30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書ワイモバイル > YモバイルでPixel 3aを安く使う手順を解説するよ!

YモバイルでPixel 3aを安く使う手順を解説するよ!

この記事では、Googleから登場した人気SIMフリースマホ「Pixel 3a」をYモバイルで運用する手順を実機画像付きで解説しています。


 

いま話題の「Google Pixel 3a」ってYモバイルでも使えるんスか?


 

もちろん使えるよ!

Pixel 3aはおサイフケータイ機能にも対応しているし、キャッシュレスアプリの「PayPay」も全部使えるんだ!PayPayならYモバイルとの相性もバッチリだからオススメだよ!



Pixel 3aはPixel 3の廉価版となりますが、カメラ性能はピカイチですし、SoCが1つダウングレードした程度で魅力な性能はほとんど変わっていません。

ということで、当記事ではいま話題のPixel 3aとYモバイルを組み合わせた魅力についてとことん解説していきます!

この記事さえ読めば、

・Pixel 3aの基本スペック
・Pixel 3aの特徴
・上位版Pixel 3との比較
・Yモバイルでの利用手順
・Yモバイルとキャリアで運用した時の金額差

の全てが初心者の方でもしっかりわかる構成になっていますので、Pixel 3aを検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

先にPixel 3aでYモバイルを使う手順を知りたい方は「コチラ」をクリック(タップ)すれば、一気に読み飛ばしができます。


ワイモバイル公式ページへ

Pixel 3aってどんなスマホ?基本スペックや特徴を確認してみよう!

Pixel3a

Pixel 3aはPixel 3の廉価版のような位置づけとして5月17日にリリースされました。

SoCにSnapdragon670を搭載し、RAMは4GBで内部ストレージは64GB、ディスプレイは5.6インチのFHD+(2220×1080)で有機ELを採用しています。


バッテリーは3,000mAhで18W急速充電にも対応。対応バンドも広く、日本でもドコモ・au・ソフトバンクのどの回線でもしっかり使えます。全体的に見てミドルレンジ上位に入る性能を持ちます。

microSDカードには対応していませんが、Pixel 3aの購入者限定特典としてGoogleフォトへ高画質のまま無制限で保存が可能となっています。(通常は高画質は自動的にリサイズされて保存される。)


 

Pixel 3aの基本スペックは以下のとおりだよ


Google Pixel 3aのスペック

項目

Google Pixel 3a

OS

Android 9.0 Pie

SoC

Snapdragon 670

RAM/ROM

4GB/64GB

外部メモリ

なし(microSD非対応)

インカメラ

1,220万画素

アウトカメラ

800万画素

ディスプレイ

5.6インチ/有機EL
2,220×1,080
画面比率18.5:9

バッテリー

3,000mAh
急速充電に対応

サイズ

151.3×70.1×8.2 mm

重さ

約147g

カラバリ

Clearly White、Purple-ish、Just Black

おサイフケータイ

SIMサイズ

nanoSIM×1

購入先

Googleストア
ドコモオンライン
ソフトバンクオンライン


Pixel 3aはSoCに上位クラスのSnapdragon 670を搭載

Pixel 3aはスマホの快適性(操作性)を左右するSoC(プロセッサ)というパーツにSnapdragon 670を搭載しています。


 

これはミドルレンジ帯では上位モデルに位置する頭脳だよ


また、その端末の力量を測るAnTuTuなどのベンチマークは157729と良好な数値をマークし、、普段使い〜ゲームも設定次第でリッチな描写のゲームも快適に遊べる実力を持っています。

Pixel3aのベンチマーク

マルチ対戦の荒野行動などがスムーズにプレイできるので、余程グラフィック多彩のゲームアプリや大容量を必要とする内容でなければ特に大きな問題ではありませんね。


Twitter上でもゲームをテストしている方もいらっしゃいますが、スムーズです。

メモリは十分な4GB。ストレージは64GBとミドル帯では一般できだが拡張はできないがGoogleフォトは高画質で無制限!

