30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > まだまだ現役「iPhone SE」を新規購入で安く運用しよう!

まだまだ現役!「iPhone SE」を格安SIMのセット購入で安く運用しよう!

新学期シーズンになると親御さんからご質問メールを受けるのですが、iPhone SEはスペックが高く、発売から日数が経過してるのもあって安く購入できることから現役で人気度は高いです。

 

最近は5インチ以上が定番になってるっスから、4インチ且つハイスペックのiPhone SEは重宝っスよね


そんな「iPhone SE」はいまでは格安SIMとセット購入できるMVNOも増えています。

iPhone SEがセット購入できるMVNO

そこで当サイトではピックアップして3社ご紹介しますので、参考になれば幸いです。

楽天モバイル

TVCMでもお馴染みの楽天モバイルの「スーパーホーダイ」に含まれる特典の「長期優待ボーナス」を絡めればiPhone SEの端末代が最大で20,000円割引になります。

最大20,000円は3年縛りになりますが、中高3年間と考えれば全然アリです。

また、3年契約の一括払い(21,800円)してしまえば、残りはスーパーホーダイの1,980円(プランS)〜のみの月額料金になるので、キャリア契約を考えるとかなり優しいので個人的にはおすすめですよ!

僕はスーパーホーダイでiPhone6sの方を購入しました。別ページで購入申込みから初期設定まで実際の画像付きで丁寧にレビューしています。機種は異なりますが流れは同じなので、是非参考にして頂ければ幸いです。

↓ ↓


iPhone SE(端末代)+5分かけ放題+データ量に加え、低速通信時でも1Mbpsをカバーしてくれる他、データ繰越など基本が備わってバランスが取れていますので、初めての方でも使いやすいのが特徴ですね♪

楽天モバイル公式へ

ワイモバイル

ワイモバイルでも「iPhone SE」と「iPhone 6s」をセット購入できます。ワイモバイルは格安SIMというジャンルとは少し異なり、正確にはSoftBankの子会社(サブブランド)的な位置づけとなりますので通信速度は折り紙付きです。

料金プランもキャリアと違ってシンプル仕様ですし、申込み時は料金シミュレーションと同時進行で行われるので初めての方でもひと目で理解できるのが嬉しいポイントだと個人的に感じています。

この後説明する「UQモバイル」と比較すると分かりますが、ワイモバイルとUQモバイルの料金プラン仕様はほぼ同じです笑

お互いライバルということもありますが、「ワイモバイルはSoftBank回線」「UQモバイルはau回線」になりますので、馴染みのある方で僕は良いと考えています。

ワイモバイルも実機レビューがありますので、参考にして頂ければ幸いです。

↓ ↓


ワイモバイル公式へ

UQモバイル

一方「UQモバイル」はKDDIの子会社(サブブランド)になり、上記のワイモバイルと同じ位置づけになります。

UQモバイルも基本の料金プランはワイモバイルと同じですが、無料通話が月合計分無料の「ぴったりプラン」とずっと5分以内の通話が無料になる「おしゃべりプラン」に分かれていますので、自分が希望する方を選びましょう。

また、UQモバイルは余ったデータ量を翌月に持ち越せるのがポイントです。ワイモバイルは翌月に持ち越せませんので、データ繰越機能面ではUQモバイルに軍配が上がります。

また当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンも実施中です。

UQモバイル公式へ

18歳以下の学生であれば「学割キャンペーン」を使うのもヨシ!

iPhone SEの購入者が18歳以下の学生であれば更にお得に新規契約できる「学割キャンペーン」というものがあります。

中でも今年のUQモバイルの学割キャンペーンは基本使用料が3ヵ月無料、データ量増量、無料通話分増量と嬉しい仕様になってます。より詳しい内容については別ページでまとめてありますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。


UQモバイル公式へ

同じくワイモバイルも18歳以下対象で「タダ学割」が行われています。基本内容はUQモバイルと同じ3ヵ月間の基本料無料とデータ容量が機種変更までずーっと2倍となります。

 

ホント学生ってメッチャお得っスよね



ワイモバイル公式へ

この記事は2018年3月5日に更新しました。