30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安SIMとSIMフリータブレット一覧 > 格安SIMとSIMフリータブレットの使い方

格安SIMとSIMフリータブレットの使い方を詳しく解説!

 

部長さん、SIMフリータブレットについて教えてくださいっス!


 

OK!じゃぁ今日はSIMフリータブレットについて勉強してみようか!


SIMフリータブレットもSIMフリースマホと一緒で、最初からドコモやauといった何処にも属していないタブレットのことを言います。

なので、自分の好きなMVNOの格安SIMカードを挿して使うことが可能です。

 

そのSIMフリータブレットってどうやって使うんスか?


SIMフリータブレットが使えるようになるまで

SIMフリータブレットは、Wi-Fi環境があればそのまま使えますが、Wi-Fi環境が無い所でも使いたい場合は何処かしらと契約しないと使えません。

 

じゃぁ、何処と契約すればいいんスか?


 

基本、そのままキャリアに持って行けば契約を結べるけど、タブレット単体の契約はスマホと同じ料金がかかるから高いんだよね。

例えばauだと、以下のようになるんだけど、月額6,000円もかかっちゃうんだ。しかも2GBでね。


 

結構高いんスね〜


 

そうなんだよ。キャリアにはタブレットをメインのスマホとデータ共有できるプランもあるんだけど、それでも最低月額2,500円はかかっちゃうかな。

2年間で60,000円かかるから結構な金額だよね。

他にWiMAXのモバイルルーターもあるけど、月額料金は3,000円前後かな。


 

他に手段は無いんスか?


 

もちろんあるよ。

SIMフリータブレットは、何処のSIMカードでも使えるワケだから、今はMVNOが提供してる格安SIMを使えば月額料金がグッと安くなるんだ。


SIMフリータブレットは格安SIMで運用すれば月額料金がグッ!と安くなる

上記でも少し触れましたが、SIMフリータブレットはキャリアで使わず楽天モバイルやマイネオ、LINEモバイルといったMVNOが提供する格安SIMを使えば月額料金を1000円以下に抑えて運用することが可能です。

MVNO

データSIM月額料金(税抜き)

LINEモバイル

1GB/500円

楽天モバイル

3.1GB/900円

マイネオ

3GB/900円

また、SIMフリータブレットはインターネット専用のデータSIMを使います。通話機能が無い通話SIMと違うので基本料金は更に安いです。

しかもデータSIMには最低利用期間といった「縛り」がありません。よって、好きな時に解約もできるし、違約金も0円なのが特徴です。

 

好きな時に解約できて、違約金も0円って嬉しいっスね!


後の方でも書きますが、これが「タブレットこそ、格安SIMで使った方がいい!」と言われる最大の理由になります。

仮に、iPadをドコモ契約で使うと月額料金も高いですし、タブレットはタブレットで2年の縛りが付き、違約金も発生してしまいます。その点例えばLINEモバイルの格安SIMであれば月1GBのデータ容量が500円/月で使えるので鬼安いです!

ちょっと話がそれますが、LINEモバイルはLINEやFacebook、Twitter、インスタグラムのSNSアプリにかかるデータ量はカウントしないといった面白いシステムなので、1GBでも充分に外で使えるオススメの格安SIMです。

LINEモバイル公式へ

SIMフリータブレットを使うメリットは2つ

SIMフリータブレットを使うメリットを2つ紹介します。

格安SIMで使うことができる

既に紹介しましたがキャリアにはない「縛りがない」「違約金がない」「月額料金が安い」と三拍子揃ったメリットがあります。もちろんWi-Fi環境で使うともできるので、Wi-Fiが入っている家ではWi-Fi通信を使えばデータ量の節約にもなります。

WiMAXやモバイルルータよりも通信費が安くなる

Wi-Fi専用のタブレットの場合、外で使う時はスマホをテザリングして使うとかWiMAXなどのモバイルルータに繋いで使うのが基本です。ですが、モバイルルータは月額約3000円かかるので月10GB使ってもLINEモバイルなら月2640円安くなります。

SIMフリータブレットを格安SIMで使う上での注意点

SIMフリータブレットを購入する上での注意点を2つ紹介します。

購入はなるべく信頼できる所で買おう

今では、オークションなどで中古品を安く買えますが、写真に掲載されていない傷や、まだ支払いが終わっていないのに転売されている端末を「赤ロム」と呼びます。こうしたトラブルも多いので、中古品は信頼ができる所か、新品購入を僕は薦めます。

■赤ロムを調べる方法

話のついでですが、赤ロムは「赤ロムチェッカー」という所で調べることが可能です。

⇒ ドコモ
⇒ au
⇒ ソフトバンク

MVNO側で使えるか事前にチェックしよう

MVNO側で手持ちのSIMフリータブレットが「動作確認一覧」に記載されていない場合は正常に利用できない可能性があります。

SIMフリーなので使えないワケではないのですが、記載されていない端末は保証の対象外になってしまうので止めておいた方が無難ですね。

端末の動作確認は各MVNOで簡単に調べることができるので、一度検索してみてください^^

LINEモバイル公式へ

楽天モバイル公式へ

格安SIMの認知度のと共に使える機種の幅も1年前と比較してだいぶ充実してきました。人気処の「ZenPadシリーズ」「MediaPad」「iPad」など幅広く充実しています。

オススメのSIMフリータブレットの紹介

iPad miniシリーズ

iPad miniシリーズであれば、mini4、mini3、mini2共に取り扱っているMVNOは多数あります。また、ドコモ版、au版、SIMフリー版の3つが対応しているのが多いのも嬉しい所ですね。

iPad miniでオススメのMVNO会社

⇒ 楽天モバイル(ドコモ版、SIMフリー版)
⇒ mineo(au版、ドコモ版、SIMフリー版)

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

HUAWEI製の「MediaPad T2 7.0 Pro」です。7インチクラスではZenPadよりも人気があり、バカ売れしたSIMフリータブレットです。楽天モバイルなら端末とセット購入も可能です。

実際に楽天モバイルの格安SIMで使ったレビューもありますので、参考にして頂ければ幸いです。

実機レビューはこちら

楽天モバイル公式へ

MediaPad T2 8 Pro

「MediaPad T2」の8インチバージョンですね。こちらも価格.comなので上位ランクインしています。同じく楽天モバイルでセット購入可能です。レビューもありますのでぜひ参考にして下さい。

実機レビューはこちら

楽天モバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集