30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書IIJmio > 【HUAWEI nova 3】IIJmioなら5千円割引で購入可能!料金・スペック・レビューまとめ

【HUAWEI nova 3】IIJmioなら5千円割引で購入可能!料金・スペック・レビューまとめ!

iijmio-Huwei nova 3の実機画像

 

最近話題の「nova 3」がIIJmioなら5千円割引になるって聞いたんスけど、本当っスか?


 

本当だよ

しかもキャンペーンを併用すればもっとお得に購入できるよ


さてさて、HUAWEIからnova 2の後継機にもあたる「nova 3」が登場しました。

先に要点を言ってしまいますと、IIJmioでは現在HUAWEI nova 3を購入すると5千円分のAmazonギフト券を還元してもらえます。また、キャンペーンの併用で600円×6か月(3,600円分)も受けられちゃうので、今の時期はとってもお得なんです!

HUAWEIはコスパがメッチャ高いで有名で、SIMフリースマホの中でトップクラスに君臨し今や代名詞的な存在となっています。

そこで、今回はHUAWEI nova 3を実際に手に取って確認したので、スペックやnova 3をIIJmioで安く契約する手順をについてレビューしています。

ということで、この記事では、

・IIJmioでHUAWEI nova 3を購入する時の金額
・一緒に使えるキャンペーン
・HUAWEI nova 3の基本ポイント
・IIJmioへの申し込み手順や注意点

をしっかりと解説していきます。

これから、コスパ性が高いSIMフリースマホを探している方は、この記事が、あなたのスマホ選びの参考資料となれば嬉しいです。

それでは、いってみましょう!

↓限定タイアップキャンペーン↓

IIJmioで販売されているHUAWEI noba 3の料金

iijmio×Huwei nova 3

IIJmioでのHUAWEI nova 3の料金は以下の通りです。

HUAWEI nova 3

金額(税抜)

一括購入

49,800円

分割購入

2,080円/月×24回

 

分割購入なら月々2,080円っスね


 

これにキャンペーンを2つ加えると、もっと安くなるから確認していこうね


HUAWEI nova 3をIIJmioの2つのキャンペーンを使ってもっとお得に!

HUAWEI nova 3をIIJmioで購入する時に使えるキャンペーンは以下の2つです。

・スペシャルセール!スマホ大特価キャンペーン
・音声がワンコイン!キャンペーン
・IIJmioタイアップキャンペーン

この2つを併用すれば他社よりももっとお得にnova3が購入できます。

スペシャルセール!スマホ大特価キャンペーン

※このキャンペーンは5/8で一旦終了しています

このキャンペーンは対象のスマホを申込むとAmazonギフト券での還元やスマホ本体の割引などが受けられる期間限定のキャンペーンです。

キャンペーン期間は2019年5月8日まで。

HUAWEI nova 3を購入した場合は、Amazonギフト券5千円分を特典として受け取ることができます。

 

これでnova 3の実質価格44,800円(税抜)っスね


 

これにもう1つのキャンペーンを加えてことができるよ


シェアNo.1記念 スマホ代月額300円キャンペーン

これも同じく5月8日まで開催されているキャンペーンで、音声がワンコイン!キャンペーンは以下3のキャンペーンを全部受けることができます。

・初期費用1円
・音声通話機能付きSIM付帯料1,300円×3ヵ月割引
・データ通信量1GB×12ヵ月増量

IIJmioタイアップキャンペーン

2019年5月8日まで、上記の「音声がワンコイン!キャンペーン」のデータ通信増量に加えて、更に2GB×12ヵ月がプラスされちゃいます。

 

これで、3ヵ月の間は+3GBで使えるよ!


 

なかなかの大盤振る舞いっスね!


IIJmioでチェック!

HUAWEI nova 3の基本スペックや対応バンドを確認しておこう!

