30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > au回線の格安SIMについて詳しく紹介しています

au回線の格安SIMについて

 

格安SIMを取り扱っているMVNO業者の大半はドコモ回線を使っていますが、auユーザーにもちゃんとau回線を使ったMVNO会社は4社ほどあります。

基本、SIMフリーのスマホであればどこのMVNOでも利用することが可能ですが、今まで使っていたauスマホならSIMロック解除をしなくてもそのまま簡単に格安スマホへと以降できます

このページでは、おすすめのau回線のMVNO業者2社を取り上げて紹介しています。


現在(2018年4月)の時点でau回線を使ったMVNO業者は「マイネオ」と「UQモバイル」「IIJmio」などがあります。今までauのスマホを使っていて、そのままMNP(番号ポータビリティ)で格安スマホに乗り換える人は、「マイネオ」「UQモバイル」ならば基本SIMロック解除をしなくても格安SIMを差し替えるだけなので簡単です。

UQモバイルでは現在VoLTE SIMの登場により同回線のau端末でもSIMロック解除が必要な機種があります。特にiPhoneは回線ごとに異なるので申込みの際は必ず「動作確認端末一覧」をご確認ください。


仮に、SIMロック解除をすればドコモ回線のMVNOの利用も可能ですが、現状ちゃんと正常に稼働するか各MVNO社側で確認を取っていない所が多いので、よほどの理由がない限りは、au回線のMVNO会社を選んでおいた方が吉ですね。

特にauのMVNOでもドコモのMVNOでも月額料金の差はほとんどなく、SMS機能付きもありますし、建物内でも電波が届きやすい「プラチナバンド」といった特徴もあるので、わざわざリスクを取ってドコモ回線のMVNOを選ぶ必要はありませんよね。

au回線の人気MVNO2社

当サイト経由での申込みで人気のあるau回線を使ったMVNO業者を2社紹介したいと思います。

マイネオ

マイネオから「100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン」が開始となりました。月額基本料金から900円割引き×6ヶ月=5400円の破格キャンペーンになります。期限は2018年5月8日まで

au回線の他にドコモ回線も扱うマルチSIMに対応したMVNOとなります。

特徴としては、「自分の端末はちゃんと使えるのか?」という時に判断する「動作確認端末」数が業界一となっています。その他サポートにも特に力を入れており、マイネオユーザーが集まるコミュニティ「マイネ王」やユーザー同士で分け合える「フリータンク」や「パケットシェア」など独自のサービスがあります。

また、2018年4月には100万回線を突破しメキメキと成長しているau系格安SIMの代名詞に成長しています。

マイネオ公式ページへ

 

UQモバイル

UQmobile

mineo(マイネオ)よりも後に登場したUQ mobile。KDDIの子会社からの登場といったau本家といった注目の格安SIMになります。

料金プランはシンプルで、大きく分けると「3GBの高速回線」と「低速だが無制限」の2種類があり、どちらも需要度は高いです。どちらもデータSIM、通話SIMの両方があります。

UQ mobileは通信品質がネット上でも高い評価を受けていて、実効速度はプラチナバンドを引っさげて数ある格安SIMの中でもトップクラスとも言われています。

プラン

月額料金

最大受信速度

データ高速プラン

980円

150Mbps

データ高速+音声通話プラン

1,680円

150Mbps

データ無制限プラン

1,980円

500kbps

データ無制限+音声通話プラン

2,680円

500kbps

無制限プランは、500kbpsといった、本来利用制限がかかった時は200kbpsなのでソレに比べたらサクサクとは行きませんが、LINE、TwitterなどのSNS系は問題ありません。動画やFacebookに動画をアップロードするといった重い作業は無理です。Wi-Fi環境で実行するのをおすすめします。

UQモバイル公式へ