30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > Zenfone 3の価格やスペックまとめ

「SIMフリースマホ」Zenfone 3の価格やスペックまとめ

 

Zenfoneシリーズの最新端末【Zenfone 3】が発売されました。デュアルSIM採用でデュアルアクティブにも対応した上級機からエントリーモデルに徹したコストパフォーマンス型の最新端末。大型画面好きの方も必見です!


ZenFone 2の発売から約一年以上の時を得て、Zenfone 3が登場しました。ZenfoneシリーズはSIMフリースマホの中でも人気機種で、SIMフリー端末を選ぶ時国産のSIMフリー端末にするか、Zenfoneシリーズを選ぶか迷う方が多くいます。

主な人気の理由は、デザイン性はもちろん、レスポンシブの動きの良さや、高性能なのに非常に安くコスパ性に優れていることで人気が全シリーズ高くなっています。

Zenfone 3は今回3種類

今回発売された「Zenfone 3」は上位版〜エントリーモデルの3種類になります。それでは1つ1つ見ていきましょう。

Zenfone 3

Zenfone 3はエントリーモデルとして発売されました。5.5インチ、メモリ4GBで1600万画素の高画質カメラも搭載しています。バッテリーも大容量の3,000mAhと申し分ありません。

ドコモ回線に対応し、LTEやFOMAプラスエリアでも利用が可能。ドコモ系の格安SIMで運用が可能となっています。

ZenFone 3

仕様

OS

Android 6.0

CPU

64-bit Qualcomm Octa-Core Processor Snapdragon625 @2.0Ghz

GPU

Adren 506

ディスプレイ

5.5インチ
1920x1080
IPS液晶パネル

メモリ

3GB/4GB

内部ストレージ

32GB/64GB

SDカード

128GB対応

バッテリー

2,650mAh

スピーカー

5マグネットスピーカー

Wi-Fi

802.11ac

Bluetooth

Bluetooth V 4.2

GPS

GPS/A-GPS/GLONASS/BDSS

USB対応

USB Type-C

全面カメラ

800万画素 F値2.0

背面カメラ

1,600万画素 F値2.0
手振れ補正対応

Zenfone 3の対応バンドについて

Zenfone 3はLTE Band 1, 2, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 26, 28, 38, 39, 40, 41をサポート、W-CDMA BandはBand 1, 2, 5, 6, 8, 19をサポートしています。docomoのプラチナバンドであるLTE Band 19やFOMAプラスエリアであるW-CDMA Band 6/19で通信が可能です。

auのプラチナバンドであるLTE Band 18にも対応しています。

ZenFone3はauのバンド18に対応していますが、現状(2016年10月時点)では対応している格安SIM会社がありませんので、ドコモ系の格安SIMを使っての利用となります。

格安SIMで安く運用しようと検討中の方は、このZenFone3が一番ベストになります。楽天やLINEモバイルなどで動作確認が取れていますので、この2つから選ぶと良いですね。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

LINEモバイル公式ページを見てみる

ZenFone3の外観など

ZenFone3 本体下部にはスピーカー、USB Type-Cポート、マイクが設置。

右側面にはボリュームボタンと電源ボタン。全体的に角が丸みを帯びた形になります。

背面にはレーザーオートフォーカス、1600万画素のカメラ、RGBセンサー、LEDフラッシュ、指紋センサーが設置されています。

表も裏面も高級感のあるツルツルした質感でとても綺麗です♪

左側面がSIMカードを挿入します。ZenFone3ではmicroSDカードとnanoSIMカードを1枚ずつ挿入できます。

ZenFone 3 Deluxe

ZenFone 3 DeluxeはZenFone 3の最上級モデルで5.7インチと大きめでiPhone6s Plusよりも少しだけ大きくなっています。

液晶ディスプレイは有機ELパネルを採用、メモリも6GBと大きく動きはサクサクで間違いないでしょう。内臓ストレージは128GBありSDカードを使わなくても暫くは大丈夫です。

