30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書Xperia(エクスペリア) > 格安SIMでXperia(エクスペリア)は使えるの?

Xperia(エクスペリア)を格安SIMで使えるのか詳しく解説

格安スマホで「Xperia(エクスペリア)」ってあるの?

SIMフリー端末で有名なのがSONYの「Xperia J1 compact」になります。

エクスペリアはドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアでも人気度が高く、ベースのスペックや音声も高品質、またおサイフケータイ対応と日本独自の機能にも多く対応して愛されています。そんな「エクスペリア」シリーズで現状(2016年8月)たった一つなのがSIMフリー端末の「Xperia J1 compact」になります。

「Xperia J1 compact」の性能について

「Xperia J1 compact」は様々な機能を備えています。それではちょっと基本的な性能を見ていきましょう。

Xperia J1 compactはおサイフケータイ対応

使う人にとってはメッチャ使う便利なおサイフケータイ機能。「Xperia J1 compact」はキャリア版の「Xperia」シリーズと同様におサイフケータイ機能に対応しています。SIMフリースマホではこのおサイフケータイ機能が使える機種は数少ないので、希少価値としては高いですね!

また、「Xperia J1 compact」では、

  • 楽天Edy
  • WAON
  • ナナコ
  • Suica
  • QUICpay

といった代表的な電子マネーに加えて、「ローソンモバイルPonta」や「スターバックス」のポイントカードサイービスにも対応しています。

Xperia J1 compactはライフスタイルに強い防水防塵対応

「Xperia J1 compact」の特徴として「IPX5/8」の防水機能と「IP5X」の防塵性能を備えています。MAXのランクはIPX9になりますので真ん中のランクになりますね。長時間の水中には向きませんが、雨に濡れた、お風呂に落としたといった短い時間の水没といった私生活ならではの水濡れに対応しているので安心ですね。

バッテリー長持ち機能

「Xperia J1 compact」は2,300mAhと平均より少し多いバッテリーを搭載していますが、「STAMINAモード」といったアプリ起動中における動作を制限し、バッテリーの消費を抑える独自の機能により、1回のフル充電で色々なアプリを長時間使うことが可能です。

Xperia J1 compactは2,070万画素の高性能カメラを搭載

SIMフリー端末では希な2,070万画素の高画質カメラを背面に装備しています。あらゆるシーンで鮮明な写真や動画を撮影したり、エフェクト機能も搭載しているので、InstagramやTwitterといったSNSにお洒落に加工した写真を投稿したりして遊べます。また、絵画風や8mmフィルム調といった18種類のエフェクトを施すことが可能です。

LTE/4G高速データ通信に対応

Xperia J1 compactはLTE/4G回線での高速データ通信に対応しており、下り最大150mbps、上がり50Mbpsと現在出回っている全ての格安SIMの通信速度に対応しています。

Xperia J1 compactを格安SIMとセットで購入したい人

「Xperia J1 compact」は現在、楽天モバイルで格安SIMとのセットで発売されています。楽天モバイルでの格安SIMのセットとして24回払いの場合は、月々2,466円で購入可能です。また、音声通話SIMをデータプラン事の金額で毎月の支払い額別に見てみると、

<<3.1GBプラン時>>

●3.1GB:1,728円
●端末代:2,466円
●合計:4,194円

<<5GBプラン時>>

●3.1GB:2,322円
●端末代:2,466円
●合計:4,788円

<<10GBプラン時>>

●10GB:3,197円
●端末代:2,466円
●合計:5,663円

になります。

仮にドコモで同じ5GBを使った時の料金はカケホーダイ2,700円、データパック5GB5,000円、spモード300円、端末代2,466円となり、合計10,466円となるので如何に格安SIMが安いかが分かるかと思います。

楽天モバイル公式へ

格安SIMで使えるXperiaシリーズは他にあるのか?

現在(2016年8月)SIMフリー端末では今回紹介した「Xperia J1 compact」のみとなっています。しかし、他のXperiaシリーズも格安SIMを使うことが可能です!

ドコモやauで発売されているキャリア版のXperiaでも格安SIM会社側で表記している「動作確認端末一覧」に載っていればSIMフリー端末ではなくても格安スマホとして使うことが可能になります。

動作確認済みのドコモ版「Xperia」について

ドコモ向けのXperiaシリーズでは

「Xperia A SO-04E」、「Xperia A2 SO-04F」、「Xperia A4 SO-04G」、「Xperia AX SO-01E」、「Xperia GX SO-04D0」、「Xperia J1 Compac」、「Xperia SX SO-05D」といったスマートフォン・タブレットを含む21機種が楽天モバイルで対応になっています。

対応している端末の数は格安SIM会社によって異なります。その中でも楽天モバイルは数多く対応している格安SIM会社で、サービス、サポートなど大手といったこともあり充実していますので、初心者向けだとも言えます。

