30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト

【レビュー】HUAWEIの8インチSIMフリータブレット「MediaPad T2 8 Pro」が2万前半で登場!

HUAWEIの8インチSIMフリータブレット「MediaPad T2 8 Pro」が12月9日に発売されました。MediaPad T2 Proシリーズは低価格ながらも8コアのCPUとフルHD液晶が搭載されたシリーズになります。

MediaPad T2 8 Proは既に発売されている7インチと10インチモデルの間のサイズになりますね。7インチの方が別ページでレビューしていますが、価格以上に満足度の高いSIMフリータブレットでとても満足しているので、今回の8インチにもワクワク感が止まりません!笑

T2 8.0 ProはLTE対応のSIMフリー版と、Wi-Fi版の2種類になり格安SIMが使えるSIMフリー版を購入しました。

この記事ではMediaPad T2 8 Proのスペック・メリット・デメリット、実機レビューなどをまとめました。購入時の参考にして頂ければ嬉しく思います。

MediaPad T2 8 Proのスペック

商品名 MediaPad T2 8 Pro
CPU オクタコア/Snapdragon 615
OS Android 6.0
サイズ 209.3 x 123.0 x 8.1 (mm) / 340g
通信速度 下り最大150Mbps上り最大50Mbps
メモリ ROM 16GB/RAM 2GB
カメラ リア800万画素 / フロント200万画素
バッテリー 4,800mAh
ディスプレイ 8.0-inch IPS WUXGA (1920×1200)
microSD 最大 128GB
WiFi /Bluetooth microUSB x1 、microSD x1,イヤホンジャックx1

▼対応バンド(ネットワーク)
FDD-LTE:B1,B3,B5,B7,B8,B19,B20,B26,B28
TDD-LTE:B38,B40,B41
W-CDMA:B1,B2,B5,B6,B8,B19
GSM:B2,B3,B5,B8

スペック的にはミドルクラスでCPUにはオクタコア、RAM/ROMが2GB/16GBと価格面でも多くはありませんが、microSDで最大128GBまで拡張できるので大した問題ではありません。

注目部分が画面は8インチのIPS液晶、WUXGA(1920×1200)といった高精細さがあり、ネットや動画視聴には充分綺麗な画面を表示してくれます。

今回購入したMediaPad T2 8 ProはSIMフリー機で、通信バンドも上記の通りとドコモ/ソフトバンクのプラチナバンドに対応しているので、格安SIM(MVNO)との相性もバッチリです。

MediaPad T2 8 ProとMediaPad T2 7.0 Proの比較

MediaPad T2 8 Proと同じシリーズの7インチモデル「MediaPad T2 7.0 Pro」との差を見てみるとCPU、メモリ、ストレージといった基本的な部分は同じでバッテリーはT2 8 Proの方が上で、カメラ機能はT2 7.0の方が背面では1300万画素で上になっています。

カメラ機能は人によって分かれますが、インチ数が大きくなるほど使い方がネットや動画がメインになるので僕はほとんどカメラ機能は使わないので僕は重要視していません。

また、センサー類でもT2 7.0 Proにはありますが、T2 8 Proにはありません。本体カラーもT2 7 Proは3色から選べますが、T2 8 Proはホワイトのみです。

SIMフリー機では重要視される対応バンドは「MediaPad T2 8 Pro」の方が「MediaPad T2 7.0 Pro」の倍のバンドに対応しています。

最終的には機能性で7インチにするか、ディスプレイと対応バンドで8インチを取るかといった形になるでしょう。

電子書籍もそれほど大きな差はない

スマホでも電子書籍&コミックは読みますが、タブレットの方が当然見やすいのは明らかです。

サイズ的には「MediaPad T2 7.0 Pro」の方がジャストのコミックサイズとなっています。

「MediaPad T2 8.0 Pro」の方がインチ数が大きいので横幅も大きくなりますが、「持ちにくい」といった印象はありませんでした。この辺りはそれほど気にしなくても大丈夫です。

MediaPad T2 8 Proのメリット・デメリット

MediaPad T2 8 Proのメリットは以下の通りです。

2万円前半の価格
バッテリー容量が多め
対応しているバンドが多い

一番のメリットが何と言っても価格ですね。4万円〜5万円台が多いタブレット端末ではかなり安い価格だと僕は思います。LTEモデル(JDN-L01):22,000円(税抜)/Wi-Fiモデル(JDN-W09):17,800円(税抜)

何故かMediaPad T2 8 Proの方がMediaPad T2 7.0 Proよりも安いんですよね。特にWi-Fiモデルは17,800円と激安なので家のみで使うのであれば最適なタブレットなのではないでしょうか?おじいちゃんへのプレゼントにも喜ばれそうですね!

