30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > ワイモバイルのiPhone 7も一括特価に!32GB/14,800円!

【3/1更に値下げ!】ワイモバイルのiPhone 7も一括特価に!32GB/14,800円!

さて、先日値引きになったiPhone 6sの540円に続いて年度末・決算期にはiPhone7も一括特価での販売が決まりました


ワイモバイルでは「超スマホ決算祭」として、分割支払いに月額割引を適用させる実質価格での販売の他に、一括契約時には月額割引分相当を直接端末代から割り引く期間限定のキャンペーンを行っています。

対象はiPhone6sAndroid One X3/4/5、そしてまだセット販売が始まったばかりのiPhone7が対象です。

決算セールなので、どれも安くなっていますが、特にiPhone7の一括契約の安さ・コスパの良さといったものが目立っているため今回はiPhone7にフォーカスして紹介していこうと思います。

一括という縛りはありますが、iPhone7が安く契約できる上に、月額料金が高くないサブブランド回線となっているため、格安iPhone系の契約としてかなり高い満足度を得られる仕様となっています。

ワイモバイル公式へ

ワイモバイルのiPhone 7、一括契約時に一括販売特典が適用されて14,800円(税抜)に!

ワイモバイル×iPhone7

正確なキャンペーン終了期間は記述されていませんが、「決算際」というネーミングなので恐らくは3月末までの期間限定になると思われます。

支払い方法は一括のみ!対象端末は全部で7種類!

また、今回は一括購入限定で契約した方が対象になっています。

販売対象にはすでに一括540円という安さで売られているiPhone 6sを含めて以下の機種です。

機種

適用後(税抜)

iPhone7 32GB

14,800円

iPhone7 128GB

29,800円

iPhone6s 32GB

500円

iPhone6s 128GB

9,800円

HUAWEI P20 lite新規・MNP

100円

HUAWEI P20 lite 契約変更

9,800円

Android One X5

29,800円

Android One X4

14,800円

Android One X3

9,800円

iPhone6sが一括540円なので、比べてしまうと少し高いイメージを持つかもしれませんがiPhone7は、

・Apple Pay対応
・防水対応
・iOS13更新対応

といった性能以外に優れた部分が多く、長期的に考えるのであればiPhone7の方が魅力なので、差額を補えるだけの価値はあると僕は感じています。

 

iPhone6sは中高生が進学する時や、Apple Payを使わない人に良さそうっスね


 

そうだね!iPhoneを安く持ちたい!っていう人はiPhone6sを選んでもいいと思うよ!


▼iPhone6sがオススメな方

・中高生に初めて持たせるiPhoneとして
・Apple Payが必要ない方
・2年後に機種変更を予定している方

▼iPhone7がオススメな方

・Apple Payが使えるので通勤・通学でSuicaなどを使う方
・安く購入したいけど、長く使えるiPhoneを探している方

iPhone7が安くなるのは、「一括販売特典」が適応されているから!

今回のiPhone7一括割引きは、「一括販売特典」が実装されています。

 

一括販売特典はよくワイモバイルの一括払いキャンペーンでよく使われるヤツっスよね?


この一括販売特典、月額割引相当の金額の割引を端末価格から引いてくれるのですが、その分24ヶ月間ついてくる「短期契約解除料」といったものがセットになっています。

「短期契約解除料」は最大で40,000円から。

一括販売特典を適用して契約後24ヶ月以内に解約をした場合に回線の解除料である10,260円とは別に発生する解除料です。

この「短期契約解除料」があるため、安く一括でiPhone 7を契約したあとに解約やMNPをして端末だけを回収する、といった方法は通用せずしっかりと2年を前提とした長期的な利用が必要になってきます。

「短期契約解除料」が2年間用意されている点はこのiPhone 7の契約を行う上での注意点になっています。

 

要は、iPhone7を安く購入するだけを目的とした防止策っスね


ワイモバイル公式へ

今まで使っていたスマホを下取りに出すことで、コスパを下げることも可能

ワイモバイルでは、不要になったスマホの下取りプログラムを実施しています。これまで使っていた不要なスマホを下取りに出すことで、月額料金が安くなるという便利なシステムです。

下取りによる割引は24ヶ月に分けて受けられます。

例えばiPhone 6sを下取りに出した場合は毎月540円の割引を24ヶ月間(合計で12,960円)受けられます。

 

放置しておくのは勿体ないから、割引き活用できるのは嬉しいっスね


ワイモバイルでiPhone7をセット購入する際の注意点

特価価格のiPhone7ですが、セット契約する際は以下の点に注意してください。

@ソフトバンクから乗り換える場合は対象外
AワイモバイルのiPhone7にはSIMロックがかかっている

特に@については知らずに乗り換えると思っていたよりも月額料金が高くなるので注意しましょう。

@ソフトバンクから乗り換える場合は対象外

ワイモバイルは前からですが、何故かソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは割引きがほとんど適用されません。今回のiPhone7も同じです。

docomo/au/MVNOからの乗り換え時

docomo/au/MVNOからの乗り換え時は今回の一括購入特典は適用されるので、26,784円(税込)で購入可能です。

ソフトバンクからの乗り換え時

一方、ソフトバンクからの乗り換えは特典が適用されず、一括購入だと73,116円と割引き無しになってしまうんです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え注意は、別記事にて解説しているので合わせて参考にしてくださいね。

また、ソフトバンクユーザーであれば同じく回線品質が高くて割引が強いUQモバイルの方がオススメです。


Aワイモバイルで購入するiPhone 7はSIMロックがかかっている

ワイモバイルで販売しているiPhoneにはキャリアと同じようにSIMロックがかかっているので、もし今後他社のSIMカードを使いたい場合は「SIMロック解除」を行い、SIMロックを外す必要があります

ワイモバイルでは以下のどちらかの条件を満たせばSIMロック解除が可能です。

・端末代金を一括払いで支払う
・分割払いの場合は購入から101日目以降

一括払いで購入した場合は購入してすぐにSIMロックを解除できます。分割払いで購入した場合は100日経過するまでは解除できないので気を付けてくださいね。

※ただし、今回のiPhone7一括キャンペーンは、一括で支払っても即時SIMロック解除はできません。100日以降となりますのでご注意を。

実際にSIMロック解除したレビューもあるので、合わせて参考にしてください。↓


まとめ

以上がワイモバイルで開催されている「超スマホ決算際」となります。

■超スマホ決算際のポイント

・ワイモバイルではiPhone7が一括14,800円〜購入可能
・一括販売特典を活用するので、2年以内の解約は違約金が高いので注意
・下取りプログラムを使えば更に月額料金が割引される
・ソフトバンクから乗り換える場合は負担額が大きくなるので注意
・ワイモバイルのiPhone 7にはSIMロックがかけられている

iPhone6sでもまだ十分に利用価値はありますが、iPhone7には防水とApple Payに対応しており、スペックも比較的高く、長い目でみるのであれば総合的にiPhone7をオススメしたいところですね!


ワイモバイル公式へ