30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書IIJmio > IIJmioでiPadを安く使おう!

IIJmioでiPadを安く使おう!3GB月額900円で使えちゃうよ!

iijmioでiPadを使おう

2019年5月8日まで、iPadで使うデータSIMにも対応しているスペシャルなキャンペーンが開始されています!詳細はこちら

この記事ではIIJmioのデータSIMを使って、iPadを安く使う方法と手順を全て実機を交えて紹介しています

特にキャリアの子回線として、iPadを使っている方は要注意です

実は、キャリアの子回線として契約するよりも、IIJmio単体でiPadを使う方がグッと安く使えちゃうんです。

この記事を読めば、

・IIJmioで使った方がキャリアよりも安い仕組み
・IIJmioで使えるiPadシリーズ
・IIJmioでセット購入できるタブレット
・IIJmioでiPad

までがシッカリと理解できる構造になっていますので、iPadをIIJmioで運用したい方はぜひさんこうにしてください。

IIJmioのキャンペーン+タイアップキャンペーンは何とデータSIMも対象になっています!ほとんどのMVNOでiPadで使うデータSIMがキャンペーン対象になっていることはほとんど見かけませんので、キャンペーン期間中はチャンスですね!

↓限定タイアップキャンペーン↓

キャリアの子回線でiPadを運用すると実は高額!?

現在、iPadを使っている方の多くはキャリアの子回線(シェアプランなど)として契約されている方がほとんどだと思いますが、実は運用コストが高いのって知っていましたか?

 

え、そーなんスか?


 

試しにドコモの子回線(シェアプラン)で確認してみようか


ドコモでiPadを新規購入した時の運用コストについて

まずは参考例として、ドコモでiPad(32GB)を新規購入して、シェアプラン(子回線)で運用した時の月額料金を確認すると以下の通りです。

iPadドコモ利用時の金額

 

月々サポートや「GoGo!Pad割」とかの割引がついて月額3,000円以下で使えるから、それなりに安いんじゃないんスか?


ドコモ公式のシミュレーションで確認すると、上図のように「月3,000円ならまーいっか」と感じる方も多いかとは思います。

でも実は、この料金にはデータ容量の料金が含まれていません

上図の金額は「iPadを新規購入し、シェアプラン(子回線)として使うために必要な月額料金」なのです。

なので、実質的な運用料金は、以下の通りで考えなければなりません。

項目

金額(税込)

iベーシックシェアパック
<ステップ3>〜15GB

12,960円

家族3人+iPad
1台平均3.75GB

3,240円(a)

iPad新規購入+月額料金

2,916円(b)

合計
(a)+(b)

6,156円

 

運用コストを考える時は、全体で考えるのがポイントだよ


AppleでSIMフリー版のiPadを購入し、IIJmioで運用した時のコストについて

AppleでSIMフリー版iPad第6世代(32GB)を購入し、IIJmioの3GB(ミニマムスタートプラン)で運用した時の月額料金は以下の通りです。

項目

金額(税込)

Appleで購入 iPad第6世代:32GB

57,024円 (24回分割:2,376円※a)

格安SIM:3GB

平均972円※b

合計 (a)+(b)

3,348円

 

おー大体半額で運用できるんスね


 

IIJmioの凄いところは、iPadの支払いが終わった後なんだよ


iPadの端末代金が支払い終わった、25か月目以降のにかかる運用コストを比較

項目

金額

ドコモ

基本料金(データプラン+シェアオプション+インタネット接続サービス)+データ容量

2,916+3,240円=6,156円

格安SIM

3GB

972円

25ヵ月目以降は格安SIMの方が5,184円/月の節約になる

 

メッチャ安くなるんスね!


 

これは、ドコモの割引きサポートが終了したのも原因の1つなんだよ


ドコモの場合はiPadの支払い完了と同時に「Go!Go!iPad割」と、「月々サポート」の割引きが外れますので、「データプラン+シェアオプション+インタ-ネット接続サービス」の金額と、データ容量の合計された金額が25ヵ月目以降の金額となります。

一方、格安SIMの場合はドコモのような基本料金はなく、純粋にデータ容量の料金だけを支払うスタイルなので、iPadの支払いが完了した25ヵ月目以降は劇的に安く運用することが可能です。

 

なるほど!