HUAWEI nova 3は基本性能が高めで、快適に動作するためキャリア端末からの乗り換えにも十分おすすめできます。

以下の表にHUAWEI nova 3のスペックをまとめたので、ご覧ください。

項目

スペック

CPU

Kirin 970

OS

Android 8.1 / EUMI 8.2

ディスプレイ

6.3型/TFT:2340×1080

メモリ

4GB

ストレージ

128GB

アウトカメラ

1600万画素+2400万画素AIカメラ

インカメラ

2400万画素+200万画素AIカメラ

バッテリー&外部端子

3750mAh
USB Type-C

カラー

ブラック、アイリスパープル

サイズ

73.7×157×7.3mm

重さ

約166g

HUAWEI nova 3のWi-Fi規格や対応バンドをチェック!

項目

スペック

Wi-Fi

802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth

4.2、apt-X、apt-X HD、HWA

ドコモ回線

フル対応

au回線

フル対応

au VoLTEはアップデートで対応予定

ソフトバンク回線

フル対応

ワイモバイル回線

フル対応

HUAWEI nova 3は国内モデルなので技適もしっかり取得しており安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

HUAWEI nova 3の対応バンド

・FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28

・TDD LTE: B38 / 40 / 41

・WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19

・GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

また、キャリアアグリゲーションにも対応しています。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルにフル対応

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルに関しては発売後から利用可能で、キャリアで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で利用可能となっています。

au回線はアップデートまでは見送りした方が吉

au回線はau VoLTEに対応予定ですが、公式サイトではソフトウェア更新により対応としていますので、発売直後は未対応の可能性があります。au回線で利用を考えている方は実機レビューなどで確認してから検討した方が良さげですね!

実際に今回のIIJmioでも2018年10月時点ではタイプD(ドコモ回線)に限られています。

iijmio:Huwei nova 3

このことから、現在auを使っている方がIIJmioへ乗り換える時はタイプD(ドコモ回線)を選択することになります。

実際、電話番号だけを乗り換える形になるから、そこまで心配する必要はないっスね

Wi-Fiは高速ac規格に対応しているよ!

最近では定番になりつつありますが、HUAWEI nova 3が対応するWi-Fi規格は以下の通りです。

Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4GHz/5GHz)

ちょっと小難しい話になってしまいますが、ac規格に対応していますので、自宅の固定回線を飛ばしている無線RAN機器がacに対応していれば、固定回線本来の速度を余すことなく伝達可能となっており、大容量なデータ通信が必要になる高品質のコンテンツ画も快適視聴することが可能です。

因みに、このac規格は同じくHUAWEI P20 liteにも起用されています。

HUAWEI nova 3の優れた機能はこれ!

HUAWEI nova 3はスリムながら6.3型の大型ディスプレイを搭載していますが、横幅は73.7mmと細くなっています。

高解像度なパネルを搭載。流行りのノッチ付きディスプレイ

ディスプレイだけを見ると、凄い大きく感じてしまいますが、流行りの縦長ディスプレイ(ノッチ付き)比率を採用していますので、横幅は従来の(16:9)の5.2型クラスとなっています。

また、HUAWEIの独自OSはノッチを隠す設定項目があり、ノッチが邪魔をするアプリもノッチ表示をオフにすることで表示欠けのない状態で快適に利用可能です。

男性の手で以下写真のような感じなので、女性の場合だと両手打ちになるかと思います。

iijmio-Huwei nova 3の実機画像

背面カメラはAIを搭載したHUAWEIらしいデュアルカメラを搭載

iijmio-Huwei nova 3の実機画像

HUAWEIと言えばカメラレンズが優秀で綺麗な写真が撮れるというイメージの方も多いと思います。

そもそもカメラレンズは端末の金額と比例するものですが、HUAWEIの凄いところは安価なモデルであってもズバ抜けたカメラ性能のユニットを搭載していることです。

HUAWEI nova 3はハイエンドSoCを搭載して6万円以下だけれども、「高コスパ」をウリにしているモデルですが、カメラの仕様はハイエンドモデルに劣らない凄い仕様となってます。

まず背面のカメラはHuaweiが得意とするカラーセンサー(1600万画素)+モノクロセンサー(2400万画素)の組み合わせとなっており、モノクロセンサーとカラーセンサーと組み合わせることで、クオリティーの高い写真が撮影できるのが特徴です。

iijmio-Huwei nova 3の実機画像

僕が気にいっているHUAWEI P20 Liteも安価な製品でしたが、写真のクオリティーは凄まじく、スマホカメラの最前線を突き進むHUAWEIの凄さが実感できました。

HUAWEIまた、 nova 3は前面と背面に2つのレンズをそれぞれ搭載していて、AI機能により被写体の内容を判断し、きれいな写真を撮れます。

HUAWEI nova 3のバッテリーをチェック!

