30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 楽天モバイルの「スーパーホーダイ」を丁寧に解説

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」-容量を使い切っても1Mbpsで通信可能

楽天モバイルスーパーホーダイ

2018年6月14日より楽天モバイルで新プラン「スーパーホーダイ」がリニューアルされました。

一番のウリが「容量を使い切っても1Mbps通信が使い放題」という内容になっています。本来であればデータ容量を使いきってしまうと低速通信の200kbpsまで落ち込みますが、それが1Mbpsで使えるという点。

この他にも契約年数に応じて、月額料金が割り引かれる特典が追加されました。

この記事ではそんな「スーパーホーダイ」の特徴や注意点、本当にお得なのか?に焦点を絞って解説していますので、気になる方は参考にして頂ければ幸いです。

先に公式サイトで直接確認したい方はこちらからどうぞ。

楽天モバイル公式へ

楽天モバイルの新プラン「スーパーホーダイ」の特徴について

「スーパーホーダイ」の基本的な内容は以下の4タイプです。

2GB(プランS):1,980円
6GB(プランM):2,980円
14GB(プランL):5,980円
24GB(プランLL):6,980円

このスーパーホーダイは契約期間に応じて、月額料金が2年間ずっと(500円・1,000円)割引きになるお得なシステムです。

例えば、最小のプランS(2GB/月)を3年契約で申し込んだ場合、長期割引きが適用され上図のように2年間ずっと月額料金から1,000円割引き(24,000円分)さて、残り1年は2,980円での利用となります。

また、各プランデータ通信容量を使い切っても、下りが1Mbpsの通信速度で使い放題になりますので、仮にデータ容量を使い切ってしまったとしても、チャージといった追加料金を支払わなくても高速通信が利用できる。といったプランです。

 

追加チャージは1GB980円って高いっスからね〜


その他に「楽天でんわアプリ」を使えば5分以内の通話が何回でも無料でかけられる「5分かけ放題」もセットになっています。仮にオプションで付けた場合は月額850円かかるので、これはお得ですね。

 

2018年7月1日からお値段そのままで、10分かけ放題に切り替わるっス

既にスーパーホーダイを使っている人も、7月1日前に申し込んだ人も全員自動的に切り替わるから大丈夫っスよ


楽天会員ならよりお得に

楽天会員であれば月額基本料が1年間500円割引きになり、更にダイヤモンド会員であれば追加で500円割引きとドンドン安くなります。

 

楽天はこういった連携特典がかなり強力なので、楽天の買い物、クレジットカードなどで固めるとドンドン安くなるのが一番の魅力ですね。


今回の「スーパーホーダイ」の料金価格は楽天会員になっていることが前提の料金プランなので、まだ楽天会員に登録していない方は先に登録を済ませてからにしましょう。

スーパーホーダイの詳細を見てみる

契約の自動更新がないのが嬉しい

キャリアでは当たり前な話ですが、「スーパーホーダイ」も通常のプランと同様に、仮に3年契約をしてその期間が終わると同時に勝手に自動更新ということはありませんので安心です。

 

契約更新月ってうっかり忘れることが多いっスからね


なので、最低利用期間が過ぎればいつ解約しても転出しても違約金はかかりませんし、好きな時に他社へ移動できます。

スーパーホーダイの違約金について

スーパーホーダイの最低利用期間内の違約金は通常とはことなりますので、チェックしておきましょう。

1年契約:1年目に解約した場合、違約金9800円。2年目以降0円
2年契約:2年以内の解約9800円、3年目以降0円
3年契約:3年以内の解約9800円、4年目以降0円

上記でも少し触れましたが、契約期間(最低利用期間)を過ぎれば、いつ解約しても違約金は0円となります。

確認しておきたい、スーパーホーダイの注意点について

申し込む前の注意点をざっと確認しておきましょう。

時間帯によっては300kbpsの制限があり

公式にも記載されていますが、通信が混み合う時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)は最大300kbpsとなります。理論速度なので、実際は300kbps以下になることは予測されますね。

違約金は契約年数に注意

こちらも上記でも触れましたが、2年3年契約の場合はその契約年数以内に解約すると9,800円がかかりますので、申込み後の即解約は注意してください。

ちゃんと使う分には、かけ放題付きで月額料金が凄く安く使えることができるのでお得ですね。

いま一度自分に通話が必要が確かめよう

「スーパーホーダイ」は5分かけ放題がセットになっているプランです。端末代の割引きも魅力ですが、普段LINEトークやLINEの無料通話で事足りている人はワザワザ5分かけ放題は必要ありません。

通常の通話SIMであれば3.1GBで月額1,600円(税抜)になるので、シンプルタイプの方が結果安くなります。

まとめ

楽天モバイルスーパーホーダイ

かけ放題を最初から視野に入れている方であれば、追加オプション無しといった基本料金のみで使えるので、とても魅力なスーパーホーダイだと言えます。

更にデータ量を使い切っても約1Mbpsが出るのも魅力です。息子にスーパーホーダイを使わせていますが、マルチ対戦のアプリでも結構普通に遊んでいるので驚きました。

Twitterなどに埋め込まれている大量画像や動画の読み込みも高速とまでは言えませんが、支障がないレベルだと言えます。さすがに動画になると画質やボリュームによって変化しますが、全く視聴できないということはありません。

最後に重複となりますが、スーパーホーダイはかけ放題を付けたい人が大前提となります。普段全く通話をしない人やLINEでこと足りる人は通常の「組合せプラン」の方が安いので、無理にスーパーホーダイは止めておきましょうね。

楽天モバイル公式へ