30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書当サイトに寄せられた質問集 > 申込み途中でのID作成について

格安SIMの申込み途中でのID作成について

2017年10月26日に受けた質問メールです。

 

マイネオの申込みをし、eoIDをお持ちでない方を選択をしたんですが、eoIDを申し込まないとすすめません… どうしたらいいですか? よろしくお願いします。

お問い合わせありがとうございます。
格安スマホ解体新書運営者のスマホ部長と申します。

eoIDですが、マイネオを新規申込み、から進んで行くと途中でeoIDを作成するので普通に進んで大丈夫ですよ^ ^

スマホ部長より

 

ありがとうございます。
お陰様で、無事に申し込む事が出来ました。


申込み時のID作成について

格安SIMの申込み後はどのMVNOも専用の「マイページ」で、

契約内容の確認
月額料金の確認
データ使用量の確認
データチャージ
オプション
解約

といった全てのことが行えます。

その際には必ずIDとパスワードを使ってログインするのですが、このIDはメールアドレスであったり、専用のIDを作成したりします。今回のご質問にあったマイネオはログイン時に「eoID」という自分専用のIDを使ってログインします。

ログインIDはMVNOによって様々

ログインIDはMVNO会社ごとによってちょっと異なり、

メールアドレス
同じ系列のIDを使う
専用のIDを作成する

といった形があります。

マイネオの場合は専用の「eoID」という物がログイン時に使うIDとなり、eoIDを持っていなくても申込みを進めて行く途中で作成するので「え?私eoIDとか持ってないんだけど?」と心配しなくても大丈夫です。

楽天モバイルの場合は楽天市場でも使う「楽天会員」がそのままログイン時で使うIDになったりもします。

IDやパスワードを作成するタイミングは様々

IDやパスワードは申込み前に作成するMVNOもあれば、申込み途中で作成するMVNOもあります。

 

一般的には申込みの途中で作成するパターンが多いっスかね

今の格安SIMの申込み手順はシンプルで分かりやすい所が多いっスから流れに従って行けば問題ないっスよ


LINEモバイルは申込み途中でログイン設定でIDとパスワードを決めます。

DMMモバイルも途中で会員登録でIDとパスワードを設定します。

まとめ

初めて格安SIMを申込む人は心配も多いかもしれませんが、実際にやってみるととても簡単です。また、格安SIMの申込みの流れはどこも同じような流れなので一度でも経験してしまえば今後どんな格安SIMの申込みにも対応できるようになります。

格安スマホ解体新書では実際の申込み手順を解説したレビューもありますので、予習という形で参考にして頂ければ幸いです。


メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集