IIJmioだと純粋にデータ料金だけを支払うシステムになるから、ドコモよりも安く使えるんスね!


忘れがちだけど、ドコモ利用のiPadにも2年縛りはある

以外に知らない方も多いのですが、ドコモを含むキャリアで購入したiPadにも2年縛りは存在します

なので、スマホ同様に契約更新月以外での解約は9,500円の契約解除料(違約金)が発生するんです。

「データプラン(スマホ/タブ)」の【2年間の定期契約なし】を選択すれば2年縛りは付きませんが、毎月の基本料金が一気に高くなってしまうので、ほぼ全ての方は【2年間の定期契約あり】を選んでいるかと思います。

料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ

 

これが「2年縛り」ってやつっスね


また、この後説明していきますがIIJmioでiPadを使う際には「データSIM」を使います。

このデータSIMには、キャリアのような2年縛りや契約解除料は一切ありません

なので、いつでも好きな時にゼロ円で解約することが可能です。

 

これがiPadをIIJmioで運用する最大のメリットなんだよ


 

運用コストが安くて、縛り・違約金がないとかって超優秀じゃないっスか!


キャリアでiPadを使う時はトータルコストに含まれてしまって、正確な金額があやふやになってしまう事がとても多いんです。しっかりと個々の計算をしてみると、iPadはIIJmioで運用した方がずっとお得なんですよね。

次はIIJmioで使えるiPadシリーズを確認していきましょう。

■ここまでのまとめ

・iPadをキャリアで使う時はトータルコストで考えよう
・2年目以降はキャリアの割引サービスはほとんど終了する
・同時に、2年目以降からはIIJmioの方が一気に安くなる
・IIJmioには2年縛りや違約金が一切ない

IIJmio公式ページへ

iPadをIIJmioで使えば月額1,000円以下での運用も可能!

iPadで格安SIMを利用する時は「データSIM」という方を選択します。(※データSIMの名称はMVNOによって異なります。)

IIJmioのデータSIMの容量と月額料金は以下の通りです。

プラン名

容量

月額料金

ミニマムスタートプラン

3GB

900円

ライトスタートプラン

6GB

1,520円

ファミリーシェアプラン

12GB

2,560円

IIJmioのデータSIMの料金プランは3GB/6GB/12GBまで自分に合ったプランが選択可能なので、また申込み後のプラン変更も可能なので最初は3GBを選んで様子を見るのもありですね。

家ではWi-Fi、外出時に少しだけ使うのであれば3GBで契約すれば月額900円以下で運用が可能です。

IIJmioの「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」って何が違うの?

 

そーいえば、IIJmioのデータSIMって「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」の2種類があるんスけど、何が違うんスか?


SMS機能とは本来、電話番号を使ったSMSメールを送ったり、認証システムの役割を持っていますが、iPad自体にSMS機能はありませんので、IIJmioでiPadを使う際には、「データ通信専用SIM」を選択します。

SMS機能付きを選んでも問題はありませんが、金額が高くなってしまうので気を付けましょうね。

iPadをIIJmioで使う時の料金と使えるiPadシリーズについて

上記でも少し触れましたが、IIJmioでiPadを利用する時は「データSIM」を使います。

また、このデータSIMにはドコモ回線のタイプDと、au回線のタイプAに分かれますが、タイプAにはSMS付きのデータSIMしかありません。

SMS付きのデータSIMでもiPadは使えますが、iPad自体にSMS機能はありません。

 

タイプD・タイプAでも使えるけど、タイプAにはSMS付きしかないから料金が高くなっちゃうんスね


タイプD(ドコモ回線)

