30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書格安スマホの豆知識 > LINEだけやりたいけど、安く使える格安スマホはどれ?

LINEだけできればいいので、月額料金の安い格安スマホ端末はどれがいいのか?

突然ですが、LINEだけ使いたくてスマホを探していませんか?


 

最近、僕の妻から聞いた話しですが小学校や中学校の連絡や、ママ友などLINEのグループ機能を使った手段を使っているのが増えてきており、LINEをやるだけの為にスマホを購入する人も多いそうです。


格安スマホなら端末込みでも月額2,000円以下余っているスマホを使えば月額700円以下で運用が可能です!

スマホでLINEだけしたい!
とにかく安くスマホを持ちたい!
実際格安SIMの申込みはどうやるの?

これらに該当する方は是非参考にしてください。
では、いってみましょう!

LINEなどの連絡手段の為にスマホを持つ人が急増中!?

冒頭でも書きましたが、今は学校の連絡事項や町内の連絡にLINEのグループ機能を使っている方達が増えています。ガラケーでもLINEはできますが、その為にスマホを購入しようとする方もいるでしょう。

また、中学生になると習い事や両親の共働きといったことからお子さんにスマホを持たせる人もいますし、友達同士の付き合いでLINEがないと話についていけない。といった心配もあります。

けれど、わざわざその為にキャリアで新規にスマホを契約するのは簡単ですが、毎月の支払いで約6,500円以上もかかるのは家計を圧迫させてしまいます。

もし、LINEをメインと考えいるのであれば格安スマホ+格安SIMの組合せを使えば月額3,000円以下で運用することが可能です。場合によっては月額1,000円以下にだってなります!


楽天モバイル:データSIM3.1GBプラン)


LINEモバイル:データSIM1GBプラン)

この記事では、その方法を詳しくご紹介したいと思います。

LINEをメインに考えるなら、ハイスペック機は必要無い

まず、この記事の趣旨でもある「LINEだけを使いたいけど、安く済む方法はないのか?」ですが、LINEをメインで考えるのであれば、ハイスペック端末は全く必要ありません。

スマホ自体は最低限の機能が備わっているライトスペック端末から、カメラ機能やその他の高度な機能を持ち合わせているハイスペック端末といった物もあり、スマホと一言でいっても価格は1万円以下〜10万円まで幅広く存在します。

LINE自体はとても軽いアプリなので、1万円以下〜1万ちょいの端末で全く問題なく使えます。

なので、何も知らないでケータイショップに行くと、言い方は悪いですが「カモ」になってしまいます。

そこで登場するのが格安スマホと呼ばれるSIMフリー端末になります。

キャリアが扱う端末は基本的に最新モデルを扱っていますが、SIMフリー端末は性能や価格帯に応じて選択肢の幅が広く数多くの端末が発売されています

最近では、格安スマホという名前もだいぶ浸透してきており、その格安スマホを扱う楽天モバイルマイネオLINEモバイルといったCMも多く見かけるようになっていますよね。

月額料金を安くするのであれば、こういった格安SIM(MVNO)を使えば月額料金が四分の一以下で済ませることが可能ですし、LINEだけで使うなら月1,000円以下で余裕で使えます。

初心者はセット購入がおすすめ

それでは、なるべく安く済ませるためには最低限の機能を持ったスマホを手に入なければなりませんが、端末を入手する方法は、

●Amazonで購入する
●専門のネットショップで購入する
●格安SIMとセットで購入する

という幾つかの手段があります。もっとも簡単な方法は「格安SIMとセットで購入する」です。

Amazonや中古ショップでも購入できますが、格安スマホを使うには、格安SIMカードを扱う会社(楽天モバイル、マイネオなど)と契約しなければならないので、別々に購入するのは少し難易度が上がります。

専門の格安SIM会社(MVNO)であれば、1回で済みますし、分からない事は聞けますし、色々な面で楽です。また、セット購入であれば各会社が行っているキャンペーンもありますので、別々に購入するよりもお得になります。

安く済ませるならデータSIMで運用する!

格安SIMには2種類があり、090などの番号がある「音声通話SIM」と、インターネットのみが使える「データSIM」があります。LINEはアプリなので、インターネット接続さえ出来れば問題ありませんので、「データSIM」を使えばOKです。

データSIMは音声通話SIMの約半額で使え、1GBで月500円〜600円前後で使えます。

例でLINEモバイルで料金プランを見てみると以下のような感じです。

 

LINEだけ使いた時って、考えてたよりもずっと安く使えるんスね!


