30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書TONEモバイル > TONE(トーン)モバイルってどんな格安SIM

TONE(トーン)モバイルってどんな格安SIMなの?

トーンモバイル

 

ツタヤなど全国30万店舗以上で使える便利なTポイントと連携した格安スマホが「トーンモバイル」になります。高品質と低価格をウリにしていますが、どのくらいお得なの?使い方は?など気になる疑問にお答えします。


先に公式サイトで確認したい方はこちらからどうぞ。

TONEの公式ページを見てみる

TONE(トーン)モバイルの格安SIMについて徹底的に調べました!

全国に約1,400店舗あるツタヤが提供する「トーンモバイル」の格安SIMは「スマートフォンをもっと気軽に・便利に・身近に」をコンセプトにした家族みんなでスマホを使うことにフォーカスした格安SIM会社になります。

小学生や中学生向けにアプリのインストール制限や、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などが簡単に設定することが可能です。

また、分からない事があれば直接電話や遠隔操作のサポートも受けられたり、ツタヤ店舗でもサポートが使える仕組みもあります。また、文字が多きガイドブックが付いているので初心者や小学生からシニア層までカバーしてくれます。

その他ツタヤならではの便利なコンテンツも人気があり、写真をフォトブックに出来るサービスやトーンモバイルを契約している方には毎月CDやDVDをそれぞれ1枚無料でレンタルできる嬉しいサービスなどもあります。

使用回線はドコモ回線を使っているので、全国どこでも繋がる幅広いエリアを確保しています。また、他の格安SIM会社と少し異なる料金体系でパケット使い放題、通話基本料を合わせて月額1,000円〜といった正に格安の料金体系がウリとなっています。

トーンモバイルと他の格安SIM会社の違うところ

トーンモバイルは他の格安SIM会社と比較すると少し異なる料金形態や独自のサービスがあるので、ちょっと見ていきましょう。

TONEの公式ページを見てみる

オリジナルアプリの「ONE」

スマホ自体ドンドン新しいアプリが登場しており、最近ではその様々なサービスを使うのに複数のアプリを使いこなす必要があったりもします。そのためシニア層では複雑化し、スマホ=操作が複雑といったイメージを持っている人も少なくありません。

TONEモバイルでは、そんな面倒な操作を一つで管理できるアプリ「ONE」が最初から導入されています。このアプリ一つで様々なコンテンツを楽しむことが可能となっています。

CCCグループのサービスがお得に受けられる

「TSUTAYA」や「Tポイント」が利用できるCCCグループのサービスが利用者に有意義に使ってもらうべく、スマホ代金でTポイントが貯まりそのポイントでTSUTAYA店舗の商品が購入できたり、サポートも受けられる。その他上記でも少し出てきましたが、CDやDVDを月に1枚無料でレンタルできるサービスは「TONEモバイル」を持っている人だけでお得なサービスが沢山あります。

また、貯まったTポイントでTONEモバイルの代金支払いに充てることも出来るので、全国の色々なお店で貯めたTポイントを使ってポイントを貯めればより安くTONEモバイルを使うことができます。

家族のニーズをサポートしてくれます

「TONEモバイル」は家族のニーズにサポートしてくれる格安SIMになります。サービスの一つとして家族間見守りサービスの「TONE family」もTONEモバイルの魅力の一つでもあります。

TONEモバイルを契約していて無料で使えるサービスは「行動履歴、位置検索」「アプリのインストール履歴/利用制限」「端末の利用制限」「健康管理のライフログ」「コミュニケーション機能」などの5つの機能が使えるので小学校高学年〜中学生、ご年配の家族に持たせても使いやすい格安スマホになります。

TONE(トーン)モバイルのおすすめポイント

TONEモバイルは他の格安SIM会社とは違い独自のサービス展開をしています。そんなTONEモバイルのおすすめポイントについて見て行きましょう。

  • 子供向けが使っても安心なように機能を制限できる
  • 初心者でも通話料無料の手厚いサポートが受けられる
  • 高齢者向けにライフログで健康管理が確認できる
  • 居場所が確認できる
  • 1GBの高速データ通信が月2回まで300円で買える
  • 月額料金が安くデータ量が無制限
  • Tポイントが貯まりやすい

などといった嬉しいサービスが満載です。それでは気になる点をピックアップして紹介します。

月額料金が安く、データ容量が無制限

TONEモバイルの一番のウリはなんといっても月額料金の安さになります。他の格安SIM会社も色々な低価格プランはありますが、TONEモバイルの基本プランは月額1,080円といったシンプルで分かりやすく、小学生や中学生にも家計を圧迫することなく使わせることが可能です。

また、データ容量が無制限でなのも嬉しいポイント。通常の通信速度は約500kbps〜600kbpsとなっており、最速の高速データ通信よりは劣りますが、子供が使う分には問題ありません。また、高速データ通信が必要であれば月に2回まで1GBの容量を300円で購入できるので、必要な時だけ追加料金を支払う形になります。