シリーズは限られますが、ドコモ版のiPadも一部使えます。

・iPad mini 5 SIMフリー版 ←New!
・iPad mini 5 docomo版 ←New!
・iPad Air 3 (2019) SIMフリー版 ←New!
・iPad Air 3 (2019)ドコモ版 ←New!
・11インチiPad Pro SIMフリー版
・11インチiPad Pro docomo版
・9.7インチiPad SIMフリー版
・9.7インチiPad docomo版
・12.9インチiPad Pro(第3世代) SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第3世代) docomo版
・12.9インチiPad Pro(第2世代) SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第2世代) docomo版
・10.5インチiPad Pro SIMフリー版
・10.5インチiPad Pro docomo版
・iPad(第5世代) SIMフリー版
・iPad(第5世代) docomo版
・9.7インチiPad Pro SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第1世代) SIMフリー版
・iPad mini 4 SIMフリー版
・iPad mini 4 docomo版
・iPad mini 3 SIMフリー版
・iPad Air 2 SIMフリー版
・iPad Air 2 docomo版
・iPad mini 2 SIMフリー版
・iPad mini 2 docomo版
・iPad Air SIMフリー版
・iPad Air docomo版
・iPad(第4世代) SIMフリー版
・iPad mini SIMフリー版
・iPad(第3世代) SIMフリー版
・iPad 2 SIMフリー版
・iPad(第1世代) SIMフリー版

 

iPad 2 SIMフリー版とiPad(第1世代) SIMフリー版が使えるのは凄いっスけど、アンテナピクトは圏外表示になっちゃうんスね


ドコモ回線を確認してみる!

タイプA(au回線)

・iPad mini 5 SIMフリー版 ←New!
・iPad mini 5 au版 ←New!
・iPad Air 3 (2019) SIMフリー版 ←New!
・iPad Air 3 (2019)au版 ←New!
・11インチiPad Pro SIMフリー版
・11インチiPad Pro au版
・9.7インチiPad SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第3世代) SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第3世代) au版
・12.9インチiPad Pro(第2世代) SIMフリー版
・10.5インチiPad Pro SIMフリー版
・iPad(第5世代) SIMフリー版
・9.7インチiPad Pro SIMフリー版
・12.9インチiPad Pro(第1世代) SIMフリー版
・iPad mini 4 SIMフリー版
・iPad mini 3 SIMフリー版
・iPad Air 2 SIMフリー版
・iPad mini 2 SIMフリー版
・iPad Air SIMフリー版
・iPad(第4世代) SIMフリー版
・iPad mini SIMフリー版

タイプA(au回線)では全てテザリング機能が使えませんので頭に入れておきましょう。

また、タイプAは全て対応しているiPadがSIMフリー版のみとなっており、au版iPadは動作確認端末一覧では記載されていません。

もしも、au版iPadを使うならSIMロック解除をする必要があるけど、動作確認端末一覧に記載されてないから、使う場合は自己責任になってしまうので注意しておきましょう。

それならば、最初からau版iPadは動作確認がされている「マイネオ公式へ」で使う方が個人的にはオススメです。

au回線を確認してみる!

ソフトバンク版のiPadも同じく、IIJmioで使うよりはマイネオやb-mobileで運用するのがオススメ

同様に、IIJmioではソフトバンク版のiPadも動作確認が記載されておりませんので、ソフトバンク版iPadを格安SIMで運用したい時は、ソフトバンク版iPadで動作確認が取れている「マイネオ」や「b-mobile(190PadSIM)」で運用することをオススメします。

■ここまでのまとめ

・iPadはデータSIMを使う
・iPadにはSMS機能はない
・IIJmioで使うiPadはSIMフリー版とドコモ版のiPadを推奨
・au版iPadは「マイネオ」で使おう
・ソフトバンク版iPadも同じく確認が取れている「マイネオ」「b-mobile」などで使おう

IIJmio公式ページへ

IIJmioでデータSIMを契約する際の流れ

iijmio申込み

IIJmioでiPadを利用するために、SIMカードを契約する流れは基本スマホで契約する流れと変わりません。

実際に、IIJmioのデータSIMを申込んでみるから、申込みの手順が心配な人はこの記事を読みながら進めていってね

また、申込み時に用意しておくのモノは以下の2つです。事前に準備しておくとよりスムーズに申込みが完了するので先に用意しておきましょうね。

・引落し用のクレジットカード
・IIJmioから受信できるメールアドレス(既存のでOK)