次にHUAWEI nova 3のバッテリーをチェックしておきましょう!

大容量という括りは4,000mAhを超えてくると、そう呼ばれるので、ほんの少しだけ足りませんが、それでも一般的な機種と比較した場合は大容量の部類に入ることは間違いありません。

また、HUAWEI nova 3の規格自体は9V2Aの急速充電に対応しているので、充電器が9V2A出力に対応していると短時間で沢山充電できます。Snapdragonで言えば超急速充電のQC3と同じくらいの仕様となっています。

HUAWEI nova 3の注意点は2つ!

確認ということで、以下2つの注意点を見ておきましょう。

IIJmioでの購入はタイプDのみ

これは上記でも少し触れましたが、IIJmioでのHUAWEI nova 3の販売は現時点(2018年11月)ではドコモ回線にしか対応していません。アップデートが行われればau回線も使えると告知されていますが、現時点ではIIJmioではドコモ回線でしか提供されていません。

 

IIJmioで言えば、タイプD(ドコモ回線)っスね


おサイフケータイ、ワンセグ、防水防塵は非対応。あとNFCも非対応です

HUAWEI nova 3は大手キャリアが標準機能や仕様として搭載しているおサイフケータイ機能やワンセグ、防水防塵に対応していません。これらに機能を日常的に利用されている方は使い勝手が変わるので注意すべきポイントです。

また、おサイフケータイで利用するのはFeliCaですが、Huawei nova 3は残念ながら海外で主流となっているNFCにも非対応となっているのでこの点も知っておきましょう。

まとめ:5万円以下で購入できるハイエンドスマホ!キャンペーンを活用してもっとお得に入手しよう!

以上が、IIJmioでHUAWEI nova 3を購入した時の価格に加えて、基本的なスペックや機能でした。

・HUAWEI nova 3は一括49,800円(税抜)、分割2,080円(税抜)×24回
・AIカメラ搭載、背面&前面カメラがデュアルレンズで写真をキレイに撮れる
・画面が6.3インチで大きいながらも、スリムな本体
・キャンペーンを利用すればAmazonギフト券5,000円分の還元を受けて、お得に購入できる
・P20 liteやnova 2より価格が高く本体が大きい&重いが、CPUやカメラなどのスペックはnova 3が圧倒的に上

また、お財布との兼ね合いでもう少し安くというのであれば、断然「HUAWEI P20 lite」をオススメします!

このP20 liteは、IIJmio「コミコミセット」という端末+データ量+かけ放題がセットになったプランも用意されています。

データ通信量が3GBのみと決まっていますが、外でゲームや動画を視聴しない方、家や職場がWi-Fiという方なら月3GBでも十分に足りる容量となっていますので、ご自身が毎月使用する容量と相談してみてくださいね。


現在IIJmioでは、お得なキャンペーンが2019年7月3日まで開催されています。

IIJmioキャンペーン

また、解体新書との限定タイアップ(7/3まで)もあり、専用申し込みページからのお申し込みで通常キャンペーン+2GB×12ヵ月貰えちゃいますので、ぜひ活用してください。

↓限定タイアップキャンペーン↓

詳細は最新のキャンペーン情報でまとめています。

IIJmio公式ページへ

メニュー

UQモバイル

今だけ当サイト限定キャッシュバック開催!キャンペーンの詳細はこちら

ランキングページへ

ランキングと一緒に最新のキャンペーン情報も丁寧に解説付きでレビューしています。