一般的に主流のミドルレンジのSIMフリースマホのメモリは4GBとなっています。このくらいあれば十分ですし、私生活レベルでは問題ありません。

ストレージは64GBとこちらも一般的ですが、Pixel 3aのSIMスロットはSIMカード1枚しか挿入できませんので、microSDカードを使った拡張は不可となります。

 

それじゃ写真とかですぐに一杯になっちゃうんじゃないっスかね?


 

それは大丈夫!Googleフォトと同期しておけば高画質のまま無制限で保存できるんだ!


Pixel3aはGoogleフォトに高画質のまま保存できる

Androidユーザーなら同じみのGoogleフォトですが、Googleアカウント持ってれば誰でも利用することができる便利なアイテムです。

ただし、あまり知られていませんがGoogleフォトは、自動保存される時に高画質で撮影した写真は自動的にリサイズされて保存されます

 

え!ホントっスか!?


ところが、Google Pixelシリーズは特典としてPixelユーザーがGoogleフォトで写真をアップロードする時はリサイズされず、高画質のまま保存できちゃうんです!

 

それはメッチャ大きな特典っスね!


 

この特典は日頃から写真をたくさん撮る人にとってはメリットが大きいよね!


写真や動画データはGoogleフォトにアップロードが完了したら削除すれば、他アプリで圧迫されることなく快適に使うことができますね。

Pixel 3aの対応バントは全キャリアに対応しているよ!

Google Pixel 3aが対応するバンドは以下のとおりです。

2G 850/900/1800/1900MHz
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/8/12/13/17/18/19/21/26/28/38/41

Google Pixel 3aはドコモ、au、ソフトバンク。そしてYモバイルの電波にフル対応しています。

この後、説明していきますがちゃんと電波をキャッチしています。


※Yモバイルの初期設定が終わった状態です。


 

SIMフリー版のiPhoneと同じっスね



大手キャリアでリリースされる端末もSIMフリー版がベースとなっているので、SIMロック解除するとキャリアモデルもSIMフリーモデルと変わりません。


 

既にキャリア版のPixel 3aを使ってる人で、そのままYモバイルへ乗り換えたい人はSIMロック解除をすればYモバイルで使えるよ



因みに、キャリア版のPixel 3aはドコモ・ソフトバンクでは取り扱いがありますが、auではGoogle Pixel 3aがリリースされていません。ですがちゃんとau公式の通信テストもクリアしているのでau回線を使った格安SIMでも問題なしです。

Google Pixel 3aの梱包物と外観

それでは、定番ですがここからはPixel 3aの梱包物や外観周りを簡単にチェックしていきます。

梱包物は以下のとおりです。


・Google Pixel 3a
・充電器
・充電ケーブル
・USB-C→USB-A変換アタッチメント
・SIMピン
・ユーザーガイド類2種
・ステッカー


僕は初めて見たのですがPixel 3aの充電ケーブルは両端ともType-Cになっています。


 

一般的な充電ケーブルは片方がUSB-A形状だからかなり珍しいっスね


というわけで、充電機の方も差し込み口はType-Cです↓


形状が珍しいので、付属品として変換用のアタッチメントも1つ用意されているので、USB-A形状の充電ケーブルでも対応には困りません。



 

次は外観周りをチェックしていこうか!



右側面には電源ボタンと音量キーがあり、アクセントのオレンジがお洒落です♪


左側面にはSIMスロットがあり、付属のSIMピンで「クッ」と軽く押し込めば取り出せます。


Pixel 3aの背面はPixel 3から素材がガラスからポリカーボネートになったことで、確かに若干高級感は失われていますが、それも「比べれば」程度です。


とはいえ、Pixelシリーズ自体がシンプル性が高いので「高級感」とはまた違うのかなーと個人的には感じました。

因みに、カバーを付ける方にとっても全く関係ない話ですけどね笑

Pixel 3aのディプレイはノッチ・パンチホールがない一昔のタイプになっています。


 

最近の端末はほとんどがノッチになっているから逆に新鮮っスね


ノッチやパンチホールは好き嫌いが分かれるので、Pixel 3aは以前のベゼルタイプの方が端末にも合っている気がします。

大きさはiPhoneXRとほぼ一緒ですが、横幅が若干スリムになっているのでグリップ感が増します。



Pixel3a

Pixel 3aのカメラレンズは筐体からほんの少しだけ出っ張っています。


凄く気になるレベルではないのですが、卓上に置くとガタガタするので、個人的にはカバーを付けることを推奨しています。

Pixel 3aのSIMスロットは1枚しか入りません。SIM形状は「nanoSIM」です。


Pixel 3aの写真はとにかく綺麗!