Tポイントがよく貯まる

日頃からTSUTAYAやTポイントをよく利用する方には特におすすめです。月額料金200円につき1ポイント付き、またTONEモバイルを契約していると全国のTSUTAYAでCDやDVDをレンタルする際に付くTポイントがなんと10倍になります。

月額の支払いでTポイントが貯まり、その貯めたTポイントでもTONEモバイルの支払いにあてる事もできるのでお得に貯めて賢く使う事ができますね。

子供もスマホデビューも割安で始められる

最近は小学校中学年からスマホを持ち始める家庭も増えています。高校生にもなれば自分でバイトをする方もいるので、それなりの高級スマホを持つのも分かりますが、小学生や中学生にiPhoneなど高額なハイスペック端末を与えても使いこなせないのに、落としたりしてしまうトラブルはやはり多いです。

TONEモバイルなら通話が050のIP電話でも構わなければ通話料は無料なので月額1,080円でスマホを与えることが可能です。キャリアの最新端末で契約するよりも断然安く済みます。

また、中には子供との連絡手段にスマホを持たせたいけど、ゲームばっかりしたり、ネットで変なサイトやYouTubeで動画ばっかり見てると困る。。と心配する親御さんでも簡単にスマホの機能を制限する事もできます。

その他、居場所が確認できたりと親の管理が届く操作が可能なのは「TONEモバイル」だけになります。小さいお子様に作られたスマホといっても良いでしょうね!

050のIP電話で無料/安く通話ができる

TONEモバイルを申し込むと無料で050のIP電話番号を貰えます。また、初期設定で既に常備されているので、設定に悩む必要はありません。その他TONEモバイルのIP電話には無料で留守番電話が付いているので余計なオプション代を払わなくても良いのが嬉しいですね。

IP電話の特徴は電話を無料、または安くかけることが可能です。

  • 050のIP電話の月額料金無料
  • TONEモバイルのスマホ同士なら無料
  • 国内通話3分13円

通常の格安SIMだと、通話料は一律30秒20円で「楽天でんわ」などその会社が提供しているアプリを使っても30秒10伝なので、TONEモバイルのIP電話はお得だという事が分かります。

また、お子さんに持たせる方はチェックしておいて欲しいのですが、050などのIP電話アプリは緊急通報の110番や119番などの特殊な番号にはかけられません。頻繁に使う電話番号ではありませんが、こう言ったこともしっかりチェックしておきましょう!

自分はもちろん、家族の健康管理にも

TONEモバイルの格安SIMには「ライフログ」といったアプリが既にインストールされています。ライフログを使うことで、歩数を自動的に記録してくれたり毎日の歩数や活動量、消費カロリーを記録、5秒で心拍数も計測できます。

また、このライフログは家族で記録したデータを共有することができ、家族のライフログはスマホやPCからでも見ることができます。

両親に持たせて毎日の心拍数や運動量などの健康状態を把握するのに役立ちますね!

その他、8000歩をクリアするとTポイントが1ポイント付くなど、ちょっとおまけ的なサービスも面白い特典ですね。

TONEの公式ページを見てみる

TONEモバイルを使う時の注意点について

Tポイントがお得に貯まったり、月額料金が1,080円で収まるなど良いことづくしに見えるTONEモバイルですが、申込み前に確認して置くべきポイントもいくつかあります。こういったポイントが自分にとって「許容範囲」かどうかチェックしてみましょう。

TONEモバイルの通信速度

TONEモバイルはデータ量無制限で月額料金が1,000円といった驚きの安さになります。その理由としては通信速度が500kbps〜600kbpsといった通信速度になります。

通常、高速データ通信と呼ばれるモノは1Mbps以上からになります。Mbpsとかkbpsとか言われても普段はあまり耳にする言葉ではないので、「ピンッ」と来ないかもしれませんね。

誰もが1回は経験したかと思いますが、キャリアでも指定プランの上限に達すると「通信制限」に引っかかった経験はありませんか?あの時の速度は200kbpsとなり、LINEやTwitterは何とか使えますが、YouTubeなどの動画はほとんど繋がらないかと思います。

このように、TONEモバイルはその通信制限よりも少し多い500kbps〜600kbpsになります。この速度の目安としては、LINEやFacebook、メール、Yahoo!キッズなどの閲覧程度ならば問題ありませんが、動画はまず無理です。

どうしても高速通信を使いたい時の対処方

どうしても高速データ通信を使いたい場合は、1GB300円で月2回まで「高速チケット」と呼ばれるいわゆる「データチャージ」が可能です(有効期限は31日間)。この高速チケットの使い道は2通りのパターンが予想されます。

1つは、3日間の合計データ量が300MBを超えてしまうと、速度制限になってしまうのでsの解除の為に高速チケットを使って一時的に戻してあげます。

2つ目は、YouTubeの動画などを見る時に高速チケットを使います。TONEモバイルの場合通常の通信速度程度だと通信制限にかからなくてもYouTubeなどの動画は見ることができません。高速チケットを使うことで、YouTubeの普通画質(360p)なら1GBで約4〜5時間見ることが可能です。高画質HGで見てしまうと1時間持ちませんので注意してくださいね。