それでは、やっていきましょう。

IIJmioのデータSIM申込み手順

「mio会員登録・お申し込み」をタップ

iijmio申込み

規約を読んで、同意欄にチェックを入れて「次へ」と進む

IIJmio申込み

「パッケージをお持ちでない方」にチェックで次へ

IIJmio申込み

パッケージは家電量販店でも予め購入できますが、持っていなくても直接申し込みは可能です。

「SIMのみ購入」を選択

iPadは既に持っていますので、SIMカードのみを申し込みます。

IIJmio申込み

回線・SIMカードの機能・プラン・オプションなどを選択します。

IIJmio申込み

 

SIMフリー版・ドコモ版のiPadであればタイプDを選びます。タイプAはテザリング機能が使えないので注意するんスよ


基本情報の登録とメールアドレスでの認証

住所氏名など基本的な入力と、登録するメールアドレスを入力し、「認証コードをメール送信」すると認証コード付きのメールが届きますので、それを使って先に進みます。

IIJmio申込み

mioパスワードとクレジットカード情報の入力

IIJmio申込み

この辺りは住所氏名といった基本的な入力を進めて行きます。「mioパスワード」はマイページにログインする時に必要になりますので、ここで好きなパスワードを決めたらメモしておきましょう。

最後に下記5つの注意事項を確認し、全てにチェックを入れ「この内容で申し込む」をタップすれば全て完了となります。

IIJmio申込み

申込み後、IIJmioから自動返信メールが届きますので、後はSIMカードが届くのをまちましょう!

IIJmio申込み

IIJmio公式ページへ

IIJmioからSIMカードが届いたらAPN設定をしよう!

iijmioの初期設定

IIJmioからSIMカードが届いたら、iPadでIIJmioが使えるようにAPNと呼ばれる簡単な初期設定を行っていきます。

IIJmioのSIMカードの画像

このiPadのAPN設定はどの格安SIMでも同じなので、一度できてしまえば今後は迷うことはありません。

 

一度、初期設定ができればもうマスタークラスっスね


最初に必ずiPadの電源を落としてから、SIMスロットを取り出し、IIJmioのSIMカードをセットします。

IIJmioのSIMカードの画像

【関連記事】
SIMスロットの取り出し方

構成プロファイルのインストール

次に構成プロファイルをインストールします。SIMカードと同封されていた説明書にダウンロード専用のURLとQRコードが記載されていますので、そちらに進みましょう。

IIJmioのSIMカードの画像

流れにそってAPN設定を進めます。

途中に確認で「警告」が表示されますが、全てのMVNOで表示されますので気にしないで先に進んで大丈夫です。

また、IIJmioでは専用のアプリを使ったAPN設定方法もあります。

IIJmioのSIMカードの画像

 

IIJmioのAPN設定はYouTubeでも用意されてるっス


ファイルをインストール完了後、Wi-Fi接続を切って、アンテナピクト横が「4G」に切り替われば全て完了です。

IIJmioのSIMカードの画像

APN設定が完了したのに、インターネットに繋がらない時の対処法について

iPadでIIJmioのAPN設定が完了したにも関わらず、ネットに繋がらない時は以下の方法を試してみてください。

・再起動してみる
・機内モードのON→OFFを切り替えてみる
・データ通信がオフになっていないか確認する
・端末の電源を切ってからSIMカードを入れ直す
・SIMカードの汚れを乾いた柔らかい布で拭く
・設定したAPNを削除し、改めて設定をやり直す

特に最初の一回目はIIJmioの電波を掴みにくい時があるので、APN設定後には1回再起動しちゃいましょう。

 

ここまでの操作を試してみてもインターネットに接続できなかったら、SIMカード自体のトラブルの可能性があるからIIJmioのサポートセンターに電話をかけて相談してみようね


IIJmioサポートセンターお問い合わせ窓口
0570-09-4400

 

これで、IIJmioを使ったiPadの作業は全部完了っスね!


iPadをIIJmioで使う時のメリットとデメリットについて

実際に僕がIIJmioをiPadで使った時に感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

iPadをIIJmioで利用する際のメリットとは以下の通りです。

1 維持費がとにかく安い
2 縛り期間がないので好きな時に0円で解約できる
3 データSIMでもキャンペーン対象になっている!