申込み方法はどうやるの?

この先でも解説しますが、LINEだけがメインであれば090/080といった電話番号は必要ありませんので格安SIMの「データSIM」というインターネットメインのSIMカードを申し込みます。

実際の申込みの流れは以下の通りです。

1.MVNOに申し込む
(端末+データSIM)

2.届いたらAPN設定をしてあげる

たったこれだけです。

また、データSIMと格安スマホとのセット購入は、電話番号ごと乗り換えるMNP乗り換えと違ってとても簡単でネット通販と同じ感覚で申し込めるので初めての方でも簡単です。

Step1 MVNOに申し込む

それでは実際にLINEモバイルを例にして申込みの流れを見ていきましょう。

LINEモバイル公式へ

▼乗り換えじゃないので、「新規申込み」を選択します。

▼プランを決める。

LINEモバイルはLINEのパケット量をカウントしない「データフリー機能」が備わっているので、1GBでも十分に使えます。

また、「LINE(インターネット)だけしか使わないから、電話番号は必要ない」という方は「データSIM」を選びましょう

▼端末+SIMカードを選択し、希望する端末を選びます。

この後でも解説しますが、「余っているスマホを復活させて使う方」は【SIMカードのみ】を選択します。

▼支払い方法(一括・分割)を選択します。

▼基本情報の入力

住所、クレジットカード情報の入力、ログインIDの作成、本人書類のアップロードなどを行います。

入力情報に間違いがあると申込み後、メールが届き再申込みなので注意。

アップロード忘れが結構あるので必ず提出しましょう。スマホからの申込みであれば先に写真を撮っておくとスムーズです。

▼これで全て完了です。
後は端末をSIMカードが届くのを待ちましょう。

今回はLINEモバイルを例にして挙げましたが、他MVNOも基本の流れは同じになります。

また、「何処の格安SIM会社がいいのか?」になりますが、これはタイプが分かれます。

個人的にはLINEだけの使い方がメインであれば、パケットを消費しないLINEモバイル月額500円(税抜)で使えるので個人的にはお勧めですが、端末が少ないので豊富に選ぶのであれば「楽天モバイル」が良いでしょう。

また、LINEアカウントを新規取得する際はSMS認証が必要になりますので、LINEモバイル以外の格安SIMを申し込む際は「SMSありのデータSIM」を選びましょう

・トコトン安く使いたいなら「LINEモバイル
・端末を選びたいなら「楽天モバイル

この後解説しますが、「余っているスマホを使いたい」のであれば、対応機種が豊富な「マイネオ」が選択肢に加わります。

Step2 APN設定(初期設定)をしよう!

端末とSIMカードが届いたら端末にSIMカードをセットして、APN設定と呼ばれる初期設定を行います。「APN設定」って聞き慣れない言葉ですが、格安SIMを使えるようにする設定という認識で大丈夫です。

↓ ↓

Androidスマホは数あるAPN情報の中から選び、iPhoneは専用の構成プロファイルを1つインストールするだけで完了します。

これで全て完了です!


LINEモバイル:データSIM1GBプラン)

 

毎月このくらいの金額ならお財布にも優しいっスよね


APN設定に関しては別ページにてiPhoneとAndroid別に解説していますので、もっと詳しく知りたい方はコチラを参考にしてくださいね♪

↓ ↓


おすすめの格安スマホを2機種ご紹介

ZTE BLADE E01(LINEモバイル)

LINEはもちろん、ネット検索や軽めのアプリであれば問題なく使えるのが「Blade E01」になります。取り扱いMVNOはLINEモバイル、分割払いはできませんが13,800円とリーズナブル価格となっています。

またLINEモバイルは、LINEで使う全てのデータ量がカウントされない「データフリー」が最大の売りなので、最小のデータ容量1GB・データSIMであれば月額500円で運用が可能となります。

実際に「Blade E01」をLINEモバイルで使ったレビューもありますので、合わせてご参考になれば幸いです。

レビューはこちら

現在(2018年5月)LINEモバイルではBLADE E01は全カラー品切となっていますので代わりに「GRAND X LTE」でもスペックは同じです。

LINEモバイル公式へ

ZTE BLADE E01(楽天モバイル)

ZTEから発売された、お買得プライスの最新スマートフォン「BLADE E01」になります。価格は680円となり、24回払い時で30円で購入が可能です。(キャンペーン利用時)

