30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルがau回線提供開始!変更点・情報まとめ

楽天モバイルがau回線提供開始!変更点・情報まとめ

楽天モバイルがau回線の取り扱い開始

楽天モバイルユーザーのみなさん、楽天モバイル検討中のみなさんに速報です。

2018年10月1日より、楽天モバイルからau回線が提供され始めました。

といことで、とりあえずこのニュースをまとめてみます。

この記事さえ読めば

・au回線が加わったことによる変更点
・au回線利用時の注意点

の2点がしっかりわかる構成となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

↓乗り換え方法をチェック↓

楽天モバイルの申込み手順

楽天モバイルで10月1日からau回線追加!

楽天モバイルがau回線の取り扱い開始

楽天モバイルのソフトバンク回線は、2018年10月1日より追加されました。

料金プランはドコモ回線とほとんど同じだが、スーパーホーダイプランには対応していない。

まず、気になる料金プランですが、これは、今までのドコモ回線と全く変わりません。

組み合わせプラン

通話SIM

050データSIM
SMSあり

ベーシック

1,250円

645円

3.1GB

1,600円

1,020円

5GB

2,150円

1,570円

10GB

2,960円

2,380円

20GB

4,750円

4,170円

30GB

6,150円

5,520円

「スーパーホーダイ」と組み合わせプランの「データSIM(SMSなし)」は除外されている

au回線では契約年数に応じて、月額料金が割引になるスーパーホーダイのプランは選択できません。また、組み合わせプランのデータSIM(SMSなし)も除外されています。

 

完全ノーマルの通話SIMとデータSIMしか選べないってことっスね


 

かけ放題を希望する人は別途オプションで月額850円のかけ放題に加入すれば問題なしだね


※個人的な感想ですが、最初からかけ放題を希望する方は、同じau回線を扱う「UQモバイル」を選んだ方が得策です。

限定の現金キャッシュバックも受けられるので、トータルコスパも抑えられます。キャッシュバックについての詳細は最新のキャンペーン情報を参考にしてください。

au回線での楽天モバイルのはじめかた

楽天モバイルで扱うSIMフリー端末画像

 

楽天モバイルでau回線に対応しているSIMフリースマホってどうやってわかるんスか?


 

今回のau回線の取り扱いスタートと同時にSIMフリー端末のページもリニューアルされたんだ

端末ごとに「ドコモ回線」「au回線」が表示されているよ


また、今回絞り込み機能も追加されているので「au回線」を選択して、絞り込みをかければひと目でわかるようになっています。

楽天モバイルの端末一覧の画像

販売端末一覧へ

いま使っているauのスマホも楽天モバイルで使える

いま使っているau版のスマホもSIMカードを挿し変えれば楽天モバイルで利用することは可能です。

ただし、機種やシリーズによってはSIMロック解除が必要になる

SIMロック解除のイラスト

現在auでお使いのスマートフォンも楽天モバイルのSIMカードを挿し変えれば利用可能ですが、機種によってはSIMロック解除が必要になるので注意しましょう。

例えば、下記図は楽天モバイル公式で掲載されているiPhoneシリーズの利用状況になります。

楽天モバイル利用時のiPhoneの対応状況の画像

2018年10月1日時点では、au版のiPhoneX/iPhone8/iPhone8 PlusであればそのままSIMカードを挿し変えるだけでそのまま利用可能ですが、iPhone7以降はSIMロック解除が必要となります。

また、au版AndroidスマートフォンもSIMロック解除が必要になります。

・au版iPhone7以降はSIMロック解除が必要
・SIMロック解除不可のiPhone6以降は楽天モバイルでは使えない
・au版Androidスマホは全てSIMロック解除が必要

 

SIMロック解除って難しいんスか?


auのSIMロック解除は考えているよりもずっと簡単で、My auから5分もあればSIMロック解除は完了します。別記事でauのSIMロック解除について詳しくレビューしていますので、合わせて参考にしてください。

楽天モバイルのau回線ではテザリングが使えない

楽天モバイルに限ったことではありませんが、au回線ではテザリング機能が使えませんので、頻繁にテザリング機能を使う方は注意しましょう。

まとめ:au回線の取り扱いは吉報だが、まだまだ改善点はあり?

これで楽天モバイルもドコモ回線とau回線を扱うマルチMVNOとなりましたが、個人的にはまだ以下の理由から改善の余地があると感じました。

プランは「組み合わせプラン」の通話SIMと050データSIMのみ
au版iPhone7以降はSIMロック解除が必要
au版iPhone6以降(SIMロック解除非対応)は使えない
au版Androidスマホは全てSIMロック解除が必要
かけ放題はオプションが必要になる
au回線でテザリングは使えない
au回線でのキャンペーンが乏しい

契約期間に応じて、大幅な月額料金が安くなるスーパーホーダイが現時点(2018年10月1日)で未対応となっていますので、一般的な通話SIMでの扱いになります。

また、au回線開始のキャンペーンもありませんので、現在au回線で人気の「UQモバイル」や「マイネオ」には正直負けてしまっている状況です。

これから新規でSIMフリー端末を購入する方」、「ドコモ回線を契約する方」には恩恵がとても強いですが、au回線は今後に期待というのが僕の感想です。

au回線であれば現在は、上記でも触れたUQモバイルやマイネオでキャンペーンが行われていますので、そちらも合わせて検討することをオススメします。

UQモバイル公式へ

マイネオ公式へ

大手キャリアから楽天モバイルの乗り換え方法のみを知りたい方は、「【超まとめ】初心者でも100%失敗ゼロ!キャリアから楽天モバイルに乗り換える(MNP)手順を画像付きで解説!」を参考にしてください。

楽天モバイルキャンペーン

また、楽天モバイルでは現在、「SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン」が8月8日まで開催されています。人気の「HUAEI nova 3」「HUAWEI nova lite 3」「AQUOS sense2 SH-M08」、安定の「ZenFone 5」を含む全15機種が対象となっています。

SIMフリー機種の実機画像

詳細は最新のキャンペーン情報でも紹介していますので、合わせて参考にしてください。

楽天モバイル公式へ