCPUやカメラ機能には大きな違いはありますが、その他の部分はどうでしょう?

まずは、両方とも5.2インチのIPS画面ですが、P9の方が500nitsでより明るいディスプレイとなっています。

本体サイズもP9の方が6.95mmと薄く、持った感の厚みも変わってくることでしょう。

またUSB規格やイヤホンジャックの位置も異なります。

P9:USB TYPE-Cポート・底面に1つのスピーカーユニット・底面にイヤホンジャック

●P9 lite:MicroUSBポート・底面に2つのスピーカーユニット・上部にイヤホンジャック

一見似たような2機種ですが、細かい部分をチェックしていくと違いが出てきます。

価格の違い

両機種の価格ですが、特にP9 liteは税別で3万円を切る価格で発売されています。ベンチマークもハイエンドモデル並のマークしており、約3万円の格安スマホとしては最高峰とも言えるスペックとなっています。

P9:59,800円
P9 lite:29,800円

楽天モバイルでP9liteが特別セール

現在(2016年10月24日)「楽天モバイル」でP9liteのセールを行っています。期限は2016年12月20日(火)9:59までですが、端末1万円引きというスペシャル価格なので、ご検討中の方はこの機会にぜひゲットしてみては如何でしょうか?

●分割:初回のみ902円/2ヵ月目以降674円
●一括購入:29,900円14,990円〜

楽天モバイルの公式ページを見てみる

まとめ

以上でP9とP9 liteの比較を終わりにします。

金額自体が違うので、高い方がより良いのは仕方が無いですが、人気度はP9 liteの方がコスパ面で考えると断然「買い」のSIMフリー端末になりますね。

コスパ&カメラ機能重視でこれから格安スマホに乗り換えようと言う方は候補の1つとして入れてみては如何でしょうか?

その場合は「キャンペーン」をぜひ活用しましょうね。

楽天モバイルの公式ページを見てみる