LINEやSNSを楽しむといったニーズに応えられる低価格となっています。「こんなに安いスマホで大丈夫?」と心配になる方もいるかと思いますが、5インチのHD解像度ディスプレイや、64bit対応のクアッドコアCPU、800万画素のカメラといったイマドキのスマートフォンなら最低限、満たして欲しいスペックをしっかりと抑えているてのお値段となっており、お買い得感はバツグンです。

楽天モバイルセット購入が可能です。時期によってはキャンペーン対象になっているので、一度チェックしてみてください。

現在(2018年5月)ではキャンペーンでZTE BLADE E01より、後継機の「ZTE BLADE E02」の方がお得です。

楽天モバイル公式へ

もう少し予算が出せるなら「ZenFone 4 MAX」もおすすめ

お財布との相談になりますが、もう少し予算が出せるのであれば人気ASUS社の「ZenFone 4 MAX」が個人的にお勧めです。スペックはエントリーモデルになりますが、このクラスであれば今後そのままスマホを楽しみたいという方でも十分過ぎるほどのスペックとなります。

LINEモバイル、楽天モバイルのどちらでも取り扱いとなっています。

LINEモバイル公式へ

楽天モバイル公式へ

使っていないスマホがあれば格安スマホとして復活させよう!

前半では端末+SIMカードのセット購入についてでしたが、現在「使っていない(余っている)スマホ」があればSIMカードだけ申込み、格安スマホとして復活させLINEだけ使うことだって可能です。

この場合、メリットは端末代がかからないのでとても安価で運用できるので、もし機種変更した時に手元に残っているスマホがあれば是非参考にしてください。

申込みは「SIMカードのみ」を選択しよう!

基本的な申込み方法の流れは変わりませんが、既に端末は持っていますので申込みは「SIMのみ」を選択します。

↓ ↓

SIMカードのみを選んだ時は必ず「SIMサイズ」も一緒に聞かれますので、ご自身が持っている機種にあったSIMサイズを選びましょう。

iPhoneであればiPhone5以降は全て「nanoSIM」となります。Androidも最近の機種はほとんど「nanoSIM」ですが、不安な方はMVNO公式ページにある「動作確認端末」で確認しましょう。

SIMサイズは一度申込みを完了してしまうとキャンセル出来ません。届いてからSIMサイズ交換扱いとなり事務手数料が3,000円(税抜)かかってしまうのでシッカリと確認しましょうね!

LINEアカウントを取得する時は「SMSあり」を選択しよう!

セット申込みの解説でも少し触れましたが、目的が「LINEだけ使いたいから、なるべる安くなる運用方法を探してる」のであれば、データSIMを選択します。

このデータSIMですが、MVNOによっては選択時に「SMSあり」と「SMSなし」という時があります。

 

SMSありってなんスか?


SMSとは認証の役割をする機能で、LINEの新規アカウント取得時で必要となります。

仮にSMSが無くても認証時にFaceBookアカウントや固定電話を代用すれば新規アカウントは取得できますが、いまでは犯罪防止の為にSMS認証が使われているサービス・アプリも増えていますので、SMS機能は付けておいた方が良いでしょう。

完全にLINEのみの専用で使うなら、LINEモバイル一択

LINEモバイルの特徴は主要SNSアプリ(LINE・FaceBook・Twitter・Instagram)にかかるデータ量がカウントされない「データフリー」がウリとなっており、その中の「データSIM」選択で、1GBプランは「LINEフリープラン」と呼ばれ、LINEのみデータ量がカウントされない仕様になっています。

なので、完全にLINEのみの使用でスマホを持ちたいのであれば月額500円(税抜)で運用が可能となります。


LINEモバイル:データSIM1GBプラン)

LINEモバイル公式へ

ただし、LINEモバイルは「ドコモ系」の格安SIMになるので、対象端末はドコモ版のスマホになります。

au版のスマホであれば「マイネオ(Aプラン)」、ソフトバンク版のスマホであれば「b-moible」(iPhone限定)が個人的にオススメです。

マイネオ公式へ

b-mobile公式へ

まとめ

LINEは本当に便利なアプリで僕も家族とのやり取りは全てLINEで済んでいます。ガラケーをそのまま使いたい方も、端末込みでも月2,000円ちょっと、端末があれば月1,000円以下でLINEを使うことが可能です。

もし端末選びに困ったり、疑問などがありましたら僕で良ければ相談に乗りますので、「お問い合わせ」から気軽にメールを頂けばなっと思います。

以上で、完了となります!
長々お疲れ樣でした!!

LINEモバイル公式へ

楽天モバイル公式へ