30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > ZenFone liveのスペックと詳細まとめ

【実機レビュー】ZenFone liveを使ってみたよ!

この記事ではZenFone Liveのスペックやメリット・デメリットを紹介しています。また、ZenFoen Liveはドコモ回線とauVoLTE回線の両方が使える端末なので、そちらも実際に試してみました。

ZenFoneシリーズ最小の5インチSIMフリースマホ

「ZenFone live」はZenFoneシリーズ最小の5インチスマホとなっております。

 

(最小っていっても5インチもあれば4インチのiPhone SEを使ってるオイラからすれば十分にデカイっスけどね・・・)


コンパクトボディだけあって重量が120gとメッチャ軽いです。

背面はASUSのロゴでスッキリしています。2万円のエントリーモデルですが、安っぽさの印象はありませんので個人的にはポイントが高いです。

四隅も丸みを帯びています。最近の形によく見られますが、iPhoneを意識してるんですかね?苦笑

エントリー向けのモデルですがカメラ機能には拘りがあり、セルフィーでよく使うインカメラはSNS使用に自動で美顔処理を行う「美人エフェクトLive機能」を搭載しています。

ZenFone liveのスペック

ZenFone liveの公開されているスペックは以下の通り。

・OS: Android 6.0.1 Marshmallow
・CPU: Qualcomm Snapdragon 400
・GPU: Adreno 305
・RAM: 2GB LPDDR3
・ROM: 16GB
・サイズ: 141.1×71.7×7.9mm
・重量: 120g
・ディスプレイ: 5インチ IPS 液晶 10点マルチタッチ 静電容量式
・解像度: 1280×720 HD
・カメラ: 13MP(背面 CMOS F2.0) 5MP(前面 CMOS F2.2) リアフロント(前後) LED フラッシュ付き

・パケット通信: LTE Cat.4, HSPA+, EDGE, GPRS
・SIM: nanoSIM x2 (デュアルSIM)
・通信: WiFi 802.11 b/g/n, Bluetooth 4.0
・センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス
・外部端子: microSD(Max 128GB), microUSB, 3.5mmオーディオジャック
・バッテリー: 2650mAh (取り外し不可)
・カラー: ネイビー・ブラック、シャンパンゴールド、ローズピンク
・その他: au VoLTE、ASUS WebStrage 5GB 永年無料付き、SIM ロックフリー

スペックから見る、ZenFone liveのメリットとデメリット

「ZenFone live」は約2万円という買いやすい価格が一番のポイントじゃないかなと感じますね。これは子どもを持つ僕の「親目線」になってしまいますが、小学生や中学に進学するお子さんであれば「これで十分じゃない?」という感覚です。

過去機だとちょうど「ZenFone GO」と同等のスペックだから、高校生や大人がメインで持つにはちょっと不安かと思います。なので、「ZenFone live」は、

LINEやゲームがメインの小中学生用
ガラケーから初めてスマホにしてみたい人
LINE用に安くスマホを持ちたい人
スマホ初心者やライトユーザー向け

が挙げられます。ただし、CPUスペックがあまり高くないので高グラフィックのゲームアプリには向きません。モンスト・パズドラ・白猫といった軽めのアプリなら問題ないです。

また、現在では基本装備のジャイロスコープが非搭載なので、ポケモンGOをやりたい方は注意しましょう。

ZenFone liveの対応バンド(通信方式)

・ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 8, 18, 19, 26, 28)
・TDD-LTE(Bands 41)
・W-CDMA(Bands 1, 6, 8, 18, 19) GSM(850/900/1800/1900MHz)

基本がドコモ系で充実しているのでドコモ回線を使った格安SIMの方が相性は良いと思われます。VoLTEにも対応しればau系の格安SIMでもOKですね。

SIMカードスロットはnanoSIMカードスロットが2つ搭載され、どちらもLTEに対応していますが、同時利用(DSDS)には対応していません。またSIMカードスロット2はmicroSDカードとの排他利用となります。

セット購入ができるMVNO

「ZenFone live」がセット購入できるMVNOは現在(2017年11月6日)マイネオとIIJmoから発表されています。価格帯だけでみれば、

  • IIJmio:一括16,800円
  • マイネオ:18,000円

となっていますので、IIjmioの方がお得ですね。

IIjmio公式ページへ

マイネオ公式ページへ

IIjmioとマイネオの両方を実際に試してみました!

スペックでも確認できますが、「ZenFone live」はドコモ回線とauVoLTEに対応しています。また現在(2017年7月)の時点でセット購入が可能なMVNOはIIJmioとマイネオとなっていますので、実際に両方の格安SIMを使ってみました。

「ZenFone live」のSIMトレーはnanoSIMとnano&microSIMが挿せるようになっています。

2枚の格安SIMを使うことも可能ですが、「ZenFone live」はストレージが16GBしかありません。アプリをいくつかダウンロードして、写真も保存するとすぐに容量が満杯になってしまうので、拡張は必須かなと僕は感じました。

SIMカードを挿入すると上記のように表示されます。2枚同時に使う場合はタップで1と2をON/OFFで切り替える形になりますね。

APN初期設定はドコモ系とau系とで表示は異なりますが、どちらも該当するMVNOにチェックを入れるだけで完了します。

 

ほんと、Androidは設定が簡単になったっスよね。


また、タップしても回線が繋がらない時は、再起動するか機内モードOFF→ONの切替で対応できますので試してみてくださいね。

まとめ

「ZenFone live」は「ZenFone GO」のカメラ性能がアップしたリニューアル版といった位置づけになっています。スペック的にはメモリ2GB/ストレージ16GBなのでたくさんの写真を保存するのであればmicroSDは必須となります。

バッテリーも3,000mAhを切っているので動画やオンライン機能を使ったゲームアプリの連続使用だと1日は持ちませんので、モバイルバッテリーは必要となりますね。外観はZenFone GOよりもスタイリッシュで現代風なので個人としてはZenFone liveの方が好みです。

価格帯としては2万円を切るので、初めてスマホを使わせるお子さんやガラケーから初めてスマホに乗り換えてみたい。という方にはオススメと言えるでしょう!

マイネオ公式ページへ

IIjmio公式ページへ

追記:2017年7月19日

BIGLOBEモバイルでも取り扱いが開始されました。

対象のプランに応じて最大20,000円のキャッシュバックも行っていますので要チェックですね!

BIGLOBE公式へ