30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書TONEモバイル > TONEモバイルの支払い方法について

TONEモバイルの支払い方法について

 

TONEモバイルは毎月の支払い方法でクレジットカードの他に銀行口座が使える格安SIMの中では珍しい会社になります。クレジットカードを使いたくない人には重宝しますね。このページではそんな支払い方法について詳しく解説していきます。


TONEモバイルの申込みにと支払い方法について

TONEモバイルの支払い方法は申込みによって異なるので、それぞれ見て行きましょう。

オンラインでの申込みについて

オンラインの申込みで利用できる支払い方法はクレジットカードののみになります。また、実際に使う申込み者と同一名義のクレジットカードでなくても申込みは可能。

オンラインだけではなく、電話での申し込みもオンラインと同じ条件になります。

TONEモバイルの店舗からの申込みについて

TONEモバイルはオンライン以外にも店舗でも申込みが可能でその場合は、

  • クレジットカード
  • 銀行振替

の2種類から選択できます。銀行口座からの引き落としが使える格安SIM会社は限られており、大半がクレジットカードの支払い方法を採用しています。一部で楽天モバイルのように銀行引き落としが使える会社もありますが、指定のデビットカードからしかできませんので、クレジットカードは使いたくない。という人には最適だと言えます。

その他の注意点について

注意点は2つありその内容は、

  • 銀行振替を使うには店舗申込みのみ
  • 銀行振替はTONEスマホ購入代金に対しては適応していない

になります。店舗によってまだ対応が異なるので、事前にサポートセンターやお近くの店舗に問い合わせをしてみると良いでしょう。

  • TONEモバイルは取扱店によって対応のサービスが異なる
  • TONEスマホ代金は口座引き落としでの分割払いが不可能

銀行振込に対応しているのは、月々の利用料金のみなので端末代金は現金での購入となります。

取扱店舗数がまだ限られている

TONEモバイルの取扱しているTSUTAYAはまだ全国に21店舗しかありません。近くにお住まいの方は別として、少し車を走らせなければならない方は事前に電話などをして聞きたいことは先に解消してから向かった方が余計な手間をかけなくて良いので先に電話をして聞きましょう。

電話サポートは、 050-7300-6371(受付時間10:00〜19:00)です。

毎月の料金概要の確認方法

毎月の料金明細の確認方法は次の2点になります。

  • 請求明細の確認
  • IP電話通話料明細の確認

1つ注意する点は、090音声オプションを用いた通話に関しては確認ができません。

ユニバーサルサービス料金ってなに?

よく料金請求の項目に「ユニバーサルサービス料」という項目を見かけることもありますが、あれは従来、NTTの収益から賄われていましたが、通信サービスの事業者が増加したことにより、NTTからの収益から負担することが見直されてきました。

ユニバーサルサービス料は国が直接的にサービスを利用しているユーザーに対して請求しているのではありません。通信業者がに対してユニバーサルサービス料の支払いを課していますので、実際ユーザーが負担するかどうかは、各々の格安SIM会社側の判断によります。そのため、支払い額や支払いの有無も異なります。

TONEモバイルのSIMカード発行について

本来、SIMカードは端末内に入っていますので紛失するケースは少ないですが、紛失や破損をしてしまった場合でもSIMカードの再発行は可能です。

  • SIMカードの再発行手数料は3,000円
  • 手続き先は、TONEモバイルお客様サポート窓口

になります。

また、SIMカードの破損による通信機能の不具合は端末自体の故障と見分けがつきにくいです。SIMカードの破損や故障はTONEモバイルの「安心オプション」による保証の対象外で、スマホ初心者の場合、通信機能の不具合はSIMカードなのか端末なのかが分からないので、まずはサポート窓口に電話をすることをおすすめします。

トップへ戻る

メニュー

格安スマホランキングはこちら