30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > arrowsM04 レビューとスペックまとめ

【レビュー】arrowsM04のスペックや評判まとめ

arrowsm04

今回は2017年7月20日に発売されたarrows M04の実機レビューです。

おサイフケータイ機能や防水/防塵といった国産ならではの機能がついてるSIMフリースマホということで、前モデルのarrows M03もまだまだ人気度が高いですよね。

その後継機の「arrows M04」ですが、価格の割にはちょっとスペックが低いのでは?という意見も多々見られます。僕の気になったので今回実際に購入してみました。arrows M04を検討中の方は参考になれば幸いです。

arrows M04のスペック詳細について

OS:Android7.1.1
CPU:Snapdragon 410
外側カメラ:1,310万画素
内側カメラ:500万画素
ディスプレイ:5.0インチ HD(1,280 × 720)
RAM/ROM:2GB/16GB
SDカード:最大256GBまで拡張OK
SIMスロット:nano SIM
電池容量:2,580mAh
連続通話(LTE):530分
連続待受(LTE):640時間
通信速度(最大):150Mbps
サイズ:144×71×8.0(mm)
重さ:148g

話題になっているのがCPUとディスプレイ解像度とメモリ

ネット上でよく見かけるarrows M04の評価が、

CPU
ディスプレイ解像度
メモリ関係

この3つの性能のです。

巷ではarrows M04の価格(定価)が34,800円に対して上記の3つのスペックがちょっと低いんじゃないか?と言われています。

搭載されているCPUは「Snapdragon 410」で2017年夏モデルとしてドコモから発売された「arrows Be F-05J」と同じCPUですが、こちらの価格は28,512円と3万円を切っています。

また、ディスプレイの解像度がHDでフルHDではありません。RAM/ROMも2GB/16GBと低めで、ゲームや処理容量を必要とするアプリをよく起動する方はちょっと注意が必要です。

実際僕も使ってみましたが、一般生活ではスペック上困ることはありません。(当たり前ですが)ネット検索やLINE・YouTubeといった誰でも使うアプリ程度であれば全く問題ありません。

ただ、スペックの割には端末代が高いよね。という話です。

また、arrows M04には初期状態で最初からインスト―ルされているアプリの数が多いので整理をしないと、頭っからストレージの半分は持っていかれます。写真やアプリを多く入れる人は、microSDを使っての拡張も必須です。

機能面ではarrows M03でもお馴染みになりますが以下の通りです。

おサイフケータイ
防水/防塵
Bluetooth 4.1
ワンセグ
テザリング

辺りが利用可能ですが、「USB Type C」「生体認証」「フルセグ」は使えません。

対応バンドについて

・3G:Band1/5/6/8/19
・LTE: Band1/3/8/19/26
・GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

お馴染みにバンドになりますが回線別にサラっと確認してみましょう。

ドコモ回線

LTEは全国カバーする基本のバンド1、東名阪の高速通信のバンド3、地下・郊外対応のプラチナバンドのバンド19

3Gはメインのバンド1、山岳帯や田舎の農村地区をカバーするバンド6/19に対応しており、全ての必要バンドは網羅していることからarrows M04はドコモ系の格安SIMであれば安心して利用できますね。

au回線

auでは3G回線にCDMA2000を利用していますが、3GのBC0には未対応となっています。ただしarrows M04はLTE対応電波にau VoLTE SIMが合致しているので、マイネオのAプランやIIJmioのAプランでも利用は可能です。

マイネオだと限定カラーのグリーンやそれぞれオリジナルカラーがありますが、強い拘りがなければドコモ系のMVNOを利用した方が無難かと個人的には思います。

端末の外観など

arrowsシリーズのウリとも言えますが、5インチのディスプレイはCorning Gorill Glass3が採用されています。また画面周囲は0.3mmのフチがあるので万が一の落下時でも地面に直接画面が当たりにくくなっています。

個人的にarrowsシリーズの背面は好きですが、背面カメラは1310万画素とフラッシュ、また通話時に周囲の雑音を抑えるマイクが搭載されています。ツルツルというよりマットな仕上がりなので指紋もつきにくいです。

側面部は画面保護を含むツートンカラー仕様。左側面はSIMカードスロット、右側面は電源ボタンと音量ボタンがあります。

また、防水設計が施されているワンセグアンテナとイヤホンジャック、下部にはmicroUSB端子になります。

arrows M03とarrows M04の比較

後継機となればCPUや解像度といった何かしらレベルアップしているのですが、前作のarrows M03とarrows M04はスペックや機能、デザインともに、変化がありません。まだ在庫が残っているのであれば、セールなどで価格が下がっているarrows M03にしても問題はないと僕は感じます。

arrows M04とM03を取り扱っているMVNO

イオンモバイル
楽天モバイル
mineo
LINEモバイル
DMMモバイル
BIGLOBEモバイル
IIJmio

この記事を執筆している2017年8月17日の時点では約31,000円〜35,000円の幅ですが、キャンペーンとの組み合わせによって端末価格も変化するので、正確な金額は直接公式サイトで確認してください。

arrows M04のカラーバリエーション

arrows M04は基本ホワイトとブラックがあり、それプラスMVNO限定モデルの全5色となっています。

ホワイト
ブラック
ゴールド(楽天モバイル限定)
グリーン(mineo限定)
デニムブルー(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、IIJmio限定)

arrows M04-まとめ

arrows M04の魅力は海外製品にはない国産ならではの「おサイフケータイ」「ワンセグ」「防水・防塵」が全て揃っている点になります。スペック面では前作のarrowsM03とほぼ同じで、指紋認証非搭載ですがスマホ料金を抑えつつ、おサイフケータイといった国産独自の性能がないと困る人には選ぶべきスマホです。

個人的にはどうしてもスペックが前作と同じなので、価格面だけを見てしまうとarrows M03を選んでしまいそうですが苦笑

また、今回arrows M04はイオンモバイルで購入しました。別ページで申込みの手順もレビューしていますので、参考になれば幸いです。キャンペーンも豊富に揃っているので要チェックです。

イオンモバイルの申込み方法を画像つきで丁寧に解説!

イオンモバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集