30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > arrows M02 SIMフリーのスペックや機能を紹介しています。

arrows M02 をスマホ部長が写真多数でとことんレビューしました!

 

未だ人気が絶えないarrows M02を楽天モバイルの格安SIMを使って徹底的に写真多数でレビューしました。

現在は端末価格も下がってきており、これから格安スマホライフを始める方にはもってこいです。スペックや特徴、APN設定まで丁寧にご紹介していますので、ご検討中の方はぜひ参考にしてって下さいね。


2015年10月29日に富士通から発売された「arrows M02」は28,800円(2016年9月市場調べ)とお手頃な価格とは裏腹に防水棒塵・バッテリー持ち、おサイフケータイ、米軍国防総省「MIL規格」の厳しい審査を通過した耐久性がトップクラスのSIMフリー端末になります。

現在(2016年10月4日)ではその後継機のarrows M03も発売されていますが、未だarrows M02も現役バリバリの人気を誇っています。今回はそんなarrows M02の魅力や基本的なスペック・特徴について丁寧にご紹介しますので是非参考にしてください。

とにかくarrows M02を見てみよう!

スペックや機能も重要ですが、まずはとにかく端末を見てみましょう!

今回は楽天モバイルでarrows M02とレビュー用にデータSIMを申込みました。申込みしてから中2日での到着です!

この箱を開ける時のドキドキ感がいつもたまりません笑

箱の中には衝撃吸収材と一緒にarrows M02を取り出します。

箱の中身は以下の通り。

arrows m02本体
nano SIM(ドコモSIM)
micro USBケーブル
ACアダプタ(FMV-AC346)
卓上ホルダ(FAR-CR105)
かんたん操作ガイド
arrows m02をお使いになる前に
googleアカウント新規登録操作手順

たーくさん、入っています。

▼卓上ホルダ画像

arrows M02は充電用の卓上ホルダがついており、その他もマニュアルが全て同封されています。

iPhone6とarrows M02を並べてみました。ほとんと同じですね。

左:iPhone6、右arrows M02

arrows M02のAPN設定(初期設定)

それではarrows M02の初期設定について解説していきます!

まずは電源を落としてからSIMカードを挿し込みます。電源を入れっぱなしでもSIMカードは挿せますが、端末がSIMカードを認識すると強制的に再起動が始まるので、最初から電源は落としておきましょう。

画面左上側面が差し込み口

そしたらスイッチオン!

起動も速いです。

では早速設定をしていきましょう。まずは、ホーム画面の上部を下にスワイプすると右上に設定アイコンがありますので、そちらをタップします。

画面の上部から指で下にスワイプ

次に「データ通信・機内モード」をタップします。

「モバイルネットワーク」をタップします。

「アクセスポイント名」をタップ。

アクセスポイント一覧が表示されます。

今回使用しているのは「楽天モバイル」の格安SIMですが、楽天モバイルは既にarrows M02で初期の段階で設定されていますので、そのまま「rmobile.jp」をタップするだけで完了となります。

設定後に自動的に再起動になり、完了です!

もしも一覧に記載されていない格安SIMだったらどうするの?

 

もしも、一覧に載ってない格安SIMだったらどーするんスか?


 

その場合は手打ち入力になるよ。せっかくだから一緒に覚えちゃおうか!


今後別の会社の格安SIMを使う場合は画面右上に「+」をタップすると、新規でアクセスポイントを加えることが可能です。

一覧の右上部の「+」をタップ

後は、SIMカードと一緒に同封されているSIM会社のAPN情報をそのまま入力すれば完了となります。「アクセスポイントの編集」には沢山の項目がありますが、実際に入力するのは名前を含む、

APN:rmobile.jp
ユーザ名:rm
パスワード:0000
認証方法:「PAPまたはCHAP」

の4つになります。「名前」は好きなのでOK

これはドコの格安SIM会社を使ってもAndroid版は全部同じ方法だから、もうこれで今後どんな格安SIM会社を使っても恐くないですね!

もしもAPN設定が正常に行われない時はココをチェックしよう!

 

部長さん!ヤベーっス!

何かちゃんと起動してくれないっス!?


 

あ、それって「設定あるある」だね。

慌てなくても大丈夫だよ。一緒に見て行こうか!


