30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書UQモバイル > UQモバイルで使えるiPhoneシリーズを紹介

UQモバイルで使えるiPhoneをdocomo・au・ソフトバンク別に解説するよ!

このページではUQモバイルで利用できるiPhoneシリーズについて解説しています。

docomo版やソフトバンク版のiPhoneはSIMロック解除が必須となりますが、一部au版のiPhoneでもシリーズによってはSIMロック解除が必要となりますので、これから「いま使っているiPhoneをUQモバイルで使いたい!」と考えている方は是非参考にして頂ければ幸いです。

最終更新日2018年2月7日:随時確認更新しておりますが、更新日に間が開いてる場合は再度UQモバイル公式ページの「動作確認端末一覧」でのご確認をお願い致します。

UQモバイル公式へ

SIMフリー版iPhoneの場合

UQモバイルで使えるSIMフリー版のiPhoneは以下の通りです。

機種

SIMタイプ

APN設定

SIMロック解除

iPhone X

マルチSIM

必要

不要

iPhone 8 Plus

マルチSIM

必要

不要

iPhone 8

マルチSIM

必要

不要

iPhone 7 Plus

マルチSIM

必要

不要

iPhone 7

マルチSIM

必要

不要

iPhone SE

マルチSIM

不要

不要

iPhone 6s Plus

マルチSIM

不要

不要

iPhone 6s

マルチSIM

不要

不要

iPhone 6 Plus

nanoSIM

不要

不要

iPhone 6

nanoSIM

不要

不要

iPhone 5s

nanoSIM

不要

不要

SIMフリー版に関しては、「iPhone X」から「iPhone 7」まではAPN設定が必要となり、その他はAPN設定・SIMロック解除ともに不要で利用可能です。

 

元々SIMフリー版だからSIMロック解除とか関係ないっスもんね


UQモバイル公式へ

au版iPhoneの場合

UQモバイルで使えるau版のiPhoneは以下の通りです。

機種

SIMタイプ

APN設定

SIMロック解除

iPhone X

マルチSIM

必要

不要

iPhone 8 Plus

マルチSIM

必要

不要

iPhone 8

マルチSIM

必要

不要

iPhone 7 Plus

マルチSIM

必要

必要

iPhone 7

マルチSIM

必要

必要

iPhone SE

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s Plus

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6 Plus

nanoSIM

不要

不要

iPhone 6

nanoSIM

不要

不要

iPhone 5s

nanoSIM

不要

不要

最も利用者が多いのが現在au版のiPhoneを使っている方かと思います。

仮にドコモ版のiPhoneであれば、同回線を使っている格安SIMならほぼSIMロック解除なしでスムーズに乗り換えることが可能ですが、au版のiPhoneをUQモバイルに乗り換える際には例え同回線であってもSIMロック解除が必要になるシリーズがあります。

au版iPhoneでSIMロック解除が必要になるのは上図の「iPhone7/7Plus、iPhone SE、iPhone6s/6s Plus」の3シリーズです。

SIMロック解除自体は簡単なので、もしもこの3機種でUQモバイルを使う際にはSIMロック解除を行いましょうね。


また、au版iPhone6であればSIMロック解除・APN設定不要なので、そのままSIMカードを挿し変えて使えるのもGOODです。レビュー記事もありますので、そちらをご参考にして頂ければ幸いです。


UQモバイル公式へ

docomo版iPhoneの場合

UQモバイルで使えるdocomo版のiPhoneは以下の通りです。

機種

SIMタイプ

APN設定

SIMロック解除

iPhone X

マルチSIM

必要

必要

iPhone 8 Plus

マルチSIM

必要

必要

iPhone 8

マルチSIM

必要

必要

iPhone 7 Plus

マルチSIM

必要

必要

iPhone 7

マルチSIM

必要

必要

iPhone SE

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s Plus

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s

マルチSIM

不要

必要

docomo版完全に回線自体が違いますので、全てSIMロック解除が必要となります。

「UQモバイルをどうしても使いたい!」という明確な理由がないのであれば、ドコモ系(楽天モバイルLINEモバイルなど)の格安SIMを使った方がスムーズにことが運べますね。

また、docomo版の「iPhone SE/iPhone6s/6sPlus」であればテザリングは可能ですが、それ以外はテザリングできませんので、テザリングを必須としている方はやはりドコモ系の格安SIMを選んだ方が良いでしょう。

SoftBank版iPhoneの場合

UQモバイルで使えるSoftBank版のiPhoneは以下の通りです。

機種

SIMタイプ

APN設定

SIMロック解除

iPhone X

マルチSIM

必要

必要

iPhone 8 Plus

マルチSIM

必要

必要

iPhone 8

マルチSIM

必要

必要

iPhone 7 Plus

マルチSIM

必要

必要

iPhone 7

マルチSIM

必要

必要

iPhone SE

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s Plus

マルチSIM

不要

必要

iPhone 6s

マルチSIM

不要

必要

SoftBank版のiPhoneもドコモと同様に全てのシリーズでSIMロック解除が必要となります。


これもまたドコモ版と同様にUQモバイルに強い拘りがなければ、ソフトバンク系の格安SIMを選択すればSIMロック解除は不要でMNP乗り換えが可能です。


b-moible Sを公式ページで確認してみる

ただ、ソフトバンク系の格安SIMはau系/ドコモ系と比較して料金プランが約1.5倍ほど高めの設定になっていますので、極限まで安く運用したい方はSIMロック解除を行って使いましょう。

UQモバイルではiPhone購入も可能です!

UQモバイルに乗り換える際に「iPhoneも新しく新調しよう!」と考える方もいるかと思います。UQモバイルでは現在「iPhone 6s」と「iPhone SE」のセット購入が可能です。

この他にも楽天モバイルやワイモバイル、マイネオ(近日iPhone7取り扱い開始)でもiPhoneのセット購入が可能なので、iPhoneを格安SIMとセットで購入したい方は参考にしてくださいね!


iPhone SE/iPhone 6sを見てみる

まとめ

既存のiPhoneをUQモバイルで利用する際には、キャリア版やシリーズごとで「APN設定の有無」「SIMロック解除の有無」が変わってきますので、申込み前には一度確認することをお勧めします。

UQモバイルは料金プランの中に「かけ放題・無料通話分」が組み込まれているので、普段電話をよくかける方にとってはオススメしたいですね。

また、余ったデータ量も翌月に繰り越せます(ワイモバイルは繰り越せません)。データ容量のプランの数は多くありませんが、需要度が高い2GB/6GB/14GBなのでそこまで困ることは無いかと個人的には感じます。

学生であれば専用のキャンペーンも使えますので、初めてスマホを持つお子さんでも月額2,000円〜3,000円以内に抑えられるので経済的にもヨシ!ですね^^

UQモバイル公式へ

メニュー

格安スマホランキングはこちら
ランキング
格安スマホ会社一覧
格安スマホとiPhone
キャリアから格安SIMへ
格安スマホの豆知識
MVNO会社徹底解説!
運営者情報
質問集