30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書UQモバイル > 【検証】UQモバイルでiPadは使えるのか?

【検証】UQモバイルでiPadは使えるのか?

格安SIMのデータSIMは最低利用期間といった「縛り」がないので、iPadと格安SIMの組合せは正に最強です。UQモバイルは通信速度で高評価を得てるので「UQモバイルをiPadで使おう!」と考える人もきっと多いはずです。

ですが、現在(2017年10月16日)ではUQmobileの公式ページに記載されている「動作確認端末一覧」の中にiPadがありません。

↓ ↓

そこでUQモバイルのチャット機能を使って、iPadは使えないのか?を聞いてみました。

質問によって得られた回答が以下になります。

現在(2018年6月)の時点で僕が確認取れているiPadシリーズは以下の通りです。

iPad mini 4 (SIMフリー版)
SIMサイズ:マルチ(nano)
iOS:11.4
テザリング:×
APN設定:iPhone6以降用プロファイル
SIMロック手続き:不要

iPad mini 4 (ドコモ・au・SoftBank版)
SIMサイズ:マルチ(nano)
iOS:11.4
テザリング:×
APN設定:iPhone6以降用プロファイル
SIMロック手続き:必要

12.9インチiPad Pro(SIMフリー版)
SIMサイズ:マルチ(nano)
iOS:11.4
テザリング:×
APN設定:iPhone6以降用プロファイル
SIMロック手続き:不要

12.9インチiPad Pro(ドコモ・au・SoftBank版)
SIMサイズ:マルチ(nano)
iOS:11.4
テザリング:×
APN設定:iPhone6以降用プロファイル
SIMロック手続き:必要

ただし、これらは公式で記載されていませんので「自己責任」の範囲内ということになってしまうので予めご了承ください。

また、2017年春に発売された「iPad 2017 (第5世代)」は動作確認未対応となっています。

 

キャリア版ならともかく、対応バンドが最強のSIMフリー版のiPad 2017でもダメなんスかね?


そこで今回は、UQモバイルの格安SIMをiPad 2017(SIMフリー版)で使えるのかどうか検証してみました。

今回は「実験検証レビュー」になりますので、ちゃんと「iPad 2017」を格安SIMで使いたい場合はMVNO側で動作確認が取れている格安SIMをオススメします。

iPad 2017(第5世代)の動作確認が取れているMVNOを例として2つ紹介しておきます。どちらも実際に僕が使ったことがある格安SIMなので安心です。

マイネオ(A/Dプラン両方OK)

DMMモバイル

UQモバイルのAPN設定をしてみよう

iPadの電源を落とし、Wi-Fi環境を確保する

基本ですが、デバイスの電源を入れたままSIMの挿し変えを行うと稀にSIMカードの情報が吹っ飛ぶリスクがあるので、SIM交換の際は必ず電源はOFFにしましょう。(僕は過去に一回だけSIMデータを壊したことがあります。。)

また、iOSのAPN設定は1つファイルをインストールするのでWi-Fi環境は確保しておきましょう。

手順はiPhoneや他社の格安SIMと全く同じでなので、ポイントだけを紹介していきますね。大まかな流れは以下の通り。

1 .まずは指定のURLにアクセス

2 構成プロファイルをインストールする画面で「インストール」をタップ

3 パスコードが設定されていればパスコードを入力

4 インストール完了の画面になったら「完了」をタップ

5 Wi-Fiを切断して4Gを確認する

まとめ

無事にインターネットに接続することはできました。やっぱりSIMフリー版のiPadやiPhoneは格安SIMを選ばないので人気があるのもうなずけます。

ただ、各MVNO動作確認端末に記載されていない(正確にはまだ確認していない)型番やiOSは推奨していませんし、対応もしてくれません。全て自己責任になってしまうので仮に今回のようなiPad 2017モデルを格安SIMで使いたい時は、「マイネオ」や「DMMモバイル」をおすすめします。

マイネオ(A/Dプラン両方OK)

DMMモバイル