初めて格安スマホでAPN設定を行う人は、僕のサイトの様な手順を紹介しているサイトや、説明書を見ながら設定するかと思いますが、思う様に設定できないとヒヨコ君みたいに「何で!?」っととパニくる方も多いかと思います。僕も失敗した時は焦りました笑

そんなよくある時の対処法をご紹介します。

1.SIMカードを入れる場所を間違った

arrows M02はSIMカードを挿す場所がよーーく見ると2箇所あります。写真の様に画面側を右側にした時、正しいSIMカードの場所は右側になります。これを左側に挿してしまうとアクセスポイントの設定をする時、

のように「このユーザーはアクセスポイント名を利用できません。」と表示されます。

僕はコレをやらかしたのですが、かなり焦りました。。

2.手打ち入力が間違っている

あるあるですが、「0(ゼロ)」と「o(オー)」などの間違いですね。入力情報を正しく入力していればちゃんと繋がりますので、正常に接続できない時の大半は入力間違いがほとんどです。

3.サポートチャット機能を使おう

それでもダメな場合は、公式のリアルタイムチャットを使えば即座に返事がもらえます。購入後もしっかりとサポートしてくれますので、ドンドン使いましょう!

arrows M02のスペック

5インチの強度を誇るゴリラガラスディスプレイを搭載し、ドコモ回線とau回線の両方に対応可能な万能のデュアルSIMフリー端末機です。MIL規格の14項目にクリアーし、堅牢製を備えています。

OS:Android 5.1 Lollipop
CPU:Qualcomm Snapdragon410
重量:約121g
アウトカメラ:810万画素
インカメラ:240万画素
バッテリー:2330mAh
画面サイズ:約5インチ
画面解像度:1280*720
ROM:16GB
RAM2GB

arrows M02の対応バンド

LTE : B1/B3/B8/B18/B19/B26
3G:B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900 MHz

ドコモ回線の格安SIMとau回線の対応は問題なし

arrows M02はドコモ回線とau回線の両方が使えるマルチなSIMフリー端末になります。

ドコモのLTE回線で主に使っているバンドがバンド1、バンド3、バンド19、バンド28になります。バンド28は2015年から新しく加わったバントですが、まだそこまで普及していませんので気にしなくて大丈夫です。

また、ドコモの3Gが使っているのはバンド、バンド6、バンド19になります。FOMAプラスエリアにも対応しているので、山奥でも電波が拾えないことはありません。

au回線の格安SIMも、バンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28になります。arrows M02はauのプラチナバンド18は記載されていませんが、代わりにバンド26に対応しているので問題ありません。

ちょっと聞きなれない通信バンドのお話ですが、ようはarrows M02はちゃんと使えるよ!っていうお話になります笑。

arrows M02の価格

arrows M02はMVNOの取扱が多く、価格も若干異なります。代表的な楽天モバイルとマイネオを参考に見てみましょう。

楽天モバイルでの価格

一括払い:29,800円(税込32,184円)
分割払い24回:1,341円(税込)

また、特徴として支払いに「楽天ポイントが使える」、「楽天カードなら分割手数料は無料」など楽天ならではの連携プレーもあります。

好評につき、現在(2016年10月)は限定カラーのゴールドは完売になっています。

また、楽天モバイルはキャンペーンに力を入れており、質の高さはトップクラスになります。特に楽天との連携性が強く、毎月の利用金額もポイントとして還元されるので、中途半端なキャンペーンをもらうより使い勝手はとても良いです。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

マイネオでの価格

一括払い:24,000円(税込31,104円)
分割払い24回:1,000円(税込)

マイネオの方が楽天よりも5,800円ほど端末代が安くなっています。

ドコモ回線とau回線の両方のSIMが契約可能です。今までauを使っていた方は馴染みがありますが、auプランはテザリング機能が使えないので、利用する方はドコモプランで申し込んだ方が良いでしょう。

マイネオの公式ページを見てみる

arrows M02の特徴について

それではarrows M02ならではの特徴をサラっと見てみましょう。

1台でドコモSIMとau VoLTE SIMが使える
LTEとVoLTE(高品質通話)に対応
色彩豊で鮮明な5.0インチの有機ELディスプレイ
おサイフケータイ搭載
省電力技術で3日間の長時間持ち
スマホ史上最高のATOK搭載
防水防塵/耐衝撃対応
MVNOによって限定カラーあり

