30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安SIMとSIMフリータブレット一覧 > キャリアのiPadを格安SIMで利用する方法のまとめ

キャリアのiPadを格安SIMで利用する方法のまとめ

 

今回はiPadユーザーのための格安SIM利用術をドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリーの全iPadにどの格安SIMを選べば良いのかをまとめました。

iPadは素晴らしいデバイスなので、格安SIMで使うと利用の幅が格段に上がりますよ。


iPadの種類について

iPadはキャリア事によって取扱が開始された日が異なるので、キャリア別にまとめました。

ドコモのiPadについて

ドコモのiPadは2014年に発売された「iPad Air」「iPad mini2」は最初になります。現在(2016年7月)では、iPad Air、iPad Air2、iPad Pro、iPad Pro 9.7インチ、iPad mini2、iPad mini 3、iPad mini 4になります。

auのiPadについて

auのiPadは2012年に発売された「iPad(第4世代)」「iPad mini(第1世代)」が最初になります。現在(2016年7月)では、iPad Air、iPad Air 2、iPad pro、iPad Pro 9.7インチ、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4になります。

ソフトバンクのiPadについて

ソフトバンクは初代から全ての取扱があり、現在(2016年7月)でiPad(第1世代)、iPad 2(第2世代)、iPad(第3世代、iPad(第4世代) 、iPad Air(第5世代)、iPad Air 2(第6世代)、iPad pro、iPad Pro 9.7インチ、iPad mini(第1世代)、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4 が全取り扱いしたiPadになります。

iPadはドコの格安SIMで使えばいいのか?

 

iPadってどこの格安SIM会社を使うのが一番良いんスかね?


 

そーだねー。
基本的にSIMフリー版のiPadならどこの格安SIM会社も対応しているよ。

それじゃ、今回はSIMフリー版/ドコモ版/au版の全てを扱っているマイネオを例に挙げて見て行こうか!


マイネオ 2017年9月調べ

ドコモプラン(Dプラン)

▽SIMフリー版/ドコモ版

iPad Pro (9.7インチモデル)
iPad Pro (12.9インチモデル)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
iPad Air 2
iPad Air 2

全てiOS11対応、テザリングOK

auプラン(Aプラン)

▽SIMフリー版

iPad Pro (9.7インチモデル)
iPad Pro (12.9インチモデル)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
iPad Air 2
iPad Air 2

全てiOS11対応テザリング使用不可

▽au版

iPad mini 3
iPad mini 2
iPad Air 2
iPad Air

全てiOS11対応テザリング使用不可

上記の様にマイネオは最新iOSへの対応が早く、種類が豊富なのも人気の1つになります。ですが、auプランはテザリングの利用ができませんので、頻繁にテザリングを使う方は注意が必要です。

また、auのiPadはau回線を使用している格安SIM(MVNO)会社のみなので、必然的に「マイネオ」か「UQモバイル」のどちらかになります。また、マイネオですが、現在(2016年9月22日)では「iPad Pro」、「iPad Pro 9.7インチ」の動作確認は取れていません。使えるのは以下の表になります。

UQモバイルでは「iPad Pro」の動作確認は取れていますが、公式サイトが個人的にちょっと見づらく、見つけにくいかもしれません。マイネオの様にひと目で確認できる様にして欲しいものです。

マイネオとUQモバイルは同じau回線を使う格安SIM会社ですが、それぞれiPadの動作確認が異なります。使えるiPadの種類もそうですが、iPadごとのiOSもことなったりとちょっと複雑になっています。

マイネオでは、そういったちょっとした疑問を直ぐに解決できるように以下のような専用のリアルチャット機能が全ページに表示されています。サポート体制に評価が高いのもうなずけますね。

マイネオの公式ページを見てみる

ソフトバンクのiPad

ソフトバンクのiPadでSIMロック解除が可能なのは発売が2015年5月以降に発売された、

  • iPad Pro (9.7インチ)
  • iPad Pro (12.9インチ)
  • iPad mini 4

になります。それら以外は格安SIMがソフトバンクに対応しているMVNO会社が無いので、利用することが出来ません。

裏技的な感じで、SIMロック解除アダプタを利用すればソフトバンクのiPadでも格安SIMを利用できますが自己責任になってしまうので、僕は推奨しません。

SIMロック解除が可能なiPadについて

SIMロック解除が対象となるiPadは2015年5月以降のiPad Pro (9.7インチ)、iPad Pro (12.9インチ)、iPad mini 4になります。

ただ、当サイトではあちらこちらで書いていますが、同回線であればSIMロック解除をしなくても使えます。ドコモ版のiPadであれば、ドコモ回線を使っている楽天モバイルSIMなどでそのまま使えます。

キャリアiPadから格安SIMへの乗り換え方法と注意点について

ドコモ版iPadやau版iPadから格安SIMへ乗り換えはiPhoneなどのMNPと比べてとても簡単です。

注意しなければならないのが、「違約金」になります。iPadもiPhoneと同じくキャリアであれば「縛り」があります。契約更新月以外に解約すると9,500円の違約金を支払うことになりますので、その辺りは確認しておきましょう。

iPhoneとセットで申し込んでいるケースについて

iPad単体で申し込んでいる場合は、仮に契約更新月以外の解約であれば9,500円の違約金だけで済みますが、iPhoneとセットのプランで申し込んでいる場合は、プラン内容によってはiPhone自体のプランに影響が出る場合がありますので、今どういったプランでiPadを使っているのか確認する必要があります。

キャリアを解約したら格安SIMを選ぼう

無事にキャリアを解約したら次は乗り換え先の格安SIM会社を選びます。

iPadは通話機能が必要ありませんので、格安SIMは「データSIM」を使います。データSIMは音声通話SIMよりも半額で運用可能なので、3GB/月であれば約月額900円で使えるのが魅力ですね!

楽天モバイルであれば申込み時に「SIMのみ」を選択します。

また、iPadの場合データSIMカの種類は「SMS機能付き」を選んで下さい。iPadでショートメールサービス(SMS)は使いませんが、LINEやSNS系といったアプリの認証に必要となります。最近では犯罪防止にこの「認証システム」が必須となるアプリが増えてきていますので、今後を考えるとSMS機能は付けておいた方が無難です。

手元にSIMカードが届いたら初期設定(APN設定)を行います。また、iPhoneやiPadは専用の「構成プロファイル」をインストールするだけで完了してしまうので、Androidよりも簡単です。

設定の仕方はiPhoneと同じになります。公式サイトでも分かりやすく解説しているので迷うことはありません。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

まとめ

iPadを単体でキャリア契約している方は5GBプランだと平均5,000円かかってしまうのに対し、格安SIMであれば平均1,600円で利用可能となります。

契約更新月以外で解約してしまうと9,500円かかってしまいますが、契約更新月まで4ヵ月以上残ってるのであれば、違約金を支払ってでも乗り換えてしまった方がお得になります。

個人的には、ドコモのiPadであれば「楽天モバイル」、auのiPadであれば「マイネオ」をおすすめしています。どちらも僕が愛用しているMVNOですが通信速度や安定した電波状況は気に入っています。

楽天モバイルの公式ページを見てみる

マイネオの公式ページを見てみる

関連記事

格安で運用したい!iPad Proに対応している格安SIM/MVNO会社まとめ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集