メリットの「1」「2」は、これまでの「コスト面」でも挙げてきた通りですが、iPadはキャリアよりもIIJmioの方で利用した断然安く運用できますし、契約更新月に悩まされることもありません。

特に大きいメリットがあるのが「3」になります。

多くのMVNOではデータSIMの月額料金が安いことから、対象になっているキャンペーンが少ないのがデータSIMの現状です。

ですが、IIJmioではデータSIMが対象になっているキャンペーンを行っている時がありますので、iPadで格安SIMの利用を検討している方は最新のIIJmioキャンペーン情報をチェックしましょうね。

キャンペーンページへ

デメリット

iPadをIIJmioで利用する際のデメリットは以下の通りです。

1 キャリアからIIJmioに乗り換える際に契約更新月以外だと違約金が発生する
2 Wi-Fiモデルでは格安SIMは使えない

デメリットですが、現在キャリア版のiPadをお使いの方は、IIJmioに乗り換える際に、契約更新月が合わなければスマホ同様に契約解除料(違約金)9,500円(税抜)が発生します。

この他に新規事務手数料(3,000円)もかかります。

一時的に出費となりますがキャリア利用分の2ヵ月分で元は取れてしまいますので、iPadをこの先利用していくのであれば違約金を支払っても格安SIMに乗り換えてしまった方がトータルコスパはお得ですね。

 

これからずっと使うわけだから、維持費もちゃんと考えるのがポイントだよね


最後に、デメリットというよりも注意です。

結構間違いがちですが、iPadには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」の2つが存在します。

キャリアで購入したiPadは全て「Wi-Fi+Cellularモデル」なので、キャリア版iPadを格安SIMで利用する際には問題ありません。

けれど、Apple StoreやApple公式サイトでは「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」の両方が販売されているので、IIJmioで利用するには「Wi-Fi+Cellularモデル」の選択が必要となります。

「Wi-Fiモデル」は格安SIMが使えないので注意しましょう。

まとめ:iPadは大手キャリアではなく、IIJmioで使えば大幅に安く使える!

以上が、iPadをIIJmioで使った方がお得な理由と申し込み手順でした。

正直、iPadを大手携帯会社で契約するのは凄くもったいないです。

iPadをIIJmioで運用すればコストも半分で済みますし、2年縛りや違約金もありませんので、この先フットワークも軽く使いこなすことが可能です

IIJmioはドコモ版、SIMフリー版のiPadで使うのが無難となってしまいますので、au版やソフトバンク版はそれぞれ合った格安SIM会社をつかいましょうね。

現在IIJmioでは、お得なキャンペーンが2019年5月8日まで開催されています。

IIJmioキャンペーン

また、解体新書との限定タイアップ(5/8まで)もあり、専用申し込みページからのお申し込みで通常キャンペーン+2GB×12ヵ月貰えちゃいますので、ぜひ活用してください。

↓限定タイアップキャンペーン↓

この他にもピックアップ端末が一括100円〜や音声通話SIMとのセット購入でギフト券3,000〜10,000円がもらえちゃうなど新学期シーズンならではのてんこ盛りです。第2弾は即完売だったので要チェックです!

詳細は最新のキャンペーン情報でまとめています。

IIJmio公式ページへ

メニュー

UQモバイル

今だけ当サイト限定キャッシュバック開催!キャンペーンの詳細はこちら

ランキングページへ

ランキングと一緒に最新のキャンペーン情報も丁寧に解説付きでレビューしています。