では、ポイントを絞ってご紹介します。

arrows M02の特徴その1 防水防塵・タフなボディ

arrows M02は防水機能(PIX5/IPX8)と防塵加工(IP6X)を備えています。また-20℃から60℃の範囲まで動作が可能、落下に対する耐衝撃性といったMIL規格が定めた14項目基準の規格試験をクリアしたタフな機体となっています。

arrows M02の特徴その2 便利なサポート機能

arrows M02は標準で意外と使えるアプリが幾つか搭載されています。僕が実際に使って便利だと感じたのが「キャプメモ」と「なぞってコピー」という機能です。どちらもディスプレイの右下端からスワイプすると使用中のアプリ関係なく、すぐ起動します。

「キャプメモ」は画面をキャプチャ―すると同時にアプリが立ち上がり、キャプ画に手書き入力が可能です。メモやノートを記入した画像はSNSやメールでシェアすることが できます。

「なぞってコピー」は画面内の写真や画像、アイコンなどに含まれている文字を指先で指定するだけで、テキストデータとしてコピーすることが可能です。この機能って頻繁に利用しますよね。

右下から左ナナメ上にスワイプすると現れます

「キャプメモ」を起動すると表示中の画面がキャプされ、手書き入力画面が開きます。入力方法はペン先やカラーなど色々選べます。また、縮小や拡大、トリミングもでき、作成したキャプ画はすぐにシェアすることが可能です。専用のアプリを起動せずに、スワイプから起動できるのが便利ですね。

「なぞってコピー」は指でなぞった部分がマーカーでハイライトされ、マーカー箇所が拡大表示されます。指を話すとなぞった部分の文字を認識して、テキストとして表示され直接貼り付け先のアプリを選択することも可能です。

webサイトなどでは画像に文字が埋め込まれていることも多いですが、その場合でもなぞってコピーであればテキスト化してコピペすることができます。

arrows M02の特徴その3 おサイフケータイ機能

arrows M02はNFCとFelicaを搭載し、各種の電子マネーやクーポンとしてスマホをおサイフケータイに対応しています。2016年10月時点で対応しているサービスは

モバイルSuica
楽天Edy
モバイルWAON
QUICPay
ローソンモバイルPonta
mobile members

となっています。

後継機の「arrows M03」を選ぶべきか?

arrows M02は2015年10月29日に発売され、その9か月後に後継機の「arrows M03」が発売されました。ちょっとザックリですが、二つのポイントを分けると、

arrows M03でパワーアップしたこと

・Android 6.0にアップ
・カメラ機能の向上
・バッテリーが1割ほど持ちが良くなった
・ワンセグ
・最大200GBのmicroSDXCに対応

arrows M03になっても変わらない箇所

・CPU(MSM8916 クアッドコア(1.2GHz))
・RAM2GB/ROM16GB
・対応通信バンド

上記を見てみると、大きく変わったのはライフスタイルで活用しそうな部分が多く、端末自体の性能はそこまでビックリするほどは向上していません。

ですが、現在(2016年11月4日)では楽天モバイルでarrows M03のキャンペーンを行っており、金額差がarrows M02とほぼ同額になっています。

これであれば、arrows M03で良いかなっと僕は思います。不定期で大幅割引きのキャンペーンを行う時がありますので、チェックしながらその時にarrows M02の方が大幅に安くなっていれば端末的には「買い」のスマホですね!

楽天モバイルの公式ページを見てみる

まとめ

arrowsM02/RM02は現在楽天モバイル、マイネオ、DMMモバイル、BIGLOBEなど多くのMVNO会社でセット端末として発売されています。上記4社で「何処で契約すれば1番お得?」ということになりますと、

キャンペーン重視であれば「楽天モバイル」

トータルコスパ面を重視するのであれば「楽天モバイル」が群を抜いてお得になります。

●初月基本料金無料
●楽天関連でのお買い物2倍
●利用代金が毎月ポイント還元
●通話SIM/データSIMごとに高額ポイントキャッシュバック
●既存のスマホ下取りシステム

など、さすが楽天といった所でしょうか苦笑。

これだけの特典がつくMVNO会社は他にありません。僕自身も使っていますが通信速度も安定していますので、特にMVNO会社への拘りが初心者は選んでおいて間違いありませんね。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

 

料金重視ならマイネオ

楽天モバイルには1GBプランは存在しませんので、「毎月1GB程度で収まる」「小学生や中学生に持たせたい」という方はマイネオの方が良いでしょう。何より、arrowsM02が値引されたのは大きいですね!マイネオは僕の父親と母親が愛用していますが、通信速度も良好です。

マイネオの公式ページを見てみる