今回特になのがAIを搭載したカメラ機能になります。

既にTwitterにもたくさん写真がアップされていますが、ミドルレンジ帯とは思えないほどの仕上がりです。


また背景をボカす「ポートレートモード」が良い仕事をしてくれます!


また、夜景モードの仕上がりが人気です。

その他にもタイムラプスが使えるなど、遊び方は様々です。


 

写真ウンヌンよりもみんなセンスが凄いっスね


 

みんなもGoogle Pixel 3aを買ったら遊んでみてね!


Google Pixel 3aをYモバイルで使っちゃお!

Pixel3aをワイモバイルで使おう

 

ここからは、Pixel 3aをYモバイルで使う手順を解説していくね



まず、大まかな手順は以下のとおりです。

※因みに、Pixel 3aを購入される方は「電話番号を新規取得する方」、「キャリアから電話番号をMNPして乗り換える方」に分かれますのでそれぞれ説明しますね。

@電話番号を新規取得する方

電話番号を新規取得する方は以下の手順です。

GoogleストアでPixel 3aを購入

Yモバイルへ申し込む

SIMカードが届いたら筐体に挿し込む

APN設定をする

新規申込みの方は至ってシンプルで、ネットショッピングと同じ感覚でYモバイルを申し込むことができます。

 

初めての人でも分かりやすい申込み画面になっているし、チャット機能も備わっているから質問しながら申し込めるよ


新規申込みの方は、より申込みをスムーズにするために、

・本人確認書類(アップロードで使う)
・クレジットカード(引落先の登録)
・メールアドレス(メインで使っているのでOK)

を準備しておきましょう!


Yモバイル公式ページへ

Aキャリアから電話番号をMNPして乗り換える方

続いては、現在キャリアで使っている電話番号を、Yモバイルへ乗り換える方を見ていきましょう。

 

こっちの方が該当する人が多そうっスね


まずは、基本の流れを確認します。


GoogleストアでPixel 3aを購入

キャリアでMNP予約番号を取得する

Yモバイルへ申し込む

SIMカードが届いたら回線切替をする

APN設定をする


Yモバイルの申し込み内容は新規とほぼ同じですが、Yモバイルへ申し込む前に「MNP予約番号」を取得します。

 

なんスか?MNP予約番号って?


 

キャリアからYモバイルへ電話番号を引き継ぐ乗り換えチケットのようなものだよ



MNP予約番号は以下の電話番号に電話をかけ、オペレーターに「MNP予約番号の発行をお願いします。」とひと言伝えれば、そのまま流れに入ります。


・docomoの受付窓口:0120-800-000
・auの受付窓口:0077‐75470
・SoftBankの受付窓口:0800-100-5533

もちろん店頭に直接出向くのもありです。電話手続きが不安な方はショップに直接いってみましょう。

 

予約番号の取得オッケーっス!



ここで1つだけ注意ですが、MNP予約番号入手後2日以内しかYモバイルに申し込みできないので、取得後は早めの申し込みをするようにしておきましょう!!

 

後はYモバイルへ申し込むだけだね



では、以下のリンクからYモバイルの公式ページを開いてください↓

■参考ページ:https://www.ymobile.jp/

Yモバイルの公式ホームページにアクセスしたら、あとは画面に従って申し込みを進めるだけなので、およそ15分くらいで簡単に完了しますよ!

ワイモバイル公式ページへ

【重要!】キャンペーン情報はチェックしておこう!

