30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書SIMフリースマホ一覧 > HUAWEI P30 liteレビュー

HUAWEI P30liteのスペックと詳細レビューまとめ!

最終更新日:2019年8月21日

p30liteの実機画像

この記事では、「HUAWEI P30lite」の基本的なスペックや概要、キャンペーン情報、格安SIMでの利用手順をまとめています。

 

待望のP30liteっスね


【HUAWEI P30 lite】は、前作の超人気SIMフリースマホ「P20 lite」の後継機となります。

今回のP30 lite待望の新機種なので、ワイモバイルやUQモバイルを含む多くのMVNOで取り扱いが開始しています。



因みに僕は人気のピーコックブルーを購入しました♪

p30liteの実機画像

 

相変わらず綺麗っスねー



【8月のピックアップ】

ワイモバイルでは、P30 liteの発売を記念してキャンペーンが行われています!


ワイモバイル公式へ


ということで今回は、最新の「P30 lite」の基本スペックやキャリアからの乗り換え手順までをコンパクトにまとめてレビューしています。

P30 liteを検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

HUAWEI P30liteの基本スペックについて

項目

スペック

OS

Android 9.0

CPU

Kirin 710/2.2GHz+1.7GHz(オクタコア)

ディスプレイ

2,312×1,080 6.15型液晶(約19.3:9)

メモリ

4GB

ストレージ

64GB

外部ストレージ

microSDXC(最大512GB)

インカメラ

2400万画素

アウトカメラ

2400万画素+800万画素(超広角)+約200万画素(深度)

バッテリー

3340mAh

重さ

159g

おサイフケータイ

非対応

防水・防塵

非対応

顔認証/指紋認証

カラバリ

ピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック

USB端子

Type-C

HUAWEI P30liteの対応周波数(バンド)

・FDD-LTE: 1/3/4/5/8/18/19/26/28
・W-CDMA: 1/2/5/6/8/19

無線LAN:IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)


 

ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile回線に対応しているからどの格安SIMを選んでも使いやすいね!


HUAWEI P30liteの実機AnTuTuスコア

▼HUAWEI P30liteの実機AnTuTuスコアは総合スコアが134110点。↓

p30liteのベンチマーク

ベンチマークは少し専門的になりますが、3万円台でこの数値であれば十分過ぎる数値なので全く気にしなくて大丈夫です!


HUAWEI P30 liteの特徴や外観

それでは、HUAWEI P30 liteの気になるポイントをピックアップしていきましょう。


6.15インチ大画面しずく型ノッチ搭載ディスプレイ

p30liteの実機画像

P30liteの画面サイズは約6.15インチ(解像度2312x1080)といまどきらしいディスプレイ仕様となっています。

前作のP20liteの画面サイズは(5.84インチ 解像度2280×1080)に比べてより大きく進化しました。


また今回からディスプレイ上部に「しずく型ノッチ」を搭載したことにより、本体前面ギリギリいっぱいまでディスプレイが広がり、写真が動画を迫力の大画面で楽しむことができます。


 

このノッチは設定でノッチ有/無の切替が可能になっているよ



背面のブルーも鮮やかです☆

p30liteの実機画像

P30 liteの付属品

付属品は、純正クリアケース、電源アダプタ、USB-Cケーブル、イヤホン、SIMピン、取扱説明書となっています。

特に純正のクリアケースはソフトタイプでしっかりとフィットするので、大きな拘りがない方であればこのままでも十分に使えます。

p30liteの実機画像


↓純正ケースを装着↓

p30liteの実機画像


 

結構良い感じっスね



片手感覚もちょうど良いですし、指紋センサーも届きやすいです。


側面は全体的に丸みを帯びた形に

P30liteのデザインは丸みを帯びたデザインになっています。

端子はType-Cを採用

端子はType-Cを採用しています。個人的にはType-C端子は表裏がないので使いやすいですが、数年前はmicroUSB端子が主流だったので久しぶりに機種変更した方はケーブルのストックがないかもしれませんね。


 