余程の拘りがなければ楽天モバイルを選んでおいて間違いありません。

楽天モバイルで他のシリーズをチェックしてみる

動作確認済みのau版「Xperia」について

au版のXperiaシリーズとしては主に「Xperia Z5【SOV32】」、「Xperia Z4【SOV31】」、「Xperia Z3【SOL26】」、「Xperia ZL2【SOL25】」、「Xperia(TM) Z Ultra 【SOL24】」、「Xperia(TM) Z1 【SOL23】」、「Xperia(TM) UL 【SOL22】」、「Xperia(TM) VL 【SOL21】」といった機種が対応になっています。

また、au版の格安SIMを取り扱う会社は現在「マイネオ」と「UQモバイル」しかありません。

当サイトでは自分も愛用していることからマイネオを薦めています。こちらもサポート面で優れており、また、動作確認端末数がドコモ機300種類、au機100種類と格安SIMダントツの1位になります。

まず最初に手元にあるスマホを格安SIMを使って格安スマホにしたいと考えている方は最初にチェックしておきましょう。

マイネオで他のシリーズをチェックしてみる

Xperiaを格安SIMで使った時の月額料金はどのくらい?

それでは手持ちのXperiaを格安SIMで使った場合の月額料金について見ていきましょう。既に端末自体は持っているので、純粋に格安SIMの月額料金のみを支払う形になります。

楽天モバイルの格安SIMを使った場合の月額料金

楽天モバイルの料金プラン

上表のような月額料金になります。

現在ドコモでXperiaをお使いで、そのまま同じ状態で使いたいのであれば「通話SIM」を選択することになります。また、ベーシックプランは毎月のデータ使用量が無制限になりますが、最大通信速度が200kbpsと低速通信限定なので、キャリア時のように使いたいのであれば選んではいけません。

インターネットや動画などを快適に見るのはMbpsといった高速データ通信以上なので、3.1GBパック以上をえらびましょう。

楽天モバイル公式へ

マイネオの格安SIMを使った場合の月額料金

マイネオでもそんなに楽天モバイルと料金は変わりません。だいたいこの辺りの金額設定が一般的になりますね。

マイネオには楽天モバイルのような低速通信の料金プランがなく、全て高速データ通信になります。500MB/1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GBの全部で7種類になります。

マイネオはAプランとDプランの2種類がありますので、該当する方を選びましょうね。

また、SIMカードの名称が楽天モバイルと異なりますが、キャリアからそのまま同じように使うのであれば、デュアルタイプを選びます。シングルタイプはインターネットのみの利用になりますので、仮に手元に残ってるXperiaやスマホをサブ機や子どもに使わせたいといった理由で復活させたいのであればシングルタイプを選んでも良いですね!

マイネオ公式公式へ

「Xperia」はSIMロック解除しないと使えないの?

 

このSIMロック解除ですが、勘違いしている方が多く、度々お問い合わせから「SIMロック解除をしないと使えないのでしょうか?」と聞かれますので説明したいと思います。


SIMロック解除とは、例えば、

ドコモのスマホをauで使いたい場合はSIMロック解除が必要になります。

ですが、同回線で使う場合はSIMロック解除をする必要がありません

なので、ドコモ版のXperiaをドコモ回線を使う「楽天モバイル」で運用する場合はSIMロック解除をしなくてもそのまま使うことが可能で、au版の場合も同じになります。

また、「ソフトバンクの端末はどうすればいいの?」という疑問が出てきますが、現在ソフトバンク回線を使った格安SIM会社はありませんので、この場合はSIMロック解除を行う必要がありますが、対象となる端末は2015年5月以降に発売された端末のみ、SIMロック解除が可能となります。

残念ですが、2015年5月前に発売されたソフトバンクの端末はSIMロック解除ができませんので、格安SIMに乗り換える場合は新規で新しい端末を購入する必要があります。

「Xperia」シリーズのデメリットは?

それでは、ここでXperiaシリーズのデメリットを見て見ましょう。

SIMフリーで使いたいなら「Xperia J1 compact」しかない。

上記でも触れましたが、現在エクスペリアのSIMフリー端末は「Xperia J1 compact」しかありませんので、選択肢の幅がありません。

もう一つは新たに中古の「Xperia」を探そうとすると、市場では品薄状態が続いており、若干高値での取引となっています。現在お使いのXperiaをそのまま格安スマホとして使う人は問題ありませんが、新たにXperiaにしようと考えている人にとっては少しハードルが上がるのが難点です。

まとめ

以上でXperiaシリーズを格安SIMを使って格安スマホとして使う方法を終わりにします。

Xperiaは昔から人気で、慣れている方はずっと同じシリーズを使いますよね。格安SIMも聞き慣れないけど、特に難しいことはありません。また、気になる通信速度ですが、実際はどこの格安SIM会社というよりは端末の性能(CPU)で左右されるのがほとんどです。

Xperiaはスマホの中でもハイスペック端末の部類に入りますので、その点は安心して同じように使うことが可能です。また、何か分からないことがありましたらお問い合わせから気軽にご連絡下されば僕のわかる範囲でお答えします。