Yモバイルで「SIMのみ」を申し込む場合は特典として「SIM単体特別割引」というスペシャルな特典が適用されます。

SIM単体特別割引

プランS

プランM

プランL

割引き額

400円×24回

600円×24回

400円×24回

割引き合計

9,600円

14,400円

14,400円

 

結構大きい金額を割り引いてくれるんスねー


また、この他に以下のようなタイミングで更に追加で10,000円の割引きになる時があります!

  • 大型連休(GWやお盆など)
  • 年末年始
  • タイムセール
  • 緊急開催

 

この2つを合わせれば最大で2万5,500円(税込)の割引きが受けられるから最新のキャンペーン情報は必ずチェックしようね!



キャンペーンをチェック!

YモバイルからSIMカードが届いたら回線切替を行おう!

YモバイルからSIMカードが届いたら、同封されている電話番号に電話をかけるだけで開通作業は完了します。


因みに、以前は自動的に回線が切り替わるのを待つ形でしたが、2018年12月から「WEB受注番号が「R」始まりの場合は、自動切換えではなく到着から6日以内なら自分の好きなタイミングで回線切り替えができるように大幅改善されました


 

自分のタイミングで切替ることができるのは嬉しいっスね


キャリアからYモバイルの回線が切り替わったら最後にAPN(初期設定)をしよう!

 

無事にYモバイルへの切替が完了したっスね


 

そしたら最後に、Pixel 3aにYモバイルのSIMカードをセットして、Yモバイルの電波をキャッチできるようにAPNって呼ばれている初期設定をしていこうか!


「APN」とか「初期設定」とか何やら難しそうですが、とっても簡単な作業なので、サクっとやってしまいましょう!

まずは、Pixel 3aにYモバイルのSIMカードをセットする

左側面にある小さな穴に付属品のSIMピンを挿し込むとSIMスロットが取り出せるので、向きを合わせて再び端末へと戻します。


※SIMカードの金色の部分には大切な情報が入っているので、あまりベタベタと触れないようにしましょう。もし、指紋などがついてしまったら乾いたタオルやティッシュで優しく拭き取れば大丈夫です。


 

▼SIMカードのセット後は、ホーム画面から設定>ネットワークとインターネット>アクセスポイント名の順で進んでいきます。

そうすると、「B」でYモバイルのAPN情報がありますので、そちらをタップするだけでAPN設定は完了となります。

※Pixel 3aとワイモバイルの組合せであれば問題ありませんが、もし、APN設定情報がない時は手動でAPN情報を入力してあげればいいだけの話です。因みに、「B」画像のワイモバイルの上にある「LINEモバイル」は手動で入力しました。

名前

ワイモバイル(好きなのでOK)

APN

plus.acs.jp

ユーザー名

ym

パスワード

ym

MCC

440

MNC

20

認証タイプ

CHAP

MMSC

http://mms-s

MMSプロキシ

andmms.plusacs.ne.jp

MMSポート

8080

APNタイプ

default,mms,supl,hipri

 

ワイモバイルは他の格安SIMよりも入力する箇所が多いからスペルミスには注意しようね


ワイモバイル公式サイトでもAPN設定手順は紹介されていますので、合わせて参考にしてくださいね。→ こちら

 

▼APN設定が正しく完了すれば、以下画像のようにアンテナピクト横に「4G」という文字が表記されます。これで完全に作業は終了となります!

APN設定が完了したのに、インターネットに繋がらない時の対処法について

APN設定が完了したにも関わらず、ネットに繋がらないという話はよく聞きますが、APN設定はとっても簡単な作業なのでうっかりミスが原因になっていることがほとんどです。

 

そんな時は、以下の項目をチェックしてみてね!



・しばらく待つ(30秒くらい)
・一度、再起動や機内モードON→OFFをしてみる
・SIMカードを一旦抜いてみる
・手動で入力したAPN情報を確認する


どの格安SIMにも共通することですが、APN設定直後、初めて電波を拾う時は時間がかかる時があります。

 

僕の場合はAPN設定直後は1回再起動しているよ


 

確かに機械関係って何かの作業やアップデートとかをすると「一度再起動します」ってよくあるっスよね


また、特に多いのが手動でAPN情報を入力した時のスペルミスです。手動の場合でネットに繋がらないの原因はほとんどコレが原因になっていることが多いので、入力後は保存する前に一度確認しましょうね!