カメラは2,300万画素と超高画質、指紋認証にも対応し、バッテリーは3,000mAhとまさに敵無し状態となっています。GPUはOpenGLに対応し、ゲームに強い描画性能を搭載しています。

注目すべき所は、デュアルSIM対応でデュアルアクティブにも対応しており、格安SIMとドコモのかけ放題SIMを2枚同時に使用し、2枚同時に通話することが可能なのでいちいち切り替える手間がありません。

ZenFone 3 Ultra

ZenFone 3 Ultraはミドルスペックになります。サイズも6.8インチと非常に大きく、5.5インチのiPhone6s Plusよりも二回りも大きいのでタブレット感覚での使用となりますね。

内部ストレージは128GB、メモリは4GBの2,300万画素のカメラ機能を搭載しています。特にバッテリーは4,300と超大容量とZenFone3シリーズでも最大です。

ZenFone 3 UltraのカラーはGlacier Silver、Titanium Gray、Metallic Pinkとなり、このZenFone 3 Ultraだけが女性を意識したピンクが採用されています。また、ZenFone 3 Ultraは日本でドコモ回線での利用が想定されて作られており、ドコモ系の格安SIMが利用可能となっています。

電子書籍を頻繁に読む方はこのZenFone 3 Ultraは丁度良い大きさになりますね。6.8インチは17pほどの大きさがあり、マンガを読むのにも調べ物をするにも使える大きさになります。

また、Bluelight Filter for Eye Care仕様でブルーライトをカットし、眼に優しくなっているので長時間画面を見ても疲れにくい液晶画面になっています。

サイズ的にも「MediaPad T2 7.0 Pro」と同じ大きさになります。

Zenfone 3の価格

Zenfone 3はセット購入できる格安SIM会社もありますが、取扱会社によって金額は若干ことなります。10/7に発売される楽天モバイルでの価格を例に挙げて見てみましょう。

端末販売価格:楽天モバイル
【一括払い】
販売予定価格: 39,800円(税込42,984円)

【分割払い】
販売予定価格: 1,791円(税込)×24回

格安SIMとのセット購入時の月額料金

音声通話SIM利用時
3.1GB...3,519円
5GB...4,113円
10GB...4,988円

楽天モバイルの公式ページを見てみる

ZenFone 3のセット購入可能な格安SIMは?

現時点(2016年10月2日)では、各格安SIM会社の公式サイトにはまだ記載されていませんが、取扱店は既に決まっていますのでご紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイルは上記でも解説していますので、省略しますが10月3日より先行予約が開始されています。キャンペーンが特に豊富なので、新規申込みの方はイチ押しとなってます。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

LINEモバイル

知名度MAXのLINEが提供する格安SIMで、ZenFone3以外にも人気端末を豊富に取り扱っています。

新規キャンペーンも行っており、通信速度も折り紙付きなので、個人的にもおすすめです!

LINEモバイル公式ページを見てみる

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルが提最大15,600円のキャッシュバックを行っています。供する格安SIMは6GB(ライトSプラン)以上がキャンペーンの対象となっていることが多いので、毎月5GB以上お使いの方には良いでしょう。

また、12月3日まで

クーポン内容
300円/月×6ヵ月値引
※音声通話SIM/データSIMのライトSプラン、12ギガプランが対象

BIGLOBEの公式ページを見てみる

まとめ

ZenFone 3は日本国内での発売前から注目を集めていた端末で、9月28日の発表会では今後ZenFone 3を取り扱うMVNOも増えるとASUSが発表しています。上記でもご紹介した格安SIMは数あるMVNOの中でもトップクラスの人気と信頼度を誇っていますのでぜひチェックしてみてください。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

LINEモバイル公式ページを見てみる

BIGLOBEの公式ページを見てみる

メニュー

格安スマホランキングはこちら