 

どうしてもYouTubeを見たい人はTONEモバイルではなく、他の格安SIM&格安スマホにした方がいいよ。


TONEモバイルはiPhoneでは使えない

「TONEモバイルの格安SIMをiPhoneで使えないのか?」という質問をたまに受けますが、TONEモバイルは端末とのセットが一体化となっているので、格安SIMだけを他の端末(iPhoneやAndroidスマホ)で使うことは不可能です。

「手元にあるスマホに格安SIMを挿して使いたい」という人は、別の格安SIM会社を選ぶ事になります。そうゆう方は個人的には「マイネオ」を薦めています。対応端末が業界一なので、きっとお使いのスマホも使えることでしょう。

マイネオの公式ページを見てみる

縛りが他社よりも長い

一般的に他の格安SIM会社の最低利用期間、いわゆる「縛り」ですがTONEモバイルは2年になります。また、その期間の間に解約すると違約金として9,800円がかかります。格安SIMは縛りの期間が短いといったのもウリの一つなので、「2年か〜」という方は1回考えた方が良いですね。

TONEの公式ページを見てみる

TONEモバイルの料金形態とそのオプションについて

TONEモバイルは格安SIMの定番の複数のプランがある訳でなく、基本一つのプランのみになっています。基本最初から無料のIP電話が貰えるので「050の番号が付いているデータSIMプラン」がベースとなっています。お子さんに新規でスマホを与えるのであれば問題ありませんね。

また、090/080の番号を他社から引き継ぎたいと言う場合は「3G音声オプション」を申し込めば利用可能となります。

月額料金

1,000円

最大通信速度

600kbps

データ容量

無制限(3日で300Mbps)

SMS機能

あり

後は利用に応じて自分が必要とするオプションを付けていく形になります。特に不要であれば月額1,080円でスマートフォンを持つ事が可能です。

その他のオプションについて

3G音声オプション 基本プランの050に加えて、090/080/070の番号が使えるようになる。(MNP専用)953円/月:初期費用1,500円
留守番電話サービス 電話に出られなかった時、メッセージを預かる。350円/月
キャッチホン 会話の途中でかかってきた電話に出る。250円/月
高速チケット 高速通信を使えるようになる。1GB300円(月2回まで:期限31日間)
フラットパック 高速チケット+IP電話料約60分が使える。500円/月
安心オプション 全国のWi-Fiスポットが使える。破損、盗難時に見舞金が出る。500円/月

TONEモバイルと他社の格安SIMとの比較

キャリアのスマホはかけ放題+インターネット接続料金+データ料金が最低の2GBでも毎月6,500円〜が必要になります。TONEモバイルは基本をデータSIMとしているので月額1,000円からスマホが利用可能となります。

速度が他社と比較すると若干遅めなのがネックですが、子供の連絡手段としてLINEやメッセージ、Yahoo!キッズ程度であればお得にスマホを持つ事が可能です。

また、TONEモバイルはスマホ初心者へのサポートを徹底しており、機械が苦手でもTONEモバイルであれば無料のサポートセンターに問い合わせることができます。また、シニア向けにライフログアプリを使えば、心拍数、消費カロリーなど体調管理が家族皆でシェアできたりもします。

TONEモバイルの端末について

TONEモバイルには2種類「m15」と「m14」といったオリジナルの端末がありますが、「m14」の方は性能が悪すぎるので無視して結構です。いくら安いといっても使い物にならなければ話になりません。

端末名

m15

CPU

クワッドコア1.3GHz

RAM/ROM

2GB/16GB

ディスプレイ

5.5インチ

解像度

1280×720

カメラ

1300万画素

バッテリー

3000mAH

価格

29,800円

TONEモバイルはドコモ回線を使っているので、エリアに関しては問題ありません。また対応バンドなど少し難しい話になってしまいますが、m15はバンド21にも対応していますし、W-CDMAのバンド6にも対応していますので、FOMAプラスエリアに対応してるので山間部でも電波が届きます。

ディスプレイも5.5インチと大画面なので、老眼で小さい文字が見えづらい方でも見やすい仕様となっています。

TONEの公式ページを見てみる

TONEモバイルのまとめ

以上でTONEモバイルの基本的な解説を終わりにします。長々お疲れさまでした!

個人的にTONEモバイルは機能共に、家族の連絡手段に小学生や中学生やご年配に格安でスマホを持たせたい格安スマホになります。最小限の必要な機能だけに特化しているので、他には無い料金プランが現実化していますね。

逆に、高校生や一般の大人が使う場合ですと、正直物足りなさを感じますし、子供の為の機能が邪魔になってしまうので、他の格安SIMを選んだ方が良いでしょう。その場合はランキングなどを参考にしてみてください。

TONEの公式ページを見てみる

その他、格安SIMのランキングを見てみる