30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > SIMフリースマホ「Tommy」レビュー

フランスでシェア2位のWikoが日本に参入!SIMフリースマホ「Tommy」の実力はいかに!?

格安SIMの普及により、リーズナブル価格のSIMフリースマホのシェア率が増加傾向にある中、2017年2月14日にフランスで人気度2位のWiko(ウイコウ)が日本市場に参入してきました。

今回第一弾として日本で発売されるのが「Tommy」と言う名前のSIMフリースマホです。

注目する部分は「価格」と「カラーバリエーション」。価格は14,800円(税抜き)ということもあって10代〜20代を中心に受け入れられています。また、カラバリも豊富でポップな外観もあり価格帯にありがちな「安っぽさ」はないので、日本では幅広いユーザー層に受け入られるのでは?と僕は考えています。

今回発表された「Tommy」はSnapdragon 210、5型HD解像度(720×1280ドット)ディスプレー、2GBメモリー、800万画素カメラと、スペックはミドルレンジとエントリーの間の位置づけになります。

このスペックで2万円半ばだと「P9 lite」を確実に選びますが、同じく1万円台の「Blade E01」と比較すると「Tommy」の方がカラーが豊富なのでデザイン重視な若い人には「Tommy」のウケは良いかもしれませんね。

「Tommy」の外観

初見で「お洒落だな〜」と思ったのが化粧箱。さすがフランス(?)なのかデザインが綺麗です♪

付属品は保証書や充電器など一通りの物が入っていますが、SIM変換アダプタが入ってたのは初めてでした。「tommy」はmicroSIMを使うのでnanoSIMしか持っていない人でも安心ですね。

今回のカラーは「ブリーン」を選びました。どうやら「ブルーとグリーン」が合体したカラーみたいです笑

名前が「tommy」というだけあって、名前も可愛らしいですね♪

 

背面のワンポイントロゴもキュートっス!


背面カバーを開けるとSIMカード挿入口や電池パックが入ります。

SIMカードは2枚入り、サイズはどちらもmicroSIMです。

また、カードスロットは2つ用意されていますが、設定で切り替えて使うもので、同時待受や、同時利用(DSDS)対応ではありません

画像や動画を保存するmicroSDカードは最大64GBまで拡張可能です。

右サイドには電源ボタンと音量ボタン。下部にはmicro USB端子を搭載しているので、一般的な充電機が使えますね。

Tommyのカメラ

色がたくさんある自販機を撮影してみました。加工は無しの状態です。リサイズだけしました。

室内撮影です。ちょっと荒いですかね。

Tommyの基本的なスペックについて

OS Android 6.0
CPU クアッドコア1.3GHz Snapdragon 210
ディスプレイ 5インチHD(1280×720)294ppi、IPS液晶
RAM/ROM 2GB/16GB
外部メディア microSD(最大64GB)
SDカード microSIM×2
バッテリー 2,500mAh
Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
重さ 約145g
サイズ 約145.9mm x 71.5mm x 8.9mm
センサー 加速度センサー、光センサー、近接センサー、磁気センサー、ジャイロスコープ、デュアルマイク

「Tommy」の対応バンドについて

LTE対応バンドは、バンド1/3/8/18/19とドコモ系の格安SIMには全て対応しています。3GはWCDMAのみですが、VoLTEに対応しているので、au回線を使った格安SIMでもで音声通話が可能です。

ただ、au系詳細は未発表な部分も多いので、格安SIMで使うのであれば「楽天モバイル」や「LINEモバイル」といったドコモ系の格安SIMを使うことをオススメします。

日本発売は2017年2月25日となっており、僕も予約済みなので到着が待ち遠しいです♪

「Tommy」が届いたら実際に格安SIMを使って実機レビューしていきますので、お楽しみに!

LINEモバイルの格安SIMで使ってみました!

今回はLINEモバイルの格安SIMで「Tommy」を使ってみました。

「tommy」をLINEモバイルの格安SIMで使えるようにするのは、LINEモバイルのAPN設定を行うだけで直ぐ使えるようになります。

SIMカードを挿したら、「設定」→ 「その他の設定」→ 「モバイルネットワーク」→ 「アクセスポイント名」の順に進みます。

端末によっては最初からAPN情報が設定されている格安SIM会社もありますが、LINEモバイルは一覧にないので、手動でAPN設定を行います。

上写真右上にある「+」で新規で登録します。

新規でLINEモバイルのAPN情報を入力してあげれば無事に設定は完了です。

上写真のように、「4G」が現れれば接続されている証拠です。もし表示されない時は一度再起動をしてみてください。

設定直後に速度計測を行いました。格安SIMの一般的と言われる下り20Mbpsほど出ていますので、特に問題ありませんね。

先日都内の出張ついでに計測してみました。朝の通勤時間帯で下り約8Mbpsとまずまずです。

東武浅草駅前にて計測。下り20Mbps以上なので全く問題ありませんね。

LINEモバイル公式へ

え?LINEモバイルで使えるの?

 

部長さん、ちょっと気になったんスけど、tommyってLINEモバイルの動作確認端末一覧に記載されてないんスけど、・・・使えるんスか?


結論から先に言うと、使えます

確かにLINEモバイルの「動作確認端末一覧」にはtommyは表記されていません。↓

基本、SIMフリーの端末がドコモの通信回線(対応バンド)に対応していれば、ドコモ回線を扱うLINEモバイルの格安SIMは使うことが可能です。

あくまで、MVNO側が記載している「動作確認端末一覧」はそれぞれの格安SIM会社側が実際に確認してOKだった端末を記載しているだけです。要は、LINEモバイルはまだ「Tommy」の動作確認端末を行っていないだけなんですよね。

「どうしても、tommyをLINEモバイルで使いたいから、動作確認をやってくれ!」と熱意を伝えれば行ってくれるかもしれません。向こうもお客さんを捕まえたいですからね。

ただし、動作確認端末に記載されてないと、万が一ちゃんと動作しなかった時は保証の対象外になるので、注意してください。理論上は使えますが、自己責任となります。

LINEモバイル公式へ