最近は100円ショップでもType-Cのケーブルが売ってるからストックには丁度良いっスよ



広角レンズの24MピクセルAIトリプルカメラを搭載


P30 liteの背面カメラは格安スマホにもかかわらずトリプルレンズのカメラを搭載しています。

トリプルカメラは

上:広角 約2,400万画素
中:超広角 約800万画素
下:望遠 約200万画素/AF

という仕様となっています。


また前面カメラは2400万画素 F2.0と、3万円前後ではありえないほどの高解像度のカメラを搭載しているので自撮りにも最適です。


おサイフケータイ・ワンセグ・防水防塵は非対応

昨年からキャッシュレス化が進んでいるので、電子マネーを使う方は増加しているかと思います。

キャリアでは標準的な機能や仕様である「おサイフケータイ」「防水防塵」ですが、残念ながらHUAWEI P30liteは全て非対応です。また、NFCも非搭載となっています。


 

ここが唯一のデメリットっスね


 

確かに電子マネーを普段使わない人は問題視しないけど、今までキャリアで使っていた人は大きくライフスタイルを変えることになっちゃうから注意が必要だね


ドコモ・au・ソフトバンクからの乗り換え方

3キャリアから格安SIMへMNP乗り換えをするのをキッカケに「P30 lite」に機種変する方も多いかと思います。乗り換えの基本的な流れは全部同じで大まかな流れは以下の通りです。

1.キャリアでMNP予約番号を入手する

2.各MVNOでP30 liteとSIMを申し込む

3.P30 liteとSIMカードが届いたらMNP切替を行う

4.格安SIMをP30 liteに挿し、APN設定をする


 

これが格安SIMへ乗り換えるテンプレートっスね



初めての人はスマホの乗り換えに対してハードルを高く感じがちですが、実際やってみれば超簡単です。


 

電話番号を新規で申し込む時はネットショッピングと同じ感覚だけど、キャリアで使っている電話番号をそのまま乗り換える時はMNP予約番号の取得から始まるよ


キャリアからMNP予約番号を入手しよう!


MNP予約番号っていうのは、現在キャリアで使っている電話番号をそのまま格安SIMでも使えるようにする「予約券」みたいなものです。

取得方法は各キャリア以下の電話番号へかけ、「MNP予約番号を発行してください。」とひと言伝えるだけで話は進みます。


1.docomoの受付窓口:0120-800-000
2.auの受付窓口:0077‐75470
3.SoftBankの受付窓口:0800-100-5533


この番号さえ取得してしまえば、半分は完了したも同然です。


今回僕はタイミングが合ったのでワイモバイルからP30 liteを購入しました。

ワイモバイルでは、P30 liteの発売を記念してキャンペーンが行われています!


ワイモバイル公式へ


また、キャリア別の乗り換え手順もレビューしているので合わせて参考にしてくださいね!


↓他、MVNOの乗り換え手順はこちら↓

↓乗り換え方法をチェック↓

↓乗り換え方法をチェック↓

↓乗り換え方法をチェック↓

↓乗り換え方法をチェック↓

まとめ

以上がHUAWEI P30 liteの基本的なレビューとなります。

さすがと言うかやはりP liteシリーズは毎回安定していて、3万円以下でSIMフリースマートフォンを探しているのであれば、HUAWEI P30 liteは買いの部類に入ります。日本国内モデルでこれほど安価に高性能な端末は滅多にありません。


 

安定の「P lite シリーズ」っスね



予算3万円以内で最新の日本国内モデル、3キャリアフル対応、普段使いで十分以上の性能、トリプルカメラを搭載するモデルが欲しいなら、HUAWEI P30 lite一択ですが、おサイフケータイ機能、防水には未対応なので、ご自身の利用目的も合わせてみてくださいね。


また、今回僕が購入したワイモバイルでは「Yahoo!モバイルオンライン」経由で申し込むと、プランに応じてPayPayボーナスがもらえ、更に毎月「5のつく日」を狙えば追加で+5,555のPayPayボーナスライトがもらえちゃいます。

詳細は、「5のつく日」や最新のキャンペーン情報でもレビューしているので、そちらも参考にしてくださいね!

→ 5のつく日の詳細はこちら


Yahoo!モバイル公式へ