Pixel 3aはやっぱりキャリアよりもYモバイルで使った方が安いの?

 

今さらなんスけど、やっぱりPixel 3aはキャリアよりYモバイルで使った方が安いんスか?


 

それじゃ1回表で解説するから一緒に確認していこうか!


まずPixel 3aは現在、Google公式ストア(SIMフリー版)docomo Online ShopSoftBank Online Shopの3か所で購入が可能です。

それぞれの端末価格は以下のとおりです。

Googleストア Googleストア:48,600円
ドコモ 46,656円(36回:1,296円「スマホおかえしプラグラム」)
ソフトバンク ソフトバンク:57,120円(24回:2,380円、48回:1,190円)


Pixel 3aの価格だけで比較するとドコモで購入するのが安くなっています。36回払い(スマホおかえしプログラム)なら1,296円でPixel 3aを購入することが可能です。


 

それはお得ってことっスか?


 

間違いではないんだけど、注意と契約が少しややこしいんだ


ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、ドコモが指定するスマートフォンを36回払いで購入した場合に、購入した端末を“返却”することを条件に最大12回分の支払いを不要(免除)とする2019年6月1日から実装さるドコモの新プログラムです。

一見、月々安く支払うことができ、最大で12回分の支払いが免除されるといったお得感を感じてしまいがちですが、スマホは必ず返却しなければならないので、常に端末代を支払い続けるループになってしまうので注意が必要です。

 

問題はスマホってずっと使い続けるアイテムだから、一時的な安さじゃなくて長い期間で考えるのが基本なんだ

実際に一般的な月額料金を以下表でまとめてみたよ


Googleストア+Yモバイル

ドコモ

ソフトバンク

端末代

48,600円

46,656円

57,120円

データ通信

プランM/9GB
1年目3,218円
2年目4,298円

〜5GB:5,378円

〜5GB
1年目5,918円
2年目6,998円

通話

10分かけ放題

5分かけ放題:756円

5分かけ放題:540円

月々の料金

1年目3,218円
2年目4,298円

6,134円

1年目6,458円
2年目7,538円

2年合計

90,192円

147,216円

167,952円


一目瞭然ですが、GoogleストアでSIMフリー版のPixel 3aを購入してYモバイルの回線で使うのが一番安く済む方法です。

※上記の料金表は一例なので、正確に知りたい方は毎月キャリアから発行されている請求書や管理画面から確認できる内訳とYモバイルの料金プランと比較するのが一番明確です!


また、YモバイルはSIMカード単体で契約することができ、この時上記でも少し触れた「SIM単体特別割引」が適用されるので、上記金額から最大で15,552円の割引になるのでかなり安くなります。


SIMのみの申し込みは上記の「SIM単体特別割引」の他に、年末年始・大型連休・タイムセールなど定期的に追加で10,000円の割引が行われるスペシャルキャンペーンが実施されるので、最新のキャンペーン情報は要チェックです!

まとめ:YモバイルでPixel 3aは安く使える!1つ1つ丁寧に申し込めばとっても簡単!

以上がGoogle Pixel 3aをYモバイルで安く使う手順でした。

最初にPixel 3aを自分で購入し、1人でYモバイルへ申し込むので初めての方はハードルを高く感じることがあります(僕もそーでした。)。

ですが、実際にやってみれば何てことはありませんし、1つ1つ順番どおりに進めていけばSIMカードが届く時間を抜いてトータル1時間で完了しちゃいます!

 

常にリニューアルされていって、申込みページもシンプルでわかりやすくなったっスよね


 

チャット機能ですぐに質問できるし、ほんとショッピング感覚だよね


スマホはこの先一生共にする必須アイテムなので、その分毎月のスマホ代もバカになりません。どうせ使うなら安く!賢く!運用していきましょう!


ワイモバイル公式ページへ