バッテリーもそれなりにあるので、1日中フルまでは行きませんが、数時間の使用には充分です。

対応バンドが多いのも特徴で、ドコモ系はほぼカバーしており、au系もある程度カバーしていますが、au系はCDMA2000非対応でVoLTEも非対応のため、au系のSIMでは音声通話はできません

タブレットで音声通話を必要とする人は少ないかと思いますが、ドコモ/auのどちらも選べるので基本ドコモ系の格安SIMでの運用の方が無難だといえます。

MediaPad T2 8 Proのデメリットは以下の通りです。

タブレットの中では型落ちのスペック
防水防塵、NFC未対応

CPUやメモリ、カメラセンサーなどを含め2016年後半に発売される端末としては少し物足りないスペックです。

ですが、これは価格的との折り合いでのスペックになりますので仕方がありませんね。大きい画面で最新の超グラフィックゲームアプリで遊ぶ場合はスペックの制限を受ける場面も出てきそうですが、モンスト、ツムツム、音ゲーなど軽いゲームアプリなら全く問題はありません。

ただし、ジャイロスコープは付いていないので、ポケモンGOのAR機能は使えません。

MediaPad T2 8 Proを格安SIMで使ってみよう!

それでは格安SIMを入れて使ってみましょう!

MediaPad T2 8 Proは「microSIM」を使いますので、申し込む時は気をつけましょう!

今回はBIGLOBEモバイルで実践してみました。基本的にはSIMサイズが合っていれば、これから行うAPN設定(初期設定)はどこの格安SIMを使っても同じになります

まずは、端末の電源をOFFにしましょう。OFFにしなくても挿し込む事は可能ですが、故障の原因になりやすい(SIMカードを挿しても反応しない)原因になりますので、僕は毎回電源はOFFにします。

SIMカードを台紙からとりはずし、向きを間違わないように「カチッ!」というまで挿し込みます。外す時はまた押せば「ピョコ!」と飛び出してきます。

MediaPad T2 8 ProのAPNは超カンタン!

「MediaPad T2 8 Pro」に格安SIMを挿し込み、電源を入れると即座にSIMカードを認識して、自動的にAPN画面が立ち上がります。

上写真のように色々なMVNO会社のAPN情報が最初から既存で設定されていますので、自分が使っている項目をチェックするだけでOKです!超簡単ですね♪

その後、速度計測も行ってみました。

夕方ということもあって、下り4.79Mbpsです。ネット閲覧やアプリ系は全く問題ありませんが、他社(楽天モバイル、マイネオ、UQモバイル)と比較するとちょっと遅いかな?というのが印象でした。BIGLOBEは今後も計測してみようと思います。

項目に載ってない格安SIMのAPN設定はどうすればいいのか?

「MediaPad T2 8 Pro」の端末に登録されていない格安SIM会社の場合は手動でAPN設定を行います。

手順は、「設定」 → 「モバイルネットワーク」 → 「アクセスポイント名」の順に進みます。

そしたら、「新しいPAN」をタップすると「アクセスポイントの編集」画面になりますで、各MVNOのAPN情報を打ち込みます。

APN情報は公式サイトやSIMカードが添付されている台紙に表記されていることがほとんどで、入力する箇所は5つの項目です。

BIGLOBEモバイルの場合は、

名前:好きなのでOK
APN:biglobe.jp
ユーザー名:usre
パスワード:0000
認証方式:CHAPまたはPAP

となります。

この5つを設定したら「保存」をタップすれば「名前」で記入した名目が新しく追加されているので、それを選択すればOKです。

BIGLOBE公式へ

「MediaPad T2 8 Pro」が使える格安SIM会社は?

「MediaPad T2 8 Pro」はまだ新しいので各動作確認端末一覧に掲載されていませんが、BIGLOBEモバイルのように「ドコモ系」の格安SIMであれば使うことが可能です。

今回使用したBIGLOBEモバイルや楽天モバイルも可能ですし、新しいLINEモバイルも面白いかもしれませんね。各プランなどの特徴がありますので、好きなところを選びましょう♪

BIGLOBEの公式ページを見てみる

楽天モバイルの公式ページを見てみる

LINEモバイルの公式ページを見てみる

また、マイネオでは端末の取扱も始まっていますので格安SIMとセットを検討中の方は1回で済むので簡単ですね。

マイネオの公式ページを見てみる

まとめ

「MediaPad T2 8 Pro」も「MediaPad T2 7.0 Pro」同様に非常にコスパが良いSIMフリータブレットになっています。

動画も綺麗にサクサク動くので、「iPadは高くて買えないケド、使えるタブレットが欲しい!」というワガママな方にピッタリでしょう!

MediaPad T2 8 Pro:amazon

その他のMediapadシリーズはこちら。

MediaPad T3 10レビュー

MediaPad T2 7.0 Proレビュー

MediaPad T1